荷台の見直し

車検のため、空っぽにしたレガシーのトランクルーム。 せっかくなので、この機会に少し機能性など考慮してちょっとDIYでもしてみたいです。 いくつか欲求がありまして、その辺を解決できないものかと。 欲求というのは、 ・比較的簡単に1人での車中泊使用ができること(2人分くらいの就寝スペースが作れたら最高) ・サブバッテリーの搭載実現 ・オートキャンプ場でも使えるギャレーを搭載する でしょうか。 ほかにも多少細かい欲求はあるのですが、上の3つの実現を踏まえた上で可能なら取り入れていこうかと 就寝スペースについては、下2件しだいというところもありますんで、できるだけフリースペースを作れるように検討しなければ。 ま、目隠し用のカーテンなんかは取り付けたいと思いますが。 ホームセンターで曲げられるやわらかいカーテンレールで実現可能かと。 遮光カーテンが理想ですが、費用と相談したいと思います で、サブバッテリーについては、以前にも書いたとおりバッテリーチャージャーも入手しておりますので、あとはバッテリー本体を手に入れて、メインバッテリーからの配線と設置ですね。 一応、今のところこんなん買おうかと。
画像
ユアサのディープサイクルバッテリーです。 これはお金のあるときにでも注文すれば入手は可能。 どっちにしても8sqというとんでもない太さのコードも必要なので、設置場所なんかの目処を立てて、コードの長さの概算を出してからいっしょに注文と思っております。 次にギャレーですが、これについてはキャンピングカー用の角型ステンレスシンクを検討中。
画像
これでサイズが30cm×25cm×11cm、排水ホースまでセットです。 ギャレーについては、シンクを入手して、それにあわせて製作としたほうがよさそうなんで、他にいいものが見つからなければこいつを注文しようかと思ってますが。 ギャレーのついでにリアゲートテーブルなんかも作れたらいいな~ そんなこんなで、なんとなくレガシーの荷室サイズを計ってみたりしつつ、構想を設計中。 なかなか大仕事なので時間をかけて進めたいと思います。
posted by Har at 20:52Comment(0)

緊急差替!祝レガシー退院

他の記事を用意しておりましたが、急遽差替えです
画像
車検のため入院中だった愛車レガシーが退院しました。 ホントは来週までかかるとのことだったのですが、夕飯食べてたらスーパーオートバックスから電話が。 「あと30分くらいで車検整備すべて完了します」って。 ホントは受付の担当には納期がわかりしだい連絡をもらうことになっていたのですが、どうやら忘れてしまったのか、予定外にパーツが早く届いてしまったのか。 というのも、非純正のマフラーをつけていたのですが、古くなって錆びから小さな穴が空きかかっていたようで、急遽交換となったため、取り寄せをしておりました。 それが来週届くとのことだったのですが、在庫であぶれてたものがあったようで本日届いたので作業してしまいました…みたいなことのようです。 早速取りに行きまして若干生まれ変わったレガシーくんに乗車。 いや~普段調子が悪いとは思っておりませんでしたが、内部クリーニングほかいろいろ整備してもらうと調子も格別良くなります。 エンジンの吹けなんかずいぶん敏感になったようで…。 これは新しく付けたHKSのマフラーの性能にもよるかな? ただ惜しいことに、来週までかかるとのことだったので週末の出撃は諦めて、泊まりに来る姪につきあう約束をしてしまいました ま、それはそれで久しぶりだしいいんですけどね ちょっとくらいドライブにでも連れていこうかと思います。 そんなこんなで話はちょっと変わりますが、最近、こんな本たちを読みふけっております。
画像
うちの近所は水辺だらけなので、釣りなんかも趣味にするとキャンプのアクティビティとしてもいいかな~なんてのと、最近話題にしております自転車、そして一番左は車中泊。 車中泊は今さら本で読むほど目新しい話題ではないんですが、車検のため、荷台などすべて荷物を降ろしたもんですから、少しレガシーの中に手を加えられないかと思案中です。 1人だったらいつでも車中泊くらいはできますよ~みたいな感じでDIYできないかと。 そういう意味で色々本で再確認など。 すでにパーツを用意しているサブバッテリーもですが、棚の製作とかギャレーもどきなんかもね、ちょっと考えてみたいな~と。 そんなんも楽しみのひとつですから
posted by Har at 22:05Comment(0)

若干進化…

今週末の長野キャンプ、今晩遅くに出発します。 ETC深夜割も考えましたが、先日の軽井沢キャンプで帰りに一般道使ってみたところ、案外いい調子で走れたので、同じようなルート使って佐久IC付近まで、そこから南下するつもりです。 状況みて高速も使えるようETC深夜割の時間帯に出発というわけです。 ちょこちょこと仕事の合間などに荷物の準備もしまして、ついでにちょっと車載PCのほうもいじってみたり… 今後はともかく、とりあえず今回は車載場所を後部座席、運転席のうしろの足元に移しました。 例のケースのまま移動し、その上を橋のように小型のルミナスを渡して棚状態です。
画像
それにともない配線を整理して、ワンセグのアンテナは社外へ取り付け、これまでワンセグ視聴時にカーラジオに音声を飛ばしてたんですが、USB給電式の小型キューブスピーカをつなぎました。
画像
出力1Wというのが気がかりでしたが、思ったより大きな音が出て意外と問題なさそうです。
画像
青いイルミネーションがついてまして、ちょっと族車っぽいですがいい感じでしょ。 これで市街地ではニュースなどをチェックすることができるかもです。 あいかわらずタッチパッドはどこにつけるか迷走中ですが… さてさて、これからテントとかタープを積んで夜中に出発です。 行き先は松本近辺?美ヶ原とかが近所の某有名キャンプ場です。 お天気、晴れなくても雨がふらなければいいんですけど。
posted by Har at 22:39Comment(0)

車内環境整備 とりあえず完結

セットアップやインストールが済んだDNRH-001。 きちんとした設置はともかく、今週末の長野行きに向けて動かせるようにしなくては。 で、とりあえず車内に持ち込みました。 モニタも設置台に取り付けて、こんな感じ。
画像
とりあえず本体は助手席足元に、手元にあったプラスチック製の引出コンテナに入れて、枠から出して置きました。
画像
まだコードも何も整理できてないぐちゃぐちゃの状態ですが(^^; 本体下には振動を吸収するようなウレタンのような緩衝材、その上には冷却シートも敷いて本体を載せてあります。 このあと、放熱用の穴をふさがないよう、四隅のあたりに緩衝材を詰めて固定しました。 一見ガラクタっぽいですが、これでナビとしても使えますし、ワンセグも見られます。 地デジチューナー買えばモニタのAV入力で普通に見られますが、しばらくはPC上のワンセグで我慢かな。 ってあんまりテレビ見ないんですが、ここんとこ天候が不安定なんでニュースや天気予報の大切さを痛感してるもんで、キャンプ中の世間の情報収集も必要かなぁ、などと。 FOMAのカードも装着してあるので、電波が通じる限りWebブラウズやメールチェックもできます。 これまでは交通情報や天気予報、立ち寄り温泉や道の駅の情報収集に使っています。 あんまりいい気になって使いすぎると通信費もかかるかもしれませんが。 あ、それと、一応、緊急事態対応用に仕事関係のアプリも入れておきました(^_^; タッチパッドもきちんと取り付けますが、とりあえずエアコンのルーパーにひっかけるトレイに置いておきました。
画像
正直言いますと、少し使ってみないとどこに付けるのが使いやすいかよくわからないんです(^^; ホームセンターで安く売ってたモニタカバーも用意してあります。
画像
キャンプ場で止めてるときにそのまま日にさらすわけにもいきませんし。 あとはケースの上に足台にもなる板なりなんなりを渡さなければ。 とりあえず週末は暫定的なものになるかもしれませんが、そのあたりと細かいところはのちのち。 一応、長々続いた車内環境整備はひと段落。 使い勝手をみながら試行錯誤していこうと思います。 ところで今週末も天気微妙ですねぇ。 行き先の長野方面も現段階での予報は曇ときどき雨、降水確率50~60%(-_-) またもやレインキャンプ覚悟ですかねぇ。 ホントに「ときどき」ならいいんですけどね。 ウェザーマスターがいいのか、小型のアメドSとKERMAをヘキサやちょこっとの下に二重構造で設営なんてのもいいかなぁ…などと悩んでおります。 いっそ、ウェザーマスターが隠れるくらいのレクタ買うかなぁ。 もちろん、ホームセンターなんか売ってるような安いのになっちゃうと思いますが。 レクタはポールも多いからそこそこいいお値段しますからね。 ロゴスくらいなら現実的かもしれませんが。 Coleman(コールマン) ウェザーマスタースクエアタープ
Coleman(コールマン) ウェザーマスタースクエアタープ

ウェザーマスターにかぶせるならこれがいちばん?!
小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) フィールドタープレクタL-DX
小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) フィールドタープレクタL-DX

これもウェザーマスターにはあうかも。いい色だし(^^)
スノーピーク(snow peak) HDタープ シールド・レクタ Proセット
スノーピーク(snow peak) HDタープ シールド・レクタ Proセット

雨対応と思うと耐水圧は魅力ですがSPはやっぱりお高い…(-_-;
モンベル(montbell) ビッグルーフレクタ
モンベル(montbell) ビッグルーフレクタ

これもウイングみたいにアウトレット価格で安くなればいいのになぁ…(^-^;
あ、ゼビオで売ってるウールリッチとかスポーツオーソリティのAlpineDesignあたりなら買えるかな?! ま、レクタ導入はともかく、雨対策は真剣に考えないと。
posted by Har at 21:30Comment(0)

車内環境整備 その4

いよいよ大詰め(^^) 本日ブツが届きました。 っていうか早かったっす。 これが届いたDNRH-001と1GBメモリ。
画像
ホントに簡単なもんですなぁ。 入ってるのは本体とWindowsXPのディスク、電源コードのみ。 もっともウワサではもともと在宅介護なんかの端末として開発されたものらしいので、一般の人がセットアップするなんてことは考えられてないものですから。 以前、ナビがわりにしてたパネリーナも吉野家を初めとした店舗でPOSシステムに使われていた業務用でしたね。 パネリーナも一時期けっこう流行りました。 HDD換装部品なんかを発売する秋葉原のショップもありましたし。 自分も手に入れたひとりですけどね。 で、話はもどって、このブログはアウトドア関連の話題にしぼって、DNRH-001についてマニアックな話は今回は抜きにします。 いっしょに入手したメモリを取り付けて、通常のセットアップをして車載準備を着々と…。 と、思ったらこれまたびっくりの出来事が。 だいぶ前ですが、最近PCナビの地図ソフトとしてSuperMappleを使ってたんですが、バージョンアップしまして、登録ユーザには優待販売ありと書面が来てたのです。 すっかり忘れてて数日前(そこそこ前ですが)に、DNRH-001入手を決める前ですが、手続きしてあったんです。 優待販売の出荷にはちょっと時間がかかるとの案内でしたので来たら入れ替えればいいや~なんて気に留めてなかったんですが、DNRH-001到着30分後にこちらも届きました。
画像
というわけで前バージョンを入れるという無駄な行動も省けてラッキー! 仕事してる片隅でOSのアップデートやインストールを。 オンラインのアップデートにもそこそこ時間がかかってバカにならないんで、平行して進めておいてもらいました(^^; で、仕事終わるころにはひととおり使えるようになりましたね。 あとは実際の車載です。 これについてはちょっと必要なものもあるんで、明日また。 ネットでもよく言われているとおり、発熱のほうも多少心配ですが、できるかぎり冷やしグッズとか使ってまずは利用してみないとね。 いつまでも、つまらない話題ですいませんm(__)m ソロは中止したし、最近の荒天ぶりといったらまったく…。 本人はけっこう久しぶりのパソコンいじりで少し楽しんでますが(^^) 最近はキャンプ中も立ち寄り湯や道の駅の情報検索などなど、ナビ以外にも使い道があるもので、それなりにしておきたいですし。 自然の中でPCというのはホントはあまり気が進まないのですが、仕方ない時代なんですねぇ。
posted by Har at 20:12Comment(0)

車内環境整備 その3

計画に少々変更が…。 UX50を外部モニタ使用でレガシーに取り付けるとなると意外と問題が多いことが判明。 いくつか使い勝手も含めてあるのですが、なにより大きな問題はポートリプリケータにUX50本体をしばりつけるように固定しない限り、どうしても接点がゆるんだりして外部モニタの表示が切れること。 もともと机上での使用を考慮してのリプリケータで、本体の重みで刺さっているといってもいい設計なので当たり前ですが…。 かといって持ち運び用のアダプタでモニタ出力すると、本体下部に尻尾がはえたような形状になるため(それもけっこう硬い)本体の設置に困ります。 色々検討した結果、モニタの取り回しが思ったよりよかったので、ここは本体をUX50から切り替えてしまおうかと。 幸いキーボードやタッチパッドなどそろっているので、あとはPC本体だけちょうどいいのがあれば…。 最初の候補が以前秋葉原で500円で投売りされていたのを買っておいたIBM NetVistaのマザーボード。 VGA(アナログもデジタルも)、サウンドもオンボードで、拡張性は低いもののなかなか小型のPC向きです。 PentiumⅢになるけどナビ使用くらいなら問題ないので、手持ちのCPUとメモリ、HDDを付ければ使用可能です。 小型の電源ユニットもあるので、完全自作機ですが、収納ケースをどっかから見つければ車載用PCくらいは組み立てられそうかなと。 で、ちょっと考えました。 一番よさそうなのは薄めの金属ケースにマザーや電源ユニット、ドライブを入れて助手席足元やシート下あたりに収められれば…。 多少の放熱用のメッシュ的な穴なんか開ければなおいいんですが。 ま、そんなもん、なかなか都合いいものはないです(^^; ホームセンターでも箱ものはそうそうないしなぁ…NetVistaのマザーが20cm×25cmくらい。それと電源ユニットをおさめられればという感じですが、そこそこ費用かかるかな?! 探しまわってられるほど時間ないし、かけてられないし。 PentiumⅢでいいのなら手元のCubePCは? とひっぱり出したのが、大昔にベアボーンで組んだShuttle X。 これなら仕様は問題ないけど…設置を考えるとサイズというか形状がね。 う~ん・・・・・・・・・・・・・・・(-_-) で、早い話、結局、春ごろちまたで話題になったファンレスPC、DNRH-001いっちゃいました(^-^;
画像
しかも標準的な価格より安いの見つけて。 Max1GBまで増設してちまたの値段といっしょ。 あとはこいつの到着待って、ソフトウェア関係のインストールと具体的な設置をします。 というわけで、ちょっとマニアックになってきましたが、もちっと車内環境整備が続きます。
posted by Har at 21:38Comment(0)

車内環境整備 その2

本日モニタが届きました。
画像
車載小型モニタにも色々ありましてピンきりです。 もちろん値段のほうもピンきりですが、選定条件はとにかく極力安くて、ナビや車載テレビの設置台関係が使えること=比較的軽量なもの、かつVAIO UX50よりは物理的画面サイズが大きいこと。 今回のモニタ追加計画はなにしろ走行中に地図上の文字が認識しづらいのを解消するためですから。 ネット上でも自動車部品関連のショップやらPCショップなどなど色々調べましたが、上記の条件とコストパフォーマンス、信頼性を加味してPC DEPO限定販売のこのモニタにしたしだいです。
画像
CIRCUS!POWER KW-M82C (8インチTFT液晶モニター) 基本解像度は800×600とやや狭いのですが、実は1024×768でも使用できます…若干にじみが出ますが。 なにしろ本体が670gと軽量なのとAV入力も備えており、たとえばDVDプレーヤーをつないだり、地デジチューナーをつないだりなんてことも一応可能かなと。 シガーアダプタも付属していて、そもそも車載を意識したモニタです。 手持ちの古いPCの液晶なんかで自作できればそれもいいでしょうが、そんな面倒なことまではできませんし、これでこの値段なら仕方ないかと割り切りました。 すでに設置台は取り付け済み。 安く済ませるために車載テレビ用の粘着シールで留めるタイプにしましたので、貼ってから48時間くらいはそのままにしておく必要があります。 取り付けた状態は後日、報告できたらと…。 あとはUX50の取り付け位置を考えて配線をすればOK。 もっともこっちもちょっと厄介ですが。 ただ、少々ヨコシマなもくろみも芽生え始めてます。 もうちょっと手を加えちゃおうかなぁ…。
posted by Har at 21:39Comment(0)

キャンプのためにレガシーに…

キャンプ道具やレガシーの改造に使えないかと、家の中のガラクタたちに目を向けている今日このごろ。 今回見つけたのはこんなもの。
画像
USB2接続のPCカメラです。 その昔、特に使用用途があったわけでもなく、秋葉原をぶらぶらした際に妙に安かったのでなんとなく買っていた記憶が…。 で、何をしようかというと、これをレガシーのバックカメラにします。 以前、インプレッサにはこれとは違うPCカメラを取り付けて、バックカメラとして使っていたことがあります。 そうまでして…と思うかもしれないけど、キャンプの荷物が満載でバックミラーの視界が悪くなった際には、カメラでモニターできるのは非常に便利なんです。 ただ、以前のインプレッサではライトなど付けた車の存在はわかるものの、夜間には明るいもの以外の見分けはつかず、駐車する際の後方のようすなんかは確認できずに不完全だったと思います。 そこで今回のこのカメラ。 レンズのまわりに小さな突起があるのがわかりますかね?
画像
これがミソのLEDで、なんと暗視カメラにもなるというスグレもの。 これが理由で用途もないのに買ったんだけど、この機能はバックカメラには最適かと。 下の2枚を見比べてください。 まずは通常の蛍光灯下での映像。
画像
で、そのまま照明を真っ暗にしたのがこれ。
画像
どちらもカメラ位置、モデルの100均人型時計くんもまったくいじらず。 もちろん色の識別は困難ですけど、ちゃんと暗闇でも何があるとか、人がいるとかわかるというわけ。 でも、もうひと工夫必要です。 広角になるようにレンズをつけないと映る範囲が狭くて、車の後方確認用としては画角が不足します。 とはいえ、立派なレンズをつけるようなサイズでもありませんし、お値段もかけられません。 で、これを使います。
画像
ケンコーから発売されているカメラ付き携帯電話用おもしろレンズシリーズ、ひろ~く撮れるワイドレンズです。 1000円以下の携帯電話用のおもちゃレンズです。 しかしながら、案外いい仕事をしてくれます。 PCカメラのレンズに付けると、こんな映像が、
画像
こうなります。
画像
※すいません、ちゃんと固定せずに手でレンズの上にかぶせただけで撮ったのでピントがぼけましたm(__)m さてさて、今度はカメラ自体をレガシーに取り付けなければ…こっちのが大仕事なんだよなぁ(^-^; それはまた後日に。
posted by Har at 22:15Comment(0)

板です。WiiFitじゃありません(^-^;

なんとか引き出し収納は荷室にちゃんとおさまるようになりました。 とりあえずこんな感じに我が家のキャンプ場での流し台、ルミナスの足を短くして…。
画像
その上に引き出し収納を2列並べて、下にも荷物が入る隙間ができました。 ただ、これではルミナスの幅より引き出しのほうが広いため、引き出しが浮き上がってしまう部分に、とりあえずシートなどの荷物を詰めてごまかしています。 これだと引き出しが少しゆがんでしまって、開け閉めもちょっと不便な状態です。 ちなみにジョイントで短い足を接続できるようにしたので、流し台として使うときはちゃんと元の高さにも伸ばせます。 で、このルミナスの上にのせるための板を、PCデスクの天板を切って作りました。
画像
といってもホントに切って、角をサンダーで丸めたくらいですが(^_^; 奇跡的に横幅は引き出し2列分+1cmというなんともちょうどいい寸法だったので、奥行きが40cmになるように切っただけです。 丸ノコなんか持ってませんので、先日購入した安ジグソーでぶった切ってやりました(^^; 若干、切り口が波打ってます。。。 一応、工夫した点として、後と横にL字金具(なんか分解したときに出た手持ちの金具)を取り付け、引き出しが後と横にはずれないようにしました。
画像
レガシーへの搭載は夜になってしまったので、実際の荷室に入れた状態の写真はありませんが、なかなかいい感じに収まりました。 走っても引き出しが揺れにくく、後方視界も問題ありませんでした。 ま、実際のキャンプになれば荷物があれこれ増えて、後方視界ばかり気にしてられなくなりますが…。 これで、泊まりのキャンプでは今回作成の板を地面に敷いて、引き出しごとサイトへ、トレッキングやデイキャンくらいなら、リアのハッチを空けて必要な道具だけ引き出しから持ち出して使えます。 今後の課題としては、若干重量がありますので、強度をそこなわない程度に軽量化を図りたいと思います。 若干くりぬくとか削るとか…使いながらまた考えます。 DIYとは言えぬほどのお粗末なものですが、とにかく、これで荷室のレイアウトがかたまってきました。 読んでいただいた方、こんな内容ですいません。 とはいえ、キャンプ道具の積載はオートキャンパーの悩みの種だし、とにもかくにも、めでたし、めでたし(^o^)/
posted by Har at 21:51Comment(0)

まずはレガシー改造(妄想)計画

昨日の記事で途中で終わってしまったレガシーの荷室整理用の台、こちらももちろんだが、他にもキャンプ仕様のレガシー改造構想がいくつかある。 実現可能か否かはこれからとして、とりあえずDIYに取り掛かる前に目標を整理してみたい。 1.キャンプ道具整理用のプラスチック製引き出し収納を、下部に板状・棒状のものを収納できるスペースが空くように積載する棚を作成する これは今のところ手元にあるパソコンデスクの天板のサイズを加工して作成予定。ただし、足はつけずに元々流し台などに使っていたルミナスのメタルラックの足の長さをちょっと工夫して、その上に天板をのせて使おうかと。 ルミナスだけでのせられればいいのだけど、サイズがあわなくて引き出しがのらないので…。 2.先日購入したバッテリーチャージャーを使って、セカンドバッテリーの積載 これについては、ディープサイクルバッテリーの入手が先かな。 ここらあたりがいいかな、とめぼしはつけているものの、あとは経済的なタイミングかなぁ(^^; G&Yu BATTERY ディープサイクルバッテリー105Ah
画像
このバッテリーチャージャーと接続するには、8SQのケーブルも長さ決めて入手しないと。
画像
どっちもネットで注文できるから、要はやっぱりふところ具合だね(^^) 3.ルーフにつけているTERZOのベース等を利用してサイドオーニング風にタープを簡単設営できるようにする
画像
このときは小川の吸盤使ってタープをひっかけてるんですが、グロメットなんかをひっかけられるフックとかピンみたいなものをルーフのバーに取り付けられないかと。 なおかつ、その幅を可変にして、ちょこっとタープでもヘキサライトでも取り付けられるようにできたらな~なんて。
画像
以前使っていたルーフキャリアを分解して、緑部分のパーツを使ってなんとかならないかと。 今のところ、この3点かなぁ…必要性からいうと、1と3が優先かな。 3は電車のパンタグラフみたいな感じで高さも変えられるとなおいいんだけど。 どっちにしても手持ちの材料のみってのは無理そうなんで、暇みてホムセンとかまわってみようかな。 ま、のんびり楽しみながらやってきますか(^-^)
posted by Har at 21:36Comment(0)

もうひとつバッテリーを積もうかと…

実は少し前にこんなもんを購入してしまいました。 ニューエラーサブバッテリーチャージャー(写真左)。
画像
こちらで購入するとバッテリーチェッカー(写真右)がおまけでもらえます…のはずが現在入荷待ちみたいです(^_^; レガシーにセカンドバッテリーを積んで、ナビやワンセグに使ってるSONYのVAIO VGN-UX50の電源をとったり、ときどきキャンプに持って行くMacBookの電源用、ハンディ掃除機で車内を掃除するとか、キャンプ場で車からバッテリーを降ろしてランタンに使ったりとか…ま、いろいろ使えるかな~って。 レガシーではキャンピングカーとまではいかないのですが、車中泊用にも色々使いみちはあるかと。 要は、そのセカンドバッテリーをメインバッテリーに負担をかけずに走行中に充電するための装置です。 ま、一応、容量的に少々不足気味ですが携帯バッテリーを持ってるので、急ぐほどではないのですが、少しずつ部品などそろえて構想を練っているところです。 先日の工具もこれに関係して買いました。 実は肝心なセカンドバッテリーを決めあぐねていて、まだ実際の取り付けにいたってないわけで…充放電を繰り返すセカンドバッテリー用途に適したディープサイクルバッテリーは通常のバッテリーより高価なもので(^^;慎重に検討中であります。 仕事や所用で車いじりもままならないので、キャンプ場で少し作業するかな~(^-^; サブバッテリー以外にもちょっと考えてることあるんだよなぁ。。。
posted by Har at 21:55Comment(0)

1日中富士山を眺めていたい! 朝霧ジャンボリーオートキャンプ場 その1

14日(金)高校からの友人がサントリーホールブルーローズでのコンサートに出演。客席からのビデオ撮りを頼まれ、デジカムと三脚かついで行ってきました。 そのためもあって、今週は14日の昼までにできるかぎり仕事を片付けなきゃ~とハリキッた結果、15~16日はめずらしく仕事から離れられることになったので、これはキャンプに行かねばというわけです。 そうなると1泊でもなるべく長くキャンプ場でのんびりできるとこを…と考えて思いついたのが昨年2度ほど訪れている朝霧ジャンボリー。 ここは通常期はイン8時、アウト16時というまったりのためのキャンプ場(^^)しかも3月までは冬季料金でフリーサイトで4月以降より1,000円お安いときたら行かないわけには…。 人間強欲なもので、せっかく安いし時間の都合はつくんだからと、行きは高速のETC深夜割でさらに経費節減を(^^; ビデオ撮りから帰ってほぼ寝ずに明け方の出発です。 普通に近所のインターから入っても40%の割引は受けられるのですが、ほんのちょっと先のインターまで下を使って河口湖インターから100キロ以内のインターから乗れば50%オフ。 ゴウツクじーさんは下を使ってせっせと100キロ圏内へ(爆) これが意外と手間どってけっこうギリギリにゲートを通過、なんとか割引をゲットしました~(^o^)/ 実は今回急遽導入の新兵器のせいで、荷物の積み込みに若干手間取りました。 (※詳細はあとで) とはいえ、その後は道路も順調。途中のパーキングでほんの少々仮眠して河口湖インターを降りたのが7時すぎ。 当初から予定していた道の駅あさぎりに到着したのが物産がオープンする8時ちょっと前でした。 朝霧付近は昨夜の雨の影響もなく快晴。 富士山も裾野まで大きく姿を現しています。
画像
コンデジで逆光なものでこんな写真ですが…(^^; 朝霧高原に来たときは、ここの物産の名物「もっちゃん」(味つきモツ)を買うのが恒例でして、今回もキャンプのメニューはおのずとこれに決まりました。 で、早速2つ購入して出がけに24時間営業のジャ○コで買ったもやしと炒めものにでもしようかと。しかも買い物中に届いたキャベツもゲットしましたので、今回はモツ鍋も…。 ベーコンや朝霧牛乳他も買い、早速キャンプ場へ。 と思いきや直前のサー○ルKに寄り道。 ご存知の方も多いかと思いますが、東海地方限定の某ラーメンもここで入手です(^_^) さてチェックイン。 朝霧ジャンボリーでは繁忙期を除いて、隣接のゴルフ場、ヴィーナスガーデンで受付をします。で、ホントにキャンプ場の受付?というような雰囲気の美人受付嬢がお相手してくれます…いや、そのはずだったのですが、今回は仮面ライダーシリーズに出てきそうなイケメン受付でした(汗) 今回はうちの前に2組ほど到着されていました。 富士山を正面にする位置にサイトを陣取り、最近おなじみのウェザーマスター+アネックススクリーンの連結で設営。
画像
先週のお花見メッシュ窓に続き、今週は富士見メッシュ窓です。 ちょっと雲が出てきちゃったけど…。
画像
設営も済んでまずはコーヒー。これまた最近定番のユニのバネットにモンベルで。
画像
ひと息ついたら朝早くから動いたせいかお腹がぐ~っ。 朝だか昼だかわからない時間ですが、キャンプ場直前で仕入れた東海地方名物、金ちゃんヌードルでお食事です。
画像
なんてことないカップ麺ですが、みょうにおいしい(^-^) いや~それにしても富士山はほんの数分で出たり隠れたり、ホントにいろんな表情で楽しませてくれます。
画像
コールマン山脈ごしの富士山(笑)
画像
朝9時前からインすると1泊キャンプとはいえのんびり~まったりできていいですねぇ。 気温もあがってポカポカ、スクリーンに閉じこもっていると暑いくらいです。 ここで、出がけに手間どった原因、今回投入の新兵器を紹介します。
画像
いわゆるルーフキャリアです。 以前、セリカのGT-FOURに乗っていたころ持っていたキャリアのフット部分のみレガシー用のを買っておいて、いつか付けようとタイミングをはかっていたのです。 で、最近荷物も増えて、まして荷物がかさばりがちな寒い時期(だいぶ春っぽくなりましたが…)に遅ればせながらデビューとなりました。 といっても、これ、市販のカーゴバッグではありません。 貧乏なので市販のカーゴバッグも買えません(ToT) で、サイズがほぼ同じだったもので、テルッツォのルーフトレーに使わなくなっていたサイクルキャリーバッグ(折りたたみ自転車を入れるバッグです)をくくりつけました。 ルーフトレーのねじをはずして、格子をバッグのショルダーベルト他に通すことで一体化させまして、多少の雨対策としてバッグの中には布団圧縮袋を。 強度に不安がありますので、このバッグには布関係を中心にあまり硬くなく、重くないけどかさばる荷物を入れてみました。 ベルトの固定だけでは不安なので、荷くくり用のゴムひもで巻いてきました。
画像
この取り付けに朝は少々手間どりまして…(^^; 今回、収納したのは3人分の着替え全般、就寝時のマット3枚、コールマンのテントインナーマット、シュラフ3つです。 重さのわりに荷台のスペースを必要とするやつらばっかりです(^^) 正直どうかな~と心配しながら運転してきたのですが、高速でも問題なく、収納力もなかなかでこれからのキャンプライフが非常にラクになったような…。 ジェットバッグも付けたいと思っているのですが、マンションの駐車場が機械式なもので、駐車場を変えないといけないですから。 これでも付けたままでは入らないのですが、実は意外と簡単にはずせるんです。 取り付け/取り外しは若干面倒ですが、収納力など考えると我慢できる範囲かと。 ホントはTHULEのレンジャーが欲しいのですが、そっちはお金がたまったらということで(^^; つづく
posted by Har at 20:15Comment(0)

キャンピング&RVショー2008

今週はキャンプも断念してしまったのでうっぷん晴らしに逆にあきらめていたイベント、キャンピング&RVショーに行ってきた。 我が家の女性陣はしっかりプレゼントを獲得しようと公式ページをプリントアウト。なら確実に…と思い、開場と同時に入って昼までに出てこようかと。他にも買い物とかあったし。 で、まずは無事にプレゼントゲット! こんなのです。
画像
セレブに大好評(?)のLupiciaのティーだそうです。 紅茶かウーロン茶をひとりひとつ、どちらか選ぶのですが、我が家は女性2人でひとつずつもらってきました。ただ、11時ごろまだ残ってましたけど…ホントに人気あるのかな? 会場はこんな感じ。
画像
時間も早めだったし、そんなに混みこみではなかったのでラクにまわれました。 といってもキャンピングカーを買おうとは思っていないので、スポーツオーソリティなんかのセール目当てで、たいして真剣にまわってませんが(^^; で、やっぱり最初に目についたのはこれ。
画像
コールマンのウェザーマスター・ワイドスクリーンタープ。パラタープに近い大型の4面開放可能(メッシュも装備)のスクリーンです。フレームもこれまでのコールマン製品には見られないつくりで、広さも見た目もけっこういい感じ。 ただし、値段はかなり悪い感じ(^_^; それにテントとこいつを張るとなったら、かなり広いサイトもしくはフリーサイトでないと。 さらにウェザーマスター・ブリーズドームⅡなる新製品が上のと連結で展示されてました。
画像
ベンチレーションまわりにかなりの改良が加えられていて、インナーのフレーム構造も強化されておりました。
画像
ちなみにサイドのこの部分。ジッパーを上げると捲し上げられるようになってます。 後方にもインナー備え付けのグランドシートの張り出しもあり、外見よりもインナーテントにより変更があるように思いました。 展示はされていなかったのですが、ひとまわり小さいウェザーマスター・タフドームなるテントも気になります。 インナーの構造は上記と異なるものの、小柄で使い勝手がよさそう。 あと、こんなんもちょっとだけ気になりました。 イージースリムコット。
画像
組立もラクそうで、GIコットよりちょっと安いみたいです。 最後に本日の主な戦利品。
画像
先の商品が掲載されているコールマンの2008年カタログ。たぶんCOCから届くと思うのですが、待ちきれず…。 イワタニのジュニアヒーター。あまりに安かったので衝動買いです。暖房はもうちょっと欲しかったのでちょうどいいかと。 あとこんなんも。
画像
キャンピングカーに興味ないようなこと言っておいてなんですが、軽キャンパーにだけはかなり惹かれるものが…ま、当分買えないと思うので、雑誌でだけでも楽しもうかと。 書店で買うよりお安くしてくれました。おまけにステッカーのおまけ付き!ここで買ってよかった(^-^) しかし、うっぷん晴らしにいったはずなんですが、余計なもの見たり買ったりで逆にキャンプ行きたくなったりして…(^^;
posted by Har at 23:03Comment(0)

幕張メッセ

画像 キャンピング&RVショーに来ました。まもなく入場…
posted by Har at 09:49Comment(0)

遅ればせながら…

ETCを取り付けました。 みなさんはもうETCをお使いでしょうか?恥ずかしながら、この週末まで料金所で窓からお金出しておりました(^^ゞ 実はETCカードはすでに持っていたのですが、車載器のほうがまだでした。 というのも、我が愛車レガシーはもうそれなりのお歳の車でして、非常に気に入ってはいるんですが、わざわざETC付けるほどでは…なんて考えたりしてあとまわしになっておりました。 実は先日、チェーンを買いに行った際にも一応チェックはしてたんですが、今回の竜洋行きでは経路、時間的にETC割引の恩恵はなかったもので、帰ってからまた考えよう、などと思ってました。 ところがご存知の天候で、料金所で止まるのも、窓開けるのも、喜ばしい状況ではなかったもので、ETC付けておけばよかったな~などと切実に思いました(^_^; で、本日昼に購入・取り付け作業の予約をして、夕方付けてまいりました。 この週末もキャンプ行こうかな~とも思ってるもんで、早速ETCの恩恵を受けられるかな? ま、割引考えると行動時間にかえって制約もあったりするんですが、その分、キャンプに費用を投入できると思えば、それもありかと。 なんとなく大きな力に流されている気もして、いい気分ばかりではないんですが、ま、仕方ないですね(^-^;
posted by Har at 21:40Comment(0)

自然にはかなわず…早々に退散 竜洋海洋公園オートキャンプ場

先のとおり、今回トレーラーハウスでお泊りしたのは静岡・竜洋海洋公園オートキャンプ場。 ここもかなり有名な高規格キャンプ場ですね。 ホントはいい時期にテント泊も考えていたんだけど、トレーラーハウスに興味があったんで空いてる時期に下見を兼ねて。 で、土曜の朝、1件仕事があったんでそれ片付けて10時出発。トレーラーハウスは14時からのチェックインだし、テントとちがって設営ないし、ま、いっかってことで。 首都高~東名高速と順調に走行。今日の予定はとにかくキャンプ場へ行くこと。着いたら場内の温泉施設に入ることくらい。ただ、途中にひとつだけ寄り道の希望が…。 それが以前から名古屋行きのたびに登場している道の駅掛川。 ここでお昼を食べること。 なんてことない道の駅なんだけど、ここの食堂が特にお気に入り。レーンにお盆持って並んでご飯、おかず、汁物と好きな品をとってお会計するしくみ。このおかず選びが楽しいし、素朴だけどなかなかおいしい。それに価格もリーズナブルだし(^-^) オススメのおかずはナスの煮びたし系か田楽、ゴボウやレンコンのきんぴら、豚汁とか副菜にあたるものかな。ハンバーグやら揚げ物系、しょうが焼きなんかもあったりするけど、ここの醍醐味はお母さんの作ってくれるご飯って感じかな。 道の駅掛川には、この食堂を含めて、富士山周辺の我が家のお気に入りスポットでもある時之栖(ときのすみか)経営の直売所や喫茶がある。 ファミリーマートも入っているので、夜中も買い物できるため車中泊にもいいと思うけど。 そんなこんなで15時ごろキャンプ場到着。 場内のルールなんかの説明を聞いてチェックイン。 我が家はB-12サイトのトレーラーハウス。
画像
道中晴れ間もあったのに、このころにはすっかり曇。雨が降ってないのが救いか。 本日のキャンプ場は我が家のほかに、やはりトレーラーハウス泊の方がひと組。 残念ながら貸切ではなかった(^^; でもテント泊はゼロ。
画像
これが話題のフリーサイトか。ギザギザのとこが駐車スペース。そのうしろあたりが割り当てられてサイトを設営する、区画がないだけの「フリー」サイトらしい。
画像
画像
で、こっちが区画サイト。各サイトに電源と水道が付いてる。 うちのウェザーマスターとアネックススクリーンタープのセットは狭くて無理かな…。
画像
画像
画像
コテージもあります。
画像
場内もうろうろして、荷物もトレーラーハウスに入れたし、テント泊とちがってやることありませ~ん(爆)。 コーヒー入れてひと息ついてさてお風呂にでも…。 竜洋海洋公園内には「しおさい」という施設がありまして、地元野菜などの物産を兼ねた売店やレストランなどがあり、そこでラジウム温泉にも入れます。 ゆったりお風呂に浸かって出てくると霧雨? お~っと、これはいよいよ今晩からトレーラーハウスに缶詰か!! 雨は徐々に水量を増やし、外で過ごすのは絶望的になりました(-_-# 気を取り直して、こうなったら食ってやる~ということで、 まずは竜洋海洋公園の売店で買ったうなぎの白焼きと持参したシャンパンで…
画像
緑のチューブ、これも売店で買ったわさび。静岡といえばわさびだもんね。これ吟醸わさびって書いてあったけっこう高級品(^^; 続いてチーズフォンデュでビール! これはウインナーをつけたとこ。ほかにも野菜やパンをパクパク)^~^(
画像
写真ないけど、このあと、道中高速のパーキングで買った富士宮やきそばで〆。 冷凍されてて電子レンジでチンするだけの簡単調理o(^-^)o 最近やきそばに目がなくて…いや~腹が裂けるかと(爆)。 しかし、温泉入って、うまいもん食って酒飲んで、悠々キャンプですなぁ。 この夜までは(^_^; 夜テレビで関東の空模様を聞いて、明日はヤバいかな?と。 で用心のため、お腹も膨れたことだし、早々に寝ることにしました。 このとき竜洋では雨がしとしとやや強めくらい。 明くる朝、やはり竜洋ではしとしと強の雨模様。 テレビを見ると都心あたりはかなりの雪模様。 急遽朝飯の用意。もともと朝は簡単にと思ってたんで、用意してきたハンバーグパティを焼いてバンズにはさんでハンバーグのできあがり。 家で仕込んだコーンポタージュを温めて、コーヒー入れて。 昨晩買っておいた恵方巻き(家族で3分割ですが)を南南東と思われる方角を向いて無言でいただき、早々のお片づけ開始! で、8時ちょうどに出発の準備完了。 管理棟でチェックアウトして、後ろ髪ひかれつつ8時10分ごろキャンプ場をあとにしました。 今日は天候の悪化と愛車「古」レガシーの走りの勝負! 寄り道も一切キャンセルして東名高速を突っ走りました。 沼津をすぎるあたりまではまったく雪の気配はナシ。雨もたいしたことはなく、しかし都心のニュース映像が焼きついていたので油断することなく、ひたすら走り、裾野を越えると一気に高速の上は吹雪状態((+_+)) さすがに速度も落としましたがチェーンをつけるほどでもなく、一番不安定な状態の走行となりました。 足柄あたりで横転しているワンボックスを横目に慎重に…慎重に…。 厚木を過ぎたら急に渋滞。 なんと除雪の作業車が3車線に並走していたためでした。 しかし、これは逆にラッキー!僕らの数百メートル前で除雪したところを走るのですから鬼に金棒。 吹雪のような雪の中、東名高速はもはやエレクトリカルパレード状態ですよ(なんのこっちゃ?)。 横浜町田までパレードは続き、トイレ休憩に港北に寄って、そのまま首都高で13時をまわるころ無事家に到着。 帰ってニュースを見るとのきなみ通行止めや規制がかかっていて、早々の撤収でよかったね~と家族でホッと胸をなでおろしました。 いやはや、自然にはかなわないな~と気をひきしめる初トレーラーハウスキャンプでした。 とはいえ、こんなキャンプ場の利用もなかなか楽しいですな。 雨のせいでトレーラーハウス内が長かったので、あらためてキャンプに行きたくなりましたが。 やっぱ焚き火したいな~来週も出撃するか?! 最後に今回泊まったトレーラーハウスの中をちょっとだけ。 距離とれなくて写真撮りづらかった(^^; まずはベッドルーム。ここではゆったりめのベッドで2人就寝できます。
画像
4人がけテーブルのリビング(左)と細めの2段ベッド(右)。押入れで寝る感じ?(^^)
画像
正面のドア(左写真)はバスルーム。トイレと洗面台とシャワー。キッチン(右)はシンクが少々狭いけどお湯も出ます。
画像
posted by Har at 21:44Comment(0)

早期撤収!

画像 ネットの情報やテレビを参考に判断しました。東名高速港北パーキングはこんな(◎o◎) 実は竜洋海洋公園では単なるしとしと雨でした。テント泊ではないとはいえ好判断かな。残念だけど…。 しかし御殿場あたりより都心のほうが大雪みたい。どうなってるんだか(^_^;
posted by Har at 12:58Comment(0)

念のため…

今週末はあまり天気はよさそうじゃない。 テント泊なら中止もあるのだが、めずらしくトレーラーハウスなど予約しているので、天気がどうでも決行!しかし、少々遠方で、日本全国寒さもそこそこだし…行き着く先はそれほど心配ないようなのだが、道中での万一のことを考えてタイヤチェーン買ってきた。 ホントはスタッドレスとかにしたい気もあるんだが、スキーやスノボに行かない俺としては、そうそう活躍する場はないし、何より金がかかりすぎる。 ま、チェーンでも同じで、実際に使うかどうかわからんし、非金属の一番安いやつをチョイス。だって我がレガシーは215/45 R17という贅沢なサイズのタイヤを履いてて、こんなんホントに安いチェーンは売ってないし(^^;一番安いやつでも普通のチェーン2組は買えるし。 明日の昼休み、とりあえず一度取り付けしてみよう。 万一があって、そのとき取り付け方見ながら…なんて大変だし。 でも、万一がないように祈っておこ(^-^) 今日は写真もなし…解散!
posted by Har at 23:41Comment(0)

地獄をのぞいてキャンプへ行こう!

この週末、またまた急な予定で1泊キャンプへ。 とはいえ、前回は東北までだいぶ遠出したので、今回は近場へ。 きっかけはある山。 千葉県、房総の鋸山(のこぎりやま)。 ここはロープウェーで山頂まで上がれ、山自体に寺が一体化され、いたるところに見所のある観光名所だ。 計画の第一歩は、早朝に出発して海の上で朝食! アクアラインのサービスエリア、海ほたるで朝食をとろうかと。 もちろん朝早くには営業している施設は限られているのだが、フードコートで無事朝食をいただく。 さて次は我が家の旅の常識、道の駅巡りだ。 といっても今回はキャンプ用に海の幸の食材調達という使命がある。 ガイドで物産の盛んそうなところを物色して、鋸山の先になる道の駅「富楽里(ふらり)とみやま」へ。 ここで野菜や干物、サザエなどなど色々仕入れた。 仕入れも済んで今回の計画その2、鋸山へ。 おふくろもいっしょなので歩きでの登頂はあきらめてロープウェーへ。 途中歩きでは見られない絶景を眺めながらの片道4分ほどのあっけない登山だ。
画像
と思いきや、ロープウェーは鋸山山頂駅まで。 ガイドや旅番組で紹介されている見所はここから徒歩で数十分以上行かなくてはならない。 おふくろの体力と相談しつつ、今回は無理をせず、有名な地獄のぞきを見て、そのすぐ下にある百尺観音を見て下山することにした。 といっても山頂駅から階段や坂道を歩くこと数十分、あれが地獄のぞきだ。
画像
で、実際に地獄のぞきで下を覗くとこんな感じ。
画像
写真では臨場感がイマイチ。 ぜひ実際に行ってみてね。 少し引き返して拝見したのが百尺観音。
画像
これも写真以上にでかい。 そんなこんなで鋸山を楽しんで、いざキャンプ場へ。 道の駅でお昼もすでに買ってあったので、それならキャンプ場へ入って、本格的な設営前にお昼にしようかと。 今回のキャンプ場は、柿山田オートキャンプガーデン。 ここは子供連れの家族向けに定評のあるキャンプ場。 自分たちで薪をくべて沸かす体験露天風呂や、うさぎとのふれあい、無料のバドミントンコートなど、場内で子供と楽しむには最適なところらしい。 管理人さんもいい人との評判だったし、料金や位置もちょうどよかったので子連れではないけど今回チョイスしてみた。 房総スカイライン入り口の近くから小糸川へ降りると、通行量もそれなり道路から一気にのどかな里山風景へ。 このギャップはちょっと驚かされる。 チェックインの際、手持ちのキャンプ場ガイドのクーポンを提示したところ、他のキャンプ場が料金10%offなのに対して、こちらは新米3合プレゼントとのこと。 これはむしろうれしい。 じつは丸鶏粥を作ろうと思っていたのだ。 場内はのどかな雰囲気で、区画サイトのエリアが段々に並んでいる。
画像
我が家のサイトはC11。
画像
タープを張ってテーブル、椅子だけを出して、まずは昼食。 道の駅で買った太巻きや惣菜をいただく。 ひといきつきながらまったりしたところで、本格設営へ。 ま、すでに慣れた幕体ばかりなので、とどこおりなく設営して、夕飯の丸鶏粥には時間がかかるので早々に焚き火を起こす。 ピラミッドグリルにクアトロポッドをセットして、丸鶏、米、水、しょうがなんかをセットしたダッチオーブンをつるして弱火でコトコト。
画像
火が絶えないようにだけ気をつければあとは数時間ほっておくだけ。 しばしまった~り、簡単でしょ(^^) まったりといえば最近のキャンプでのまったりグッズ、
画像
ヒマラヤスポーツで衝動的に買った安物コット。 コールマンのGIコットやスノーピークのコットとはちがい安い分だけ組立が少々力仕事なんだが、横になったときの気分やら撤収時の荷物置きとしての実力が勝って活躍中なのだ。 活躍中といえば、キッチンテーブルみたいなものをまったく用意しなくなった最近、キッチンまわりで活躍中なのがこのルミナスのスチールラック。 じつはこれ、レガシーの荷台で荷物棚として活躍中のものなんだが、金属製ということもあり、キャンプ場では他の荷物といっしょに降ろして荷物置きだったり、シングルバーナーの台だったりキッチンテーブルだったりと我が家では人気急上昇中の一品。 せっかくなので、他の活躍中グッズを少し。 これまでもさんざん登場の赤ランタン200A。
画像
実はついにジェネレータやポンプを新しいものに交換してますますガンガンに燃えているのだ。 次は新人の照明係。
画像
SOTOのGシリーズのひとつ、Gランプ。 といってもスポーツオーソリティバージョンですが。 これもつい買ってしまったもの。 左下の窓がフラッシュなしの画像。 けっこう明るいでしょ。 メッシュホヤに交換してあります。 ま、活躍中の面々の紹介はそんなところで、今回も夜はピラミッドグリルでまったり焚き火。
画像
この季節はこれがあるからキャンプはやめられない。 写真とるのを忘れたけど、丸鶏粥をいただきながら、焚き火の上で仕入れたサザエやイカの一夜干しなんかをあぶっていただきました。 うまかった。 房総最高~! そんなこんなで満腹になり、いつものごとく早々に就寝。 近隣の子連れサイトの子供たちはまだにぎやかだったような…(^^; 朝。 いつもは、撤収の手間から朝はシングルバーナーくらいで火起こしはしないんだけど、今回は昨夜の消し炭を使って小さな焚き火。 これまた初紹介(実は数回使ってたんだけど)のピラミッドグリルコンパクト。
画像
見てのとおり、朝から火をつけさせた犯人は、えぼ鯛の干物です(^^) そのほかは手抜きで暖めるご飯にレトルトハヤシやもろもろ。
画像
朝食後、のんきに撤収して、早めの家路に着きました。 途中、幕張のカルフールで買い物中、安売りのテントなんかを見つけてしまって危なかったのですが、今回は無事、何も買わずに到着。 房総あたりの近場は時間に余裕もってキャンプできるので、こういうのもいいかも。
posted by Har at 22:08Comment(0)

東北進出キャンプ?!

9月は企業も締め月。年度末は3月でも半期の期末だったりで、毎年俺の仕事もつられて忙しい。 今年も例外にもれず、ここのとこ週末も仕事三昧。 さすがに休みたいな~と思ってた矢先、クライアントの都合でこの週末ぽっかりと予定が空いてしまった。 これはキャンプに行かなくては!と思い立ったものの、天気予報は雨、それもけっこうな予報。 関東地方は絶望的な状況だった。 あきらめようかと思いつつ、ダメもとでとりあえずドライブへ出ることに。 天候が悪くなったら適当に立ち寄り温泉でも入って日帰りしてもいいか~などと一応キャンプ道具を積んで家を出てみた。 行き先も定まらないような出発だったが、家を出ながら家族で相談。 天気予報で東北は快晴の見込みなどとのたまわっているのを耳にし、北のほうへ行けば雨はひどくないかも~なんて安直に方向決定! とりあえずめざすは東北自動車道。 途中、パーキングで朝食をとり、空模様と相談しながらキャンプ場ガイドを物色。 ここは思い切って東北へ進出するか、とはいえあまり遠くに行ってたのでは帰りがつらそうなので、東北の玄関口、福島で検討。 目についたのが「フォレストパークあだたら」。 ここは高規格キャンプ場として、その評判を耳にしたことがある。 温泉も入れるし、サイトが空いてなくても温泉だけでも楽しんでくればいいかな。 というわけで電話してみた。 いやいや、さすがに大きなキャンプ場。 オフシーズンのこの時期、なんなく予約はとれた。 こうなったら先を急がなきゃ。 いざ二本松へ! 絶望的な天候にダメもとで出発したため、たいした食材も持ってきてないし、急いだほうがいいとはいえまっすぐキャンプ場へというわけにはいかない。 途中で高速を降り、だいぶ手前にはなるが、ガイドでピックアップした道の駅「たまかわ」へ。 このあたりは農産物も豊富なのか、物産コーナーはにぎやか。 キャンプ用だけじゃなく、帰ってからの野菜まで補充してしまった(^^; 買い物を済ませて、高速は使わずR4で郡山を抜け安達太良へ。 チェックイン開始時間の13時を少しまわったころに到着。 早々に手続きをしてサイトへ。 今回はEサイト。 フォレストパークあだたらは、サイトがアルファベットごとに区分され、Aはイベント用?芝生の広場だった。 B~Eが通常の個別サイト、Fがグループ用サイト、その奥にオートではないフリーサイトエリアとなっているようだ。 広大な場内にはこんな立派な道路が…。
画像
ところどころ自然を残しつつ、遊んだりゆったりできそうな広場や、
画像
自然派も満足できそうな散策路もあって、展望デッキまで登ればこんな景色も
画像
かと思えばトイレはホントにキャンプ場内?と思うほど
画像
画像
トイレには24時間使用可能なシャワー室も完備。 サテライトハウスと呼ばれる炊事棟には、お湯も出るアイランド型の調理台一体型シンクとダイニングテーブルセットが複数台設置され、コイン式のガス台も。 自然豊富な環境とは裏腹に設備は充実。 うちには関係ないけど、これならキャンプ嫌いの奥様も説得されてつきあってくれそうなキャンプ場(^^) 評判がいいのもうなづける。 その上、24時間ではないものの、キャンプ場宿泊者は受付となるビジターセンター地下にある温泉にも入り放題。 ビジターセンターにはフロントやお土産や燃料などの売店のほかカフェもあり、食事もとれるし、ライブラリーと呼ばれるスペースには動植物や自然に関する書籍もある。 比較的、ワイルド派の俺も、なんともいえず居心地のいいキャンプ場なのである。 東京からもう少し近ければ年間何度でも通ってしまうかも(^^; サイトはというと、各サイトで多少の違いはあるものの、これまた広々。
画像
大型のテントを張ってもタープが悠々張れるくらいのスペースが確保できる。 逆にどうレイアウトしようか迷うかも…。 なんとなく来てしまったフォレストパークあだたら、1泊ではもったいない。 ぜひいつか2泊以上の連泊で利用したいなぁ。 夜は焚き火でゆったりまったりと…
画像
(わけあってアルミテーブルの上にピラミッドグリルを置いてますが…) 静かに、そしてゆったりと福島の夜は更けていく。。。 夜間もそれほど冷えず、朝もさわやかに目覚め、簡単な朝食のあと、後ろ髪ひかれながらも撤収作業。 東京までの道のりをひた走る。 しばらく一般道を使って、茨城の道の駅を巡り、奥久慈あたりでは軍鶏天うどんなどをいただく。 東京へ近づくにつれ雨が激しくなり、雨から逃げてきた週末の現実を思い出させられた気分。 でも、雨から逃げて思いつきで進出した東北キャンプ、これは大正解! 次回は来年になると思うけど、絶対に2泊以上でフォレストパークあだたらへ。 家族も即賛同するほど、居心地のいい素敵なキャンプ場だった。
posted by Har at 19:49Comment(0)

朝霧高原リベンジキャンプ

名古屋行きのついでにホテルに泊まらない(^^;車旅をしたとき、行きに寄ったのが朝霧ジャンボリーオートキャンプ場。 このとき設営中に雨が降り、結局タープのみで車中就寝となったのだ。 そんなわけで帰りに再度1泊と思ったところ、IN直前にまたしても大雨。 結局夕方には止んだのだが、安全策をとり、キャンプをあきらめ帰宅してしまった。 というわけで、なんとなく因縁の朝霧ジャンボリーオートキャンプ場へ行ってきた。 今回は少なくともテント設営までには雨は降らず。
画像
う~ん、この写真は朝起きたときのものだけど、いまいちキレイに張れてないなぁ。 このテント、意外とキレイに張るのは難しいな。 それと諸々あってサイトのレイアウトもうまくいってないし。 ま、フリーサイトなんでスペースは使い放題なんだけど、自由度が高いというのはその分、考えることが多くなって失敗もあるなぁ。 でもフリーサイトのほうが好き。 特にこのくらいの時期になると、ギュウギュウに混んでいることはないから、フリーサイトが気持ちいい(^^) GWとかお盆のころは区画されていたほうがかえって気楽かも。 あ、そういえば言い忘れてましたが、いきさつは省くけど写真のテント、キャンパーズコレクションのユニエアフィールドテントにはかわりないのですが、いつのまにかEXです(^-^; 見た目はそっくりですが、フライのみでスクリーンタープとしても利用できるのと、インナーテントが吊り下げ式になって設営がラクになったので、寝る直前にインナーを…なんてことも可能になった。 ついでにひとまわり大きくなったみたい。 で、写真は撮り忘れましたが、テント内用にロースタイルの安物コットを人数分そろえました。 銀マットを持ってくよりいいかなと。 少なくとも地面の凹凸に寝心地が左右されることはなくなった点は非常に便利かも。 そんなことより、今回、特筆すべきはこちら。
画像
コールマンのノーススター買っちゃった。 キャンプでは必要以上に明るくする必要はないと思っていたのだが、料理をする際にはやはり色なんかでの判断も必要だったりするもんで、必要に応じて明るい照明もいるかな~となると点火もラクにできないと面倒かな~なんて連鎖して選んだのがこれってわけ。 いやさすがに明るい。 しかし、おなじみ赤ランタン200Aも健在。 (でもデカールは痛んでなんだかわかんないね)
画像
ノーススターに比べるとスネて駄々こねることもあるけど、まだまだ元気に現役。 うちではこいつなしのキャンプはあり得ないのだ。 しかし、キャンプに行くとなんで明かりや焚き火みたいな火をいじりたくなるのかな~。 実はもうひとつ欲しいランタンがあるんだよね。 近いうちに入手しようと目論見中。 デビューしたら紹介しま~す。 とかなんとか、過去、雨で苦しめられた朝霧ジャンボリー。 今回はパラっときたかな?と思う瞬間はあっても、雨にもあわずに平和なキャンプでリベンジ達成!
画像
帰りにはまたまた道の駅道志に寄って、ポトフも堪能した。 しかも俺が食べたポトフで売り切れという幸運(?)にも見舞われたのだった(^o^)
posted by Har at 23:10Comment(0)

夏休み?! その2

コロナの湯 安城で1泊。 名古屋に向かう前に朝風呂、とも思ったんだが、朝方は清掃時間があり、待ってると出発が遅くなるんで早々に出発。 もし早く着いたら別の立ち寄り風呂に行こうかと。 前に名古屋に行ったときに見つけたとこもあるし…。 で、地元民の通勤渋滞に巻き込まれないよう名古屋へ。 通勤時間避けたらすっかり早めに着いた。 で、朝食をどうしようかという問題が浮上。 やはり名古屋といえば喫茶店のモーニングが安くて有名だ。 で、テレビでもよく紹介されている、コーヒー代でパン食べ放題の「シャポーブラン」へ。 420円でアイスコーヒーを注文すると、ゆで卵1つ、パン食べ放題が付いてくるというサービス。 甘めのパンが多いのだが、定期的にサンドイッチも出てくる。 しかし、このサンドイッチが人気で激しい争奪戦が…(^^; 結局、サンドイッチは2切れしか食べられず。 俺もまだまだ。 修行して出直しますm(__)m 朝食もとり、仕事まではちょっとあるんで、少しは観光でもしようかと。 ベタだけど、駅から近いし、行ったことないんで名古屋城へ。
画像
とてもキレイなお城だったなぁ~。 でも中はすっかり博物館化されていた。 色々な資料や展示を見るには楽しめるのだけど、館内に入るとお城にいることはすっかり忘れてしまうほど。 ひとしきりお城見物もして、さてお風呂にでも。 以前行った立ち寄り風呂でにもと思ったのだが、いつのまにか名古屋駅から車で5分ほどのところに新しい立ち寄り風呂が。 せっかくなんでこっちも試してみよう(^^) 新しいこともあってキレイだし、お湯もなかなか。 露天やジャグジー系、サウナなんかはもちろん、寝湯なんかもあってすっかりくつろいでしまった。 いやいや、これからこの旅唯一のビジネスタイム! 昼飯を済ませて客先へ向かわなくては。 温泉施設内の食事処で冷やしのきしめんをいただき、早々に打合せへ。 【しばししかめっ面で打合せ…少々ややこしい話もあり、ちょっと疲れた】 2時間ほどの打合せを終え、早くもモードはオンからオフへ。 名古屋にいてもホテル探すくらいしかできない。 それでも今回の旅としては陳腐なんで、夕飯用に駅弁を買って早々に名古屋をあとに。 途中、帰宅渋滞(?)らしきものにもあいつつ、8時になるころに道の駅潮見坂に到着。 ここには無料の足湯があって、運転疲れもあるし、ぜひとも入りたかったのだが、いかんせん足湯の利用時間は16時まで。 売店も終わっていた。 とはいえ、夕飯に駅弁は買ってあったので、車を止めてそれをいただく。 やはり食料は確保しておかなくてはね。 こうなると今夜は車中泊か昨夜のように立ち寄り風呂泊かという感じ。 よっぽどホテルにでもと思ったのだが、ここはがんばってお気に入りの道の駅掛川へ行き、そこでひと眠りしようかと。 早速R1をひた走り、行きには昼食でお世話になった掛川へ。 さすがに運転にも疲れ、ここで荷台に寝袋敷いてひと眠り。 でもこの時期、街中ではさすがに暑くて、ひとしきり眠ったところで寝汗をかいて目が覚めた。 妙に目がさえてしまったので、まだ明け方だったけど出発することに。 途中休憩をはさみながら、道の駅ふじおやまへ。 ここで食料を仕入れて、行きに使った朝霧ジャンボリーオートキャンプ場へ。 …と思ったのだが、思わぬ誤算。 道の駅の売店が開くのを待っていたら、かなりの雨が降ってきた。 う~ん、どうも朝霧に来ると雨は避けられないらしい(-_-) しかし、行きのときよりもはるかに激しい。 これではまたテントを張ることができないか。 さすがにまた車中泊というのもなぁ。。。 朝食を兼ねて1時間ほど休憩してみたが、どうも天気の回復には時間がかかりそうだ。 しばらく悩んで、今回は撤退を決断! キャンプはあきらめ、予定より1日早く帰ることにしよう。 しかし、帰るとなるとこのままじゃなんとも味気ない。 せめて温泉にでも入っていこうかと、ここまでR1からR246を走ってきたのだが、山中湖方面に方向転換。 紅富士の湯に立ち寄ることに。 評判の富士の見える露天風呂では天候が悪く残念ながら富士山にはお目にかかれなかったが、この旅3件目の立ち寄り風呂を堪能して帰途へ。 帰りは同志道を通っていくことにした。 ちょうどお昼どきなので、道の駅どうしへ立ち寄る。 ここではクレソンが名物で、食事処でポトフとポテトパイ、クレソンケーキをいただく。 ケーキもなかなかだが、ここのポトフには痛く感激! コショーが効いてスパイシー。 大根が入っていてこれまたおいしい。 ポトフというより洋風おでんという感じで、これは食べてみる価値あり。 ぜひまた寄ってみようと思う。 あとは同志道をひた走り20号方面へ。 最後は首都高を使ってゴール。 東京へ着いたらけっこういい天気だった。 やっぱキャンプすればよかったかなぁ~とか思いつつ、この夜久しぶりにやわらかい布団で眠った。 あわただしかったけど、そんなこんなで夏休み終了。
posted by Har at 22:38Comment(0)

夏休み?!

毎年、仕事の具合をみて差し支えなさそうなころを見計らって、自分で勝手に決めて夏休みをとっていたのだが、今年はそこそこ仕事が立て込んで、まとまった期間がとりづらい。 で、考えたのだが、8/22の名古屋打合せにあわせて前後にお休みをとろうかと。 というか、8/22に名古屋へ着くように車で旅に出ることに。 出発は8/20。 まずは前回のソロですっかりハマってしまった富士山キャンプ。 今回は静岡県、朝霧ジャンボリーオートキャンプ場へ。 ここは広大な敷地に車を乗り入れ、好きなところへ好きな広さで設営できるフリーサイトのキャンプ場。 もちろん混雑していればスペースもひかえなければならないが、正直ここが満杯になるなんて想像できない(^^) GW、お盆の混雑日を除いて、チェックインは8時~、チェックアウトは16時までで、シャワーも無料。 平日ということもあり、トータルで4~5組しか利用者がいないようだが、その中でも誰も設営していないMサイトの一画に決定。 炊事棟、トイレともやや遠いので、誰もいないのだろう。 でも、俺としてはここは富士山を正面にできて静かなベストポジションかも。 まずはレガシーのルーフレールを使いながらヘキサタープを張る。
画像
上の写真ではわかりづらいのだが、実はタープを貼り終わると同時くらいに雨が降ってきた。 陽も射し、天気は良さそうに見えるのだが、けっこうな雨粒に雷。 とりあえずタープの下でようすを見るも、雨はこのあと1時間ほど降っていた。 前回のソロで使ったテントを設営しようと思っていたんだが、雨で地面の芝もけっこう濡れてしまったので、今晩はテントを諦め、車の後部座席を倒して荷台に寝床を準備した。 荷物を整理しつつ、マットにシュラフをセッティング。 そのころには富士山の手前には虹も…。
画像
夕飯はキャンプ場に入る前に寄った道の駅朝霧高原で買ったモツで煮込み。 野菜があまり売っていなかったので、あらかじめ100均で仕入れておいたナムルと道の駅で手に入れた豆腐を使って、仕上げにソーメンを入れてみた。
画像
見た目にはちょっとイマイチな感じだけど、食べてみるとこれ、そうとうイケる! お腹も膨れてのんびりしつつシャワーも浴びてきて、この日は早々に就寝。 夜中に、車内が蒸すのとトイレに行きたくて目が覚めた。 で外に出てみてびっくり! 星空が…もはやキレイを通り越えて、星くずのひとつひとつまでよく見えて、まるで宇宙空間にたっているような錯覚をするほど(^^; トイレから戻って、暗闇でたたずんでしばらく星を堪能して再び寝床へ。 朝目覚めて、本当ならばせっかくだから16時までのんびりしたいところだけど、名古屋まではまだけっこうあるので、早々に出発。 途中、道の駅掛川に立ち寄り昼食をいただく。 ここは車中泊に選んだ道の駅で、定食(といってもご飯に好きな小鉢のおかずを選んでいく)が実にうまい。 今までにもいくつかの道の駅で食事はしているが、俺にとっては今のところここのが1位! 小鉢で置かれている副菜が特においしい! 一番のお気に入りは茄子のおろしポン酢がけとレンコンのきんぴら。 豚のしょうが焼きにそんな小鉢3種類、豚汁にご飯で800円弱。 安くてうまくて最高ー! 満腹になったところで旅再開。 今夜の目標は名古屋のちょい前、三河安城。 名古屋駅近くにはキャンプ場がないんで、さすがに今夜はキャンプはしないが、ホテルで1泊ってのもなんとなく…。 で、三河安城近くに24時間営業のスーパー銭湯を見つけたんで、そのコロナの湯 安城店で仮眠室なんかを使って1泊しようかと。 追加料金はいるものの、東京近辺の同様施設に比べるとだいぶお安いし(^^; そんなこんなで夕方には順調にコロナの湯に到着。 早速お風呂に入ってくつろぐ。 露天や趣向をこらした内風呂を堪能して、施設内の食事処で夕飯。 テレビが備え付けの仮眠ベッドでテレビなど見てみたり…。 そのうち疲れも出てこの日も早々に就寝。 明日はついに名古屋だ。 でも、今日はこの辺で。
posted by Har at 20:02Comment(0)

バースデーソロキャンプ

ついに人生初のソロキャンプ決行! しかも誕生日に。 誕生日にソロなんていうとさびしい~って言われそうなんだけど(^^;あえてひとりでのんびり過ごしたいなぁ、と計画してしまった。 とはいえ、初ソロであんまり山の中ってのも怖いかなってことで、黒坂の帰りに見た富士山に感化されて裾野近くにある、ながおねキャンプ場に決定! 裾野側のキャンプ場はキレイな芝生のサイトが多く、山奥な感じでもないんでひとりでもさびしすぎずにいいんじゃないかと。 中でもながおねに決めたのは、以前立ち寄り湯まわりをしたころに寄ったことのあるヘルシーパーク裾野から歩いて5分というところで、わりと周囲にもなじみのある場所にあったため。 今回は金曜1泊というスケジュールなため、どうせ空いてるだろうと電話を入れてみたら、案の定俺ひとり。 貸切状態が堪能できるかも(^^) てなわけで平日出発ということもあり、のんきに一般道を走り始めた。 しかし、都内脱出には時間がかかりそうなんで、急遽高速に乗り、東名秦野まで一気にワープ!(表現が古いか?!) そこからR246でまずは道の駅富士小山へ。
画像
食料もある程度仕入れてあるんだが、やっぱ土地のものも手に入れてみたいんで物産を色々見てまわる。 結局、一応誕生日なんで手作りシフォンケーキをゲットして、レストランで日替わりランチをいただく。 このランチがまたなかなか。 で、以前からちょくちょく利用してた時の栖へ。 ここはホテルや立ち寄り温泉をはじめ、御殿場ビールが味わえるレストランなどが集まった複合施設なのだ。 ここで御殿場ビールとソーセージなんかを仕入れた。 ほどよくチェックイン時間になったので、早速キャンプ場へ。 着いてみるとやっぱり貸切状態。 チェックインの手続きをしつつあれこれ説明を聞く。 このキャンプ場にはお風呂もあるのだが、今日は俺だけなんでお風呂は勘弁してくれって。 そのかわり、ここだけの話だけどヘルシーパーク裾野のXX券くれました。 感謝! そうそう、今回ソロキャンプ計画にあたり、さすがにでかいテントでソロってわけにはいかないんで、小型テントを入手。 とはいえ、天邪鬼な性格は健在で、どうもメジャーメーカーのを避けてみたり。 そんなこんなで選んだのは、近所のヒマラヤスポーツに置いてあったKerma(たぶんスキー道具のメーカー)のランドライト KRT-305なるツーリングテント。 ちょっと見、ogawaのティエラ似な感じかと(^^; でもけして安くもなかったんだけどね。 早速設営してみた。
画像
で、目の前に広がる場内はこんな感じ。
画像
ちょっと贅沢でしょ(^-^) 今夜のごちそうは…
画像
画像
画像
画像
いやぁ、家族で来るより豪勢かも(^-^; それほど寒い日でもなかったんで、薪ではなく炭の焚き火(?)に焼き鳥のっけてのんびりビールを楽しむ。 そんなこんなですっかり夜も更けて
画像
あとは寝るだけ。 と思ったら管理人のおやじが出てきて、1台のキャンピングカーが。 どうやら常連のご家族が急遽今夜からお泊りらしい。 ま、たいして状況も変わらんのだけど貸しきり状態は終了。 翌朝起きてみると、昨日は雲が邪魔してお目見えのなかった例のお方が…
画像
ひょっこりとですが、顔をのぞかせてくれました。 不思議なことに見えるだけで気分がいいもんだね~。 富士山の見えるキャンプ場が病みつきになりそう(^^; 朝食を済ませ、昨夜遅くに着いたご家族が遊ぶ中、残念ながらそそくさと撤収作業。
画像
短いながらも初のソロキャンプ、そしてXX歳の誕生日はなかなか有意義な1日でした。 ソロ、そしてこのKermaのテント、なかなかいいぞ! また計画してもいいな~。
posted by Har at 22:49Comment(0)

リニューアルオートキャンプ

この車なんだかわかりますか?
画像
年式も古いけどその昔ワゴンといえば…くらい人気のスバルレガシーですよ。 今度の車はこれです。 あいかわらず金がないんでこんなんですけど(^^; とりあえずインプレッサに比べて広い荷台、しかも腐ってもGT-B、ツインターボ/280psのB4エンジンですよ。 ビルシュタインの足回りがキャンプ向けというよりは走り屋テイストなのは大目に見るとして、バランスのいい四輪駆動と、5ナンバーとは思えない積載量を誇る広い荷台。 おかげでキャンプにも万全。 で新しい車へリニューアル記念として、今回は石和温泉に続き山梨県。 黒坂オートキャンプ場です。 小高い山に広がる広い林間にあるキャンプ場で、シチュエーションの違うサイトが70サイト以上とか。 GWやお盆のよっぽどの時期以外は混むこともないらしい。 今回もうちのほかに数組というレベルで静かにスローキャンプが楽しめました。 適当にサイトを選んでくださいとのことで、炊事棟などからは道路を隔てるものの、ちょっと小高い位置にある40番サイトに決定!
画像
で荷台が広くなったもんで、こんなものも仕入れてしまいました。 ロゴスのピラミッドグリルL2と、キャンパーズコレクションのパワーダッヂオーブン10インチ。
画像
ダッヂは12インチと最後まで迷ったんですが、持ち運びを考えて10インチに。 うちの料理で12インチはそうそう必要ないんで。 そんなこんなで今回の夕飯はこんなん作ってみました。
画像
ダッヂ料理の定番、スタッフドチキン。 写真ではわかりませんが、お腹には冷凍食品のカレーピラフが満載! 野菜といっしょに焼き上げました。 見た目はともかく、味は最高~! 初回としては大成功というところかな。 ではでは、キャンプ場について少し。 サイトやそのまわりはいたって自然のままで、ワイルド派の方にも満足なキャンプ場という感じ。 てなわけで、実際、設備にはそれほど期待してなかったんですが、ま、最低限といえばそれまでですが、炊事棟もこぎれいに管理されていて、水道のほかにもひたすら流れ続ける湧き水も利用可能。
画像
画像
そしてなにより、トイレはきちんと清潔に保たれてました。
画像
料金もリーズナブルで個人的にはなかなかいいキャンプ場ではないかと。 翌朝は手抜きのこんなメニューをいただいて、
画像
帰りは富士五湖方面から。 この日は非常にいい天気だったようで、河口湖あたりではこんな絶景も。
画像
ついでに忍野八海など寄り道してきました。
画像
あいかわらずの1泊キャンプだったけど、なかなか実のあるマイカーリニューアルキャンプでした。 しかし、車変わってキャンプ道具がまた増えそう…(^-^;
posted by Har at 21:09Comment(0)

キャンプでなくて…

今回は宿をとっての旅行。 といってもみなさんお出かけのこの時期に突然の思いつきで急に決めた旅なんで、まっとうな旅館なんか簡単にとれるわけもなく、我が家ではおなじみのホテル併設タイプの健康ランドを予約。 とはいえ一応、場所は石和温泉ですよ(^^) お隣の甲府へはキャンプや仕事へ、数え切れないほど出かけてはいるんだが、石和温泉はいつも通るだけで満足に寄ったこともなかった。 しかも今回は電車での旅。 実は諸々あって車を買い換えることにしたもんで、今納車待ちなのだ。 (次の車の話はまた後日にでも…) これまで活躍してくれたインプレッサはお役御免ですでに廃車手続き中。 GWに空いてるレンタカーもなかなかないし…てなわけで今回は電車しか交通手段がなかった。 いやぁ以前、長野でも同じような健康ランドに泊まったことがあるんだけど、思ったよりも快適。 普通の温泉旅館なんかよりも館内での楽しみも多いし、お風呂が豊富。 しかもたいてい24時間(もしくは23時間程度)入浴可なんで、宿に着いてすぐ、夕飯食って、寝る前に、朝起きてってな感じでお風呂三昧なのだ。 せっかく電車で普通に旅行なので、行きは東京駅で早速駅弁購入。 まぁ電車は少々混雑気味だったものの、指定でもなくちゃんと座れたから、車窓を眺めながらの駅弁。 普段、お出かけといえば運転ばかりの身としては非常にラクだな~(^^) で、目的の石和温泉を通り過ぎ、まずは観光兼ねて甲府駅へ。 とはいえ甲府のあたりはけっこううろついてるんだよね。 しかし、駅近くの武田神社はゆっくりまわったことがないことに気づき、散歩がてらのんびり覗いてみた。 お天気もよくて、歩いていると汗ばんできて…途中ベンチで休憩などしつつ、やっと到着。
画像
この時期、甲府では風林火山博などというものが開催されており、いたるところにこんなのぼりが。 まぁ、うちは立ち寄りませんでしたが。
画像
で、甲府駅に戻り、さてお昼。 まぁお決まりですが、甲府ではほうとうですかね。 となったのだが、あまりにも有名な「小作」はちょっと…とまた天邪鬼心が(^^; で、見つけた妙なお店。
画像
その名も「いつものとこ」。 入って2階へ通されるも、どうもほうとうを食わせる店という感じでもない。 店内の客もわりと若い層が多く、観光客らしくない。 そして何より接客する店員が無愛想で決してサービスがいいとは思えない。 こりゃ失敗したかな~(>_<; 腹も減ってることだし、せっかくの旅行だから、豪勢に馬刺しや地鶏が付いたお弁当と小ほうとうのセットを注文。 これまたちょっと時間がかかり待つことしばらく、やっと無愛想な店員が持ってきた。 早速、ひと口。 !!!!!!!! うまい!! やたら名店と紹介されている小作でも食べたことあるけど、まったく別もの。 俺はだんぜんこっちがいい。 うまく表現できないけど、小作がトラディショナルなほうとうって感じで、こっちのほうがすごくモダンでスープが洗練されている感じ。 うまいラーメン屋のそれに近いイメージなのだ。 雰囲気も妙で店員の態度もいまいち、なのに地元の人らしき客が絶えない。 その秘密はこの味だったのかもしれない。 なんかすごく得した気分(^-^) お腹も膨れて気分もよくなり、早速宿へ。 あとは先のとおり、お風呂三昧。 夕飯も車でないし、思いっきりリラックスしてビールをいただきつつ、たまにはキャンプじゃなくこんな旅もいいな~などと思いつつ、納車後の初キャンプを密かに計画するGWなのであった。
posted by Har at 19:47Comment(0)

2007年初キャンプ

今年初のキャンプは茨城県城里町総合野外活動センター ふれあいの里。 いわゆる公園施設内にあるキャンプ場で、今回は第2キャンプ場にあたるAC電源付き区画サイトを利用した。 サイトはやや狭めで70㎡くらいだがAC電源付きで\2,940は格安かと。 まだ春とはいえ夜は寒いので、今回はホットカーペットとセラミックヒーターを持ち込んでのキャンプなので、これは非常に助かる(^^;
画像
今回は年末に衝動買いしたユニエアフィールドの初張りとなった。 前室にはグランドシートが付いているので、クッションの入った厚手のピクニックシートを敷いてお座敷モードにしてみた。 ローテーブルとあわせてちょっとした和室感覚でこれはこれでなかなかいい。 ※写真は、雨が降ったため前室に荷物を避難したところなので中は写ってませんが、お座敷仕様です。
画像
画像
キャンプ場の設備としては可もなく不可もなくといったところで、炊事棟は流しくらいで簡素。 トイレはいたって清潔だったが、キャンプ場にはありがちだが和式のみなので抵抗のある方もいるかな?!
画像
ただし、このキャンプ場のいいところは立ち寄り湯「ホロンの湯」が隣接していて、14時以降なら大人\400で利用可能なところ。 4月のキャンプでは体も冷えるので、ゆったり温まらせていただきました。 ファミリーで気軽にキャンプ、というにはけっこういいとこかも。 夜間、けっこう強い雨が降ったのにはまいったが、朝からは陽が射し、撤収時にはちゃんと乾いてひと安心。 オートに限らずキャンプは長年やってるけど、中でも今回の雨はけっこう強烈だったかなぁ。 これもいい体験だろうか。
posted by Har at 20:50Comment(0)

初車中泊旅 その3

名古屋での打合せも無事に終え、次は埼玉への旅へ。 しかし、これでは名古屋まで来ておきながら滞在時間数時間でなにひとつ名古屋へ来た実感もわかず。 とりあえず駅ビルあたりに戻り、お土産などを物色。 あわせて今夜の夕飯がわりに天むすの弁当など購入。 今では珍しくもないが、天むすは立派な名古屋ご飯。 時間にも余裕がないので、とっとと帰路へ。 R1をひた走る。 今夜の目的地は道の駅富士。 ここは掛川のような広さと便利さはないものの、R1沿いにあるところと、埼玉までの距離を考えると今夜中には届いておきたいポイントとして選択。 途中道の駅掛川にもより、トイレ休憩と食料・飲料などの補充もしつつ23時ごろ到着。 さすがに2日目のほうが疲れている。 今夜は早めに寝ることに。 到着して30分後には就寝していた。 で目覚める。 ん?しまった。少々寝坊した。 携帯のアラームをとめて2度寝したらしい。 とはいえ、まだ6時前。 急げば間に合う!…と思う。 というわけでここから先は休憩もそこそこに爆走。 なんとか打合せの30分前に入間へ到着。 車の中であわてて髭を剃り、着替えてセーフ!といったところ(^^; まぁ東京-名古屋を高速使わずに車で往復。 普通に走っても片道10時間くらいかかるんでけっしてラクな旅ではないけど、新幹線でボーっとしながら行くよりもなんとなくワクワクすることは確か。 オススメとはいわないけど、大人になってこういう無駄な時間を費やすことは少なくなったので、これはこれでありかな、と。 しかし、車中泊を考えるともうひとまわり大きい車にしたほうが…なんて思わなくもないなぁ。
posted by Har at 22:11Comment(0)

初車中泊旅 その2

さて一応自分なりに入念な準備もしていざ出発。 都心を抜けR246をひた走る。 しかしこのR246が曲者。なにしろ厚木近くになるとトラックの数が増えて混む。 厚木の手前まではわりと順調だったものの、厚木~伊勢原あたりを抜けるだけで何時間かかったか。一気に予定が狂ってしまう勢い。 これはちょっとやばい。順調にいけばすこしくらいの寄り道も…なんて考えていたんだが、ちょっと甘かったか。 とはいえ、食料・飲料はしっかり積んであるので、ひたすら走り続けてもライフラインは確保できている。 実際、渋滞であまり動かない間におにぎりを少々いただく。ご飯を食べると気分もよくなるので渋滞のイライラも解消されるというもの。 てな感じでひた走り、途中多少の休憩もしたものの、予定の休憩ポイント(車中泊地)の道の駅掛川に着いたのはなんだかんだで22時すぎ。夕飯は車の中でだらだらと済ませたので、道の駅の中を見物しつつ、寝る準備に入る。 道の駅掛川を最初の宿泊地に選んだ最大の理由、それは24時間営業のファミリーマートがあること。 通常のドライブならば道の駅はどこもある程度便利で助かるのだが、車中泊となると話は別。 多くの道の駅が、夕方以降は売店やレストランのたぐいの営業は終了してしまい、夜間はトイレ付き駐車場と化す。 販売機でもあればいいほうなのだ。 その点コンビニがあれば、わがままさえ言わなければある程度のものはそろうし、治安の点でも安心かと。 で、ファミマで朝食用にポテトサラダなどを購入。出発前に食パンを焼いて持ってきたので、朝食にパンに挟んで食べようというわけ。 トイレの洗面所で歯磨きをし、車中にもどり、後部座席の寝床へ。 一応、蛍光灯ランタンの元でMacBookを取り出しメールチェックなどをし、行きがけに仕入れたガルヴィなど読んでみる。 少しのんびりしたところで朝の予定も早いのでランタンを消して眠りに。 それなりの装備を整えたつもりなので寒くて寝れないというわけではないが、このときすでにかなり冷え込む予感がしていた。 携帯のアラームで4時に起床。 運転で疲れていたのか、信じられないくらいぐっすり眠った。 俺の身長だとインプレッサの後部座席でもそれほど窮屈せずに眠れることが判明。 しかし、寝袋から出るとかなり寒い。 とりあえず目覚めのトイレへ…外は信じられないくらいの冷え込み。 よく見たらフロントガラスが凍ってる。 うすい氷の膜ができていた。 急いで用を済ませ、俺の車のまわりに他の宿泊者がいないのを確認して、早速エンジン始動。車を暖めてフロントの氷をとかさなくては。 その間に昨晩仕入れたポテトサラダでサンドイッチ作り。 これまたクーラーバッグに積んできた自家製アイスコーヒーといただく。 こんなに冷えるのならなんとしても暖かいコーヒーにすればよかったと思うも、ファミマまで買いに行くのもおっくうな冷えだったので我慢。 フロントの視界が確保できたので、早速出発。 実は名古屋まではまだけっこうな道のり。 しかも名古屋近くで渋滞の可能性もあるので、早めに動かなくては。 今回は海側の広いR1ではなく、距離の短い三ケ日まわりのコースを選択。 やや細めでうねる道が続くものの、運転は退屈しないかなと。 豊川などを超え三河安城手前まで来たころ、前方の交差点で不穏な動き。 少しばかりだから渋滞している。 よく見れば反対車線では信号をなぎ倒す勢いで乗用車がクラッシュしていた。 こちらの車線はいわば見物渋滞で、なんなく通り抜けたが、反対車線は通行止めで大渋滞。 早めの通勤の方も巻き込まれている模様。 あとで携帯テレビで見たのだが名古屋地方ではニュースでも大々的に報じられるほどの事故だった。 いやぁ反対車線でよかった(巻き込まれた方々すいませんm(__)m) その先多少渋滞はしたものの、なんとか9時すぎに名古屋駅付近に到着。 一応、先方の所在地など確認しつつ、この旅初の余裕の時間を迎えた。 観光をとも考えたのだが、いかんせ運転で疲れたのと、昨夜の冷え込み体が冷えていたこともあって、ネットで立ち寄り湯を検索。 早速手ごろなスポット発見。 鶴舞公園近くのア-バンクア・キャッスル。 一応温泉らしく、名古屋駅から車で10分ほど、10時から営業で入浴料\600。 これはもってこいということで即座に行ってみる。 なんか下は同じ経営のパチンコ屋でやや妙な雰囲気だったが、お風呂の階に行ってみると近所のお年寄りたちが早速集まっていた。 ほぼ開店と同時に入れたのでそれほど混んでもいなかった。 中には源泉風呂/水風呂/シェープアップバス/打たせ湯/露天風呂/ミストサウナ/サウナなどなど色々な浴槽があって、思った以上にいいお風呂が味わえた。 かれこれ1時間ほどつかって、ここで仕事用のスーツに着替えさせてもらった。 名古屋駅にもどり、駅ビル内で簡単な昼飯。 ホントは名古屋らしくきしめんだとか味噌かつだとかと思ったものの、お昼どきは案外混んでて時間がかかりそうだったのでまたの機会に。 ほどなく営業担当との待ち合わせ時間になり、仕事モードへ切り替え。 こうして無事お仕事へ。 さてこれから帰途へ。 次は埼玉への旅となる。 今日はここまで。 また次回へ続く。
posted by Har at 20:09Comment(0)

初車中泊旅

今週、いわゆる車中泊の旅を初体験してきた。 といっても実は仕事がらみで、年末に名古屋の会社のWebデザインの仕事の相談があって見積もりとデザインサンプルを出していたのだが、年明け早々に受注が決まり、キックオフを兼ねて現地で打合せを…とのこと。 新幹線で日帰りがラクなのかもしれないが、新幹線代もバカにならないし、どっちにしても翌日には別件で埼玉へ車で行かなければならないので、思い切って前日に車で出発して一般道で車中泊しながら名古屋まで行ってみようかと。 高速では新幹線代と変わらないし(もしくはそれ以上?)、疲れるだけで楽しみもメリットもない。 実は前々から車中泊というのに興味があって、インプレッサワゴンでは決して快適空間は作りづらいとは思いつつ、機会があれば…と考えていたのだ。 で、ネットで調べつつ、今回の計画はこんな感じ。 名古屋打ち合わせの前日夕方早めに出発。 R246~R1でなんとか静岡県掛川まで。 行程としては200キロちょい、6~7時間のドライブ。 初日はおにぎりなど持っていって、時間により車中か掛川到着して夕飯。 道の駅掛川の駐車場で休憩ということで仮眠。 ここで初車中泊(^^) 翌日は朝方掛川を出発。 R1ともろもろを併用して、昼前までに名古屋へ。 140キロほどの行程で4~5時間ほどのドライブ。 名古屋駅近くで昼食後、午後から先方で打合せ。 打合せ後、早々に名古屋離脱。 再びR1もろもろで静岡へ。 予定としては再度道の駅掛川か、さらに東京に近い道の駅富士まで。 ここで車中2泊目。 3日目の朝、出発してR1~R246~八王子バイパス~R16などで埼玉県入間市へ。 昼前までに到着して次の仕事。 その後、青梅街道などで帰宅。 てな具合。 正直決してラクな行程ではないが、案外こんな旅は好きである。 途中、時間と様子を見て寄り道なんかもしたいところ。 車中泊の準備として、キャンプ用の3シーズンシュラフ(封筒型)を4つ搭載。 後部座席の足元を埋めるエアクッションや銀マット、ひざ掛け用ショール3枚などはキャンプ道具といっしょにすでに搭載されているので、これらを使って後部座席で眠ろうかと。 まずは後部座席足元をエアクッションでふさぎ座面を広くする。 その上に銀マット1を敷いて、さらにシュラフ1を全体が平らになるよう部分的に折りながら調節して敷布団とする。 シュラフ2(内部にフリースブランケット入り)に潜り込み、シュラフ3を開いてかけ布団がわりにし、シュラフ4を丸めたまま枕として使用。 ひざ掛けで左右のドアの隙間風をシャットアウトし、銀マット2を前部座席側に立てて防寒&目隠し壁として使用。 これで、まっすぐには伸びられないものの、ややくの字になれば足を伸ばせるし、0度くらいの室温になっても眠れそうだ。 もっとも寝巻きがわりにフリースも着用する予定だが…。 あとは細々したものを少々。 飲料や食い物を入れたクーラーバック(小)と夜間の灯りとしてコールマンレトロランタン(蛍光灯式)、後部座席の窓には吸盤で取り付けられる目隠し用フィルム。 そんなとこか。 本当はオートキャンプ場にでも泊まれれば、シングルバーナーなんかも積んであるんで自炊も可能なんだが…今回のコース近辺に価格的にもスペック的にも手ごろなキャンプ場がないのと、チェックイン時間が遅めになってしまうため、キャンプ場を使うメリットがないため、車中泊の王道、道の駅泊となった。 で、名古屋打合せ前日、午後3時半、自宅を出発。 しかし、ちょっと長くなったので、ここから先は次回に。
posted by Har at 20:54Comment(0)