久々にポチっ!とな

いやまったくもって大物ではございません 毎週金曜恒例のナチュラムのセール、今朝何気に覗いてみたら、それほど魅力的な商品とはいいませんが、ロゴスのセンターポールタープが1,980円で残っておりました。
画像
以前2,980円で売られていたと思うのですが、さらにお安くなってました。 ロゴス(LOGOS) センターポールタープ (On Table)
ロゴス(LOGOS) センターポールタープ (On Table)

これ書いてる時点にはまだ残ってました。
で、どうするかというと、正直使いみちはまったく思いつきません もちろん穴あきテーブルにセンターポールを挿して立てられる簡便さにも興味はありますが、我が家のキャンプスタイルで穴あきテーブル自体、まず持っていくことはないと思われます。 ま、四隅のポールを使わずにトンガリシェルターとして立てられないかとも思っておりますが… いや本音を言うとタープを買ったつもりはさらさらありません。 ちょっと考えてみてください。 この製品、ポールが5本付属しております。 普通にポール5本買ったら安いものでおいくらになりますでしょうか? 予備やバリエーション用にポールを仕入れたと思えば、非常にお安い買い物かと思いポチってしまいました。 ま、色々言っておりますが、実は以前から小物で買いたいものもあったので、送料を考えてタイミングをみてまとめ買いしようと思っていたから、余計に購入する気にもなったのですが… そちらのメインの小物については届いたらまた。 前々から買おう買おうと思っていて後回しになっていたホントに小物です。 明日には届くかな~。
posted by Har at 11:40Comment(0)

ムドゥスというテント

みなさんの購入されるキャンプ道具の価格ってどれくらいなんでしょう。 自分としては、実売価格が1万円以下なら比較的必要性だけで購入を決意、1万円代ならそこそこ必要性を検討して品質や機能を吟味して購入の可否を決定。 それ以上なら、ネットやまわりの評判、セールなどの一時的な値引きかどうかなども参考にして、時間をかけて検討って感じでしょうか。 とはいえ、キャンプ道具については1アイテムで実売3万円代くらいまでにおさえようとしています。 ある意味、自分の中の戒めというか歯止めとして1点につぎ込む金額の上限をなんとなく決めているわけです。 そういうわけで、このサイトの名称もPxxx Camp、込められた意味のひとつはPoor Campなのです 事実、我が家のキャンプ道具の実売価格で一番高かったのは39,800円(ポイント割引あり)で購入したコールマン・ウェザーマスターブリーズドームテント。 次いでスノーピーク・アメニティドームSの29,800円(ポイント割引あり)です。 たぶん世間のキャンパーさんはもっとお高いテントをいくつも持っていることでしょう。 先日購入のファッドX3などは本来2万円半ば~後半のはずが1万円代前半という破格だったので即決したわけです なので、基本これ以上高価なものは検討の範囲に入れないよう努力(我慢?目を背ける?)しています。 ですからここでもこれまで触れたことはないのですが、実は一応、カタログやネットではいろんなものを見ています。 で、兼ねてから欲しいな~と思っているのが、ヒルバーグ・ムドゥスというテントです。
画像
世間のキャンパーにはそれほど高価なものではないんでしょうが、だいたい実売65,000円くらいの2人用テントです。 実売でいえば、これより小川のアルバーゴ34とかスノーピークのランドブリーズ4LXなんかのほうがお安いくらいです。 ムドゥスのサイズからいってテントとしての使いみちはソロだと思いますが、今どき珍しいAラインのテントで、しかもポール2本でフライを立て、インナーを付けずにシェルターとしても使えるという優れモノです。
画像
複数を横並びにドッキングしたり、斜面になるフライを跳ね上げたりもできるので、小さいながら色々なバリエーションが楽しめて地味~におもしろそうなテントなのです ファミリーキャンプのときだって、インナーはずして荷物置きとして設営したり、使いみちはあるんだろうけど、いかんせん我が家には高価すぎます で、なんで今さらこんなこと書いてるのかというと、A&Fでこのムドゥスにあれこれ付けて防災セットとして販売しているのを偶然見つけて、こんなに欲しいテントが防災用品か~となんだかわからない憤りを感じたりしたもので… いや、災害時のテントとしてもきっといいんでしょうが… ヒルバーグのテントにはおもしろいものが多くて、あれこれ興味はあるんですが、さすがスウェーデン製。 どれもお高いですね。 でも、やっぱ欲しいな~。
posted by Har at 18:30Comment(0)

軽くデイキャンして帰ろ… ~道志の森キャンプ場 その4

川のせせらぎで目覚めたのは6時少し前。
画像
いつものキャンプよりゆっくり寝てしまいました。 今日もいい天気です。
画像
朝露で濡れたタープやフライもこれならすぐに乾くでしょ~。 とりあえず、いつもの朝一のお仕事を。
画像
コーヒーはキャンプの朝の必需品です 早速、朝食にしましょう。
画像
今朝は簡単にベーコンエッグなど。 昨夜の残りも温めて。
画像
今回は家でミルクパンを焼いてきました。 コンデンスミルクをたっぷり入れたほんのり甘い食パンです。
画像
これをホテルブレッドばりに厚切りにして、ユニのマルチロースターで軽くトーストしていただきます。 ユニフレーム(UNIFLAME) fanマルチロースター
ユニフレーム(UNIFLAME) fanマルチロースター

もはや我が家の朝食には必須アイテム。
キャンプでは野菜不足になりがちなので、ちゃんとレタスもちぎって…
画像
昨夜の料理に使いきらなかったナスは塩漬けにしておきました。 パンとの組み合わせは妙ですが、漬物もおいしいです あいかわらず、キャンプの朝はよく食べます 紅茶も入れてのんびり…道志の森も映り込んでのどかな朝です。
画像
道志の森はイン・アウトとも12時となっていますが、かなりアバウトです。 我が家はここへ来るときはいつも早朝からですが、明日は朝から仕事が忙しいのでお昼ごろには出ましょう。 とりあえずテントや火器を片付けて、タープやチェアなど最低限を残して再びまったり。
画像
残っていたお菓子やジュースでおやつタイムも楽しんでの撤収となりました。 都心からほど近く、これだけの自然を満喫できてお安い。 言うことなしで、このキャンプ場は我が家のお気に入り。 冬季は水道など止まってしまうため、基本的には閉鎖となりますが、紅葉が進んだら今シーズンもう1回くらい来たいな~ あ、最後にファッドX3でひとつ。 こんなペグが付属しています。
画像
あまり見ないタイプのペグなんですが、これが見た目以上になかなか。 普段は付属のペグは使わずに、スノーピークのソリッドステークを使って設営するのですが、あえて付属のこのペグを使ってみました。 スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク 20
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク 20

普段はテントにはこいつの20と30を使って設営してます。
普通のコールマンテントにはあまり使えないプラペグが付いていますが、さすがにこちらは違います。 (もっとも取扱説明書も良くも悪くもヨーロピアンですが…) テントの性格も考えて小さくて軽いものなのですが、わりと硬い道志の森の地面にもビシビシ入りましたし、長さのわりにけっこう強い印象でした。 これからも要所要所にはソリステを組み合わせて使おうかと。 とにかく、久々の出撃。 ファッドX3も無事デビューしてキャンプを満喫しました~ 長々とおつきあいいただきすいません おしまい。
posted by Har at 13:14Comment(0)

ファッドX3デビュー ~道志の森キャンプ場 その1

10/4~5で山梨県・道志の森キャンプ場へ行ってきました。
画像
久々に快晴のキャンプです マンションを朝5時ごろ出発。 首都高~中央道で八王子ICで下りました。 あとは一般道で、津久井湖~道志道へ入ってキャンプ場まで。 これなら、ETC深夜割もかかって高速代は860円に抑えられます。 キャンプ場には7時半ごろ到着。 いつもはもっとも下流のトイレ近くに陣取るのですが、すでに何組か先客がいたのと、たまには違う場所でということで、今回は管理棟やや下流のコインシャワー裏手あたりの一画に決定。 早速、今回デビューのファッドX3を含め、スノーピーク・アメニティドームS、モンベル・ビッグタープで、妄想サイトさながらに設営しました。 こんな感じ。
画像
まだ朝の日差しでモンベルカラーがキレイ 今回初張りのファッドX3。
画像
初めてなのでいまいちかな~自分としてはもう少し横幅を広げてあげれば…と反省。 フライのベルトの長さも調整して徐々にベストポジションを見つけなければ
画像
もうちょっとしわのないビシッとした張り加減にしたいですねぇ。 今回は天気も良かったので張り綱はサボりました しかし、ファッドX3はインナー吊り下げ式で最初からセットされていますので、フライにポール3本通して立ち上げるだけでラクですね~非常にいいです 一応、別角度からも
画像
道志の森なら混雑してなければこんな贅沢なサイト作りも。 ちなみにウイングタープはこの角度からの画が一番好き Coleman(コールマン) ファッドX3
Coleman(コールマン) ファッドX3

念願のファッドX3。ナチュラムではありませんが、在庫処分で格安購入できました。
最後にちょっと追加。
画像
すでに廃盤のユニフレーム・メッシュブラインドヘキサで目隠し。 これで、今回はコールマン、スノーピーク、モンベル、ユニフレームの共演となりました さて、一応設営もひと段落。 チェアやテーブル、小道具を車から下ろして、まずはコーヒーをば。 湯沸しは先日の夢の島プチデイキャンでデビューしたコールマン・アウトランダー マイクロストーブPZ。
画像
やっぱりカセットガス使用のバーナーよりはお湯が早く沸くかな…。 Coleman(コールマン) アウトランダー マイクロストーブ PZ
Coleman(コールマン) アウトランダー マイクロストーブ PZ

しっかりした作りで火力も十分。
いつものとおり、モンベルのドリッパーにユニフレームのバネットで。
画像
チーズおかきもつけてしばし休憩。 モンベル(montbell) O.D.コンパクトドリッパー4
モンベル(montbell) O.D.コンパクトドリッパー4

これがあれば紙フィルターは不要。
ユニフレーム(UNIFLAME) コーヒーバネット大
ユニフレーム(UNIFLAME) コーヒーバネット大

コンパクトドリッパー4には大がちょうど。
ここで家族からサイトの上流方面から冷たい風が…と不満が。 ちょっとかっこ悪いですが、こんなことに。
画像
風よけとしてユニフレームのメッシュブラインドヘキサをさらに追加 実は廃盤になって、ヘキサの両側につけてスクリーン気味にも張れるようにと2枚ゲットしておきました。 そんなこんなで朝食もきちんと食べてなかったので、少し早めですが食事にしましょう。 今回は我が家オリジナルレシピのにゅうめん。
画像
うちではアジアンにゅうめんと言ってますが、ベトナムフォーとかに近いですかね。 鶏がらスープに塩と多めのコショー、ナンプラーとラー油でスープを作ります。 そこへソーメンを茹でて入れます。 トッピングはシンプルに水菜と鶏ささみの酒蒸し。 そこそこ涼しいので温かい麺がおいしいです。 食後はふたたびお茶タイム。
画像
お菓子とコーヒーで再びのんびり。 チェアでうとうとしたり…久しぶりのまったりタイムを楽しみました。 いやぁ~キャンプってホントにいいですねぇ つづく
posted by Har at 12:07Comment(0)

Myキャンプ道具 ~テント・タープ編 その2

ひょんなことから入手したテント・タープを振り返ってみています。 昨日までで、テント×5(-1)、タープ×4となりました。
画像
内訳は、 ・ホームセンター激安テント ・キャンパーズコレクション ユニエアフィールドキャンプテント5(友人T君に謙譲) ・キャンパーズコレクション ユニエアフィールドキャンプテント5EX ・KERMA ランドライト(1人~2人用テント) ・コールマン ウェザーマスターブリーズドームテント ・ホームセンター激安ヘキサタープ ・ロゴス クイックスクリーン3027プラス ・コールマン ヘキサライトタープ ・コールマン アネックススクリーンタープ 振り返ってみると、最初に買ったテント&タープもけっしてひどいものではありませんでした。 テントのグランドの質感は安っぽかったし、耐水圧についても悪天候でも安心とはいえませんが、にわか雨程度ならまったく心配もありませんでしたし、とくに結露などで苦労した覚えもありません。 でも今ではすっかり収納棚の奥に眠ってしまいました。 もちろん、家族を含めデザインや見た目を気にするようになったこともあるかもしれませんが、最大の理由は設営の微妙な手間ですかね。 これからキャンプをする人に助言できるとすれば、「微妙な手間」…これが意外に大事かと。 立ってしまえば悪天候などの特別な条件でなければ正直体感上大差をそう感じないんですが、いわゆる高いテントと安いテント、どちらも経験するとこの「微妙な手間」が感じられます。 たとえば、ドームテントを立てる際に必ず必要になるポール。 多くのテントはインナーのスリーブにポールを通して、両端にテント付属のピンを刺して固定します。 そのためにはポールをしならせる必要があるんですが、安いテントのほうがこの際に力が必要だったりします。 理由はたぶんポールの材質の問題、それとテントなどの幕体自体、それに付属する金具関係の寸法などの正確さの問題かと思います。 高いテントであれば、そのあたりがきちんと検証されていて安定しているため、必要以上に力を入れずとも作業できたりするわけです。 キャンプ場に着いて真っ先に行う設営でかく汗の量が多いか少ないか、小さなことのようでけっこう大きな問題です。 個人的には、値段の高いテントほど、悪条件などで発揮するMAX性能のほかに、こういう細かいところがしっかりしてると思います。 少し話しがそれましたね。 戻って続きのテント&タープを振り返りましょう。 次に買ったのはナチュラムのちょこっとタープ。 他の買い物のついでというのもありましたが、手持ちのテント&タープの補助用にというのが最初の目的。 結果、最近ではレガシーのサイドオーニングがわりとして大活躍です。
画像
スノーピークのポンタ風(値段はだいぶちがいますが…)の便利なタープです。 もう1枚くらいあってもいいかと思ってます。 で、テントはウェザーマスターとKERMAで決まりかと思っていたところ、その中間のテントが欲しくなってきたんですね。 ウェザーマスターはいいテントですが、サイト自体そこそこの広さが必要ですし、それなりの人数で使わないと広すぎるため、自慢の通気性のよさが仇になって寒かったりします。 またしっかりした作りの分、重量もありますし、手軽なキャンプにとなると…。 そこで候補にあがったのがスノーピークのアメニティドームSとコールマンファッドX3。 実は小川キャンパルのアルバーゴ23なんてのも候補にあがったんですが、お値段の問題で早々にランク外へ 結局このとき買ったのがアメドS。
画像
カラーは、今では見られなくなってきたグレーをチョイス。 グレー復活してほしいです。 その後、仕事先の近くにあるmont-bellショップで、そこらじゅうに出回ったらしいアウトレットのビッグタープ(ウイング)を見つけてしまい、その安さに衝動買いです でも、その姿はうっとり見とれるくらい美しく、お気に入りの一品です。
画像
フィールドに映えるグリーンもお気に入り。 有効面積はけっして広くないですが、見た目ではNo.1かも。 で、この夏、雨が続きましたから、雨対策にレクタタープもあったほうがなんてことから、思わぬ大物、コールマン ウェザーマスタースクエアタープを手にすることに。
画像
こちらはまだ1回しか出撃しておりませんが、ウェザーマスターブリーズドームテントをもすっぽり覆う大きなサイズ、力強い極太ポールと、我が家の幕体ヘビー級チャンピオンです。 フリーサイトや大きな区画サイトでないと張れないのが難ですが… さすがに今シーズンはこれで打ち止めかと思いきや、ゼビオさんの在庫処分セールの罠にハマり、春にさんざんアメドSと迷った時間を無駄にするファッドX3の購入となるわけです。 こちらはまだ未出撃ですので、写真はこれから。 長くなった前ふりでしたが、いよいよ明日張ってきま~す 新しいものを買うたび思うんですが、キャンプ道具のデビューって毎回なんでこんなに楽しいんでしょうねぇ。 デビューといっても、別にアイドルのようにテレビで全国的に発表されるわけでもないのに…単に自分で使ってみるだけなんですが。 キャンプバカにしかわかんないでしょうね~ とにかく明日は久々の出撃です。

Myキャンプ道具 ~テント・タープ編 その1

昨日、所有テントとタープの数を数えてずいぶん増えたなぁなどとあらためて道具を思い返してみたり。 で、ちょっと自分でも再確認の意味も込めて手持ちのテントとタープを再検証。 実は俺のいわゆるオートキャンプ歴はまだまだ浅く、しっかりと継続して行くようになってからまだ3年くらい。 もちろん、キャンプ歴でいうとカブスカウト~ボーイスカウトに始まり、断続的とはいえ、30年以上になるかもしれません。 が、社会人になってからというもの、バブルという世間の背景も手伝ってか、だんだんラクなアウトドアへと移行していて、いわゆるバンガロー泊のキャンプスタイルを続けていました。 しかも、ほぼ1箇所のキャンプ場のみ。 甲府近くにあるノースランドキャンパーズビレッジ
画像
今でも変わらず営業しております。 ここの幌馬車型キャビンとリビングとして付属するティピーテントに出会ってからというもの、すっかりテントから離れるキャンプスタイルが定着してしまいました。 で、ふとしたきっかけで3年ちょっと前ですかね。 久しぶりにテントでキャンプしてみたいな~みたいな たぶんそれまで乗っていたセリカGT-FOURという積載量の非常に乏しい車から、インプレッサスポーツワゴンなんつう車に乗り換えたのも、そんな気持ちの変化に影響したと思いますが。 そこで最初に買ったのがホームセンターの激安ドームテント。 たしか3,980円くらいだったような…。
画像
この時点ですでにヘキサタープも買ってましたね(サイトが狭くて張り方もかっこ悪いですが)。 もっともこのヘキサも2,980円くらいだったような…。 もちろんコールマンはじめ、その他、小川やユニフレーム、スノーピークのことも知ってはいましたが、なにぶんテント泊に久しぶりに興味を持ったため、現在のテントの状況もわからなかったですし、何度も続くかどうかまったく未知数だったもので、使い捨て覚悟での購入でした。 これを機にテント泊キャンプ熱再燃。
画像
じきにロゴスのクイックスクリーン3027プラスが安売りされてるのを見つけて買ってましたね。 たしか9,000円だったと思います。 その数ヶ月後にはテントが変わりました。
画像
キャンパーズコレクションのユニエアフィールドキャンプテント5です。 前室でリビングを兼ねる小川のティエラみたいなテントが欲しくて、お金がなかったのでこのテントで我慢しました。 その数ヶ月後にはソロキャンプ用に小さいテント、KERMAを購入。
画像
これも安売り、通常価格の1万円引きくらいだったかなぁ。 このころから積載量増加のためもあり、車も今のレガシーになりましたね。 その後、ひょんなことからユニエアフィールドテント5の改良版EX5をただで入手しまして、のちに旧型は友達のT君家にお嫁に行きます。
画像
このあと、いよいよテント泊キャンプも本腰入ってきたな~ってことで、いよいよテントのコストもランクアップいたします。 といっても、ナチュラムのセールにのっかって格安でしたが、ウェザーマスターの登場となるわけです。
画像
そして幕体へのお金のかけ方が変わりましたので、タープも急増。 まずはコールマンのヘキサライト。
画像
続いて幕張の某ショップで15,000円とバカ安になってたコールマンアネックススクリーンタープを。
画像
ウェザーマスターとの連結ができるところも購入のきっかけ。 ここまででテント×5(-1)、タープ×4。 いや~われながら一気に増えましたね 長くなったので続きは明日?!
posted by Har at 21:45Comment(0)

妄想落書き…

今日もまだまだ忙しい1日でした。 スケジュールが押してしまって、クライアントには迷惑をかけてる作業もあり、のんびりしてる場合じゃないのに、某企業で色々緊急事態がありまして、Webサイトでグループ企業一斉の公式発表を掲載しなきゃいけないものなど割り込み作業も舞い込んでてんてこまいが続いております。 しかし、昨日も書いたように是が非でも週末はフィールドへ。 もう禁断症状出ていて、仕事の効率も上がりません。 そんなこんなで昨日うっかり書いていた、タープ×1にテント×2のサイト。 やはり家族も、週末キャンプするなら行きたいと言っておりまして、実現しそうです。 ファッドX3を張るのは必須ですから、さすがにそこに3人はきついのかな、と。 アメドSに3人で寝たこともありますが、ファッドX3のほうが高さもありませんしね。 となると、俺は念願のファッドX3で家族にはアメドSに寝てもらいましょう。 幕体の数を制限されないキャンプ場でお安くてのんびりできそうなとこ…おなじみの朝霧ジャンボリーは今週末はイベントでNG。 となればやはり手っ取り早いのは道志の森ですかね。 他にもアテはあるんですけど、考えるのも面倒です で、昼にパンをかじりながら思いをめぐらせて…Photoshopでちょっと落書きしてみたり。
画像
パースもなにもひどい合成ですが、こんなサイトもいいかな~なんて もはや妄想もここまでくると危ないですか? でも、ファッドX3とアメドSの相棒はやっぱりmont-bellのウイングかな~とついついイメージを見たくて。 ウェザーマスターのスクエアタープも考えましたが、広々していいでしょうけど設営が大変すぎ。 テントとタープでペグ40本くらい打たなきゃいけなくなります。 Coleman(コールマン) ウェザーマスタースクエアタープ
Coleman(コールマン) ウェザーマスタースクエアタープ

我が家のタープで有効面積がいちばん大きい。でも重さもいちばん
コールマンのヘキサライトで小川張りってのもありですが、アメドSは蚊帳の外って感じになりますしね。 ちなみにこれはKermaの小川張り。
画像
昨年12月のホウリーウッズでのキャンプより。 Coleman(コールマン) ヘキサライトタープ
Coleman(コールマン) ヘキサライトタープ

ファッドX3とのカラーリングもいいんですけどね。収納も小さくなって、延長テープでポールの位置調整がきくのも◎
mont-bellのウイングなら寄り添った感じにもできそうだし、なにより設営の手間が軽減されます。 今回はこれで決まりかな しかし我ながらずいぶんとバリエーションが楽しめるほど幕体が増えましたなぁ。 現在所有のテント&タープ、バカ安ものも含めるとテント×6、タープ×7(内スクリーン×2)となりました。 これでもテント1つは友達のところにお嫁に出してるんですけどね。 ま、当日までにまた変わるかもしれませんが、こんなん考えてるときからキャンプは楽しめますね~。 今週もあと2日、がんばるぞー!
posted by Har at 21:49Comment(0)

昨日の真相

昨日、食料や日用品など日常の買い物へ行きました。
画像
車で少し行ったスーパーやホームセンター、その他専門店などが集まった、いわゆるショッピングセンターですね。 で、まぁ駐車場に車を止めて、そこから店内に入って、あ、そういえばここにはゼビオがあったんだ~と。 買い物に出るまでは何にも考えてなかったんですが、ま、それはキャンプバカですから、一応、見回りも兼ねて寄っておかないと。 現物が置いてあれば見てみたいな~なんてものもあったもんで。 で、売り場を覗いてみると…コールマン最終売尽の文字が。 ジャスコ同様、ゼビオでもこれからの季節、ファミリーキャンパーの需要が減るため、売り場改変なんですねぇ。 なんかいいものあるかな~と小物を考えて見て回ると、どうも小物はすでにハケている模様。 目につくのはBCキャノピーとかバックヤードシェードなんかの大物ですね~。 こりゃ俺には関係なさそうか…なんて思ったそのとき、足元に以前、迷いに迷ったあのブツが! スノーピーク・アメニティドームSを買うとき、最後の最後まで迷いに迷ったあれです。 そう、緑と黒の憎いやつファッドX3。
画像
こいつがほとんど半額…コールマン・ツーリングテントSTと同じような値段で売られてました。 他のテントはいくつもありましたが、ファッドX3は2つだけ。 正直、かなり悩みましたが、あれほど欲しかったテントがこの値段。 やはり抑えキレませんでした このあとの家の買い物分くらいしか手持ちがなかったのでカードでいっちゃいました。 Coleman(コールマン) ファッドX3
Coleman(コールマン) ファッドX3

正直ナチュラムの値段を見ると考えられない値段でゲットできて超ラッキー!前に買わなくてよかった~。
今年は大物は買わないように決意したはずなのに、先日のスクエアタープといい、ファッドX3といい、思うようにはいきません。 …ただ我慢が足りないだけか とはいえ、買ってしまったものはしょうがない とにかくデビューが待ち遠しいです。
posted by Har at 12:31Comment(0)

な~にぃぃぃ、やっちまったなぁ~!

すいません、恐ろしくて今日のところは詳しくは書けません
画像
最終処分とか売り尽くしとか、季節の切り替え時期は怖いっす…
posted by Har at 13:43Comment(0)

200スキで朝食を… ~赤城山オートキャンプ場 その3

朝、5時すぎに目が覚めました。 キャンプではなぜか早起きが苦になりません 日曜の朝はいい天気です。
画像
実は夜中、たしか2時ごろですが、ものすごい大雨になりました。 テントをたたく雨の音で目が覚めるほど もっともサイトの上には木も繁ってましたから、そこから落ちるしずくは直接の雨粒よりも大きくなることもありますので、そのせいで音が大きかった可能性もありますが。 どちらにしてもちょっと浸水など心配されるほどの雨量でした。 通路にもこんな水たまりがちらほら…。
画像
一応、夜中にもインナーから顔を出してアメドSの前室を確認しましたが、サイトの地面は土+砂利といった感じで、硬くて寝心地がいまいちのかわりに、水はけはかなりよかったようで、特に被害はありませんでした。 木の葉にまみれ、ずぶ濡れになったアメドSの勇姿です。
画像
SPロゴもこのとおり。
画像
でもしっかり撥水してますね。 ちなみにSPテントはともかく、ちょこっとタープもよく雨をはじいてましたよ。
画像
価格を考えたらこちらのほうが大健闘ですかね ナチュラム ちょこっとタープ
ナチュラム ちょこっとタープ

車に1枚置いておくとなにかと便利。
さてキャンプの朝の最初のお仕事といえばこれ、コーヒーです
画像
お気に入りのモンベル・コンパクトドリッパーをユニのコーヒーバネットに入れて… ビールもいいですが、朝のコーヒータイムが一番キャンプっぽいですね~。 モンベル(montbell) O.D.コンパクトドリッパー4
モンベル(montbell) O.D.コンパクトドリッパー4

紙フィルターはゴミになりますが、こちらは洗って何度でも使えてエコかと…。
ユニフレーム(UNIFLAME) コーヒーバネット大
ユニフレーム(UNIFLAME) コーヒーバネット大

コンパクトドリッパー単体だとドリップするとき頼りないので、こちらを組み合わせるとラクです。
その間にMeltecのポータブル電源SG-1000とインバータで携帯を充電中
画像
赤城山は携帯電波も届きますが(少なくともauは)、やはり入りづらいようでバッテリーの減りが少々早い感じです。 1泊で充電というのは珍しいんですが…。 ま、今日は寄り道もしないで帰るつもりですから、テントも乾かさなきゃならないしのんびりしましょ~。
画像
雲も出てきましたが、少なくとも午前中は雨の心配はない予報ですし。
画像
まわりのサイトも少しずつ活動を始めたようです。
画像
うちもそろそろ朝食の準備にかかりましょうか。 今回は久々に100スキあらため200スキを使います。 ※100スキとは100均で売られていた小型スキレット(鋳鉄フライパン)のこと。値上がりして200円に… といっても昨晩の残りものアレンジメニューですが 200スキに油を引いてスモークチキンのスライスを敷き詰めます。 その上にピーマン、トマト、チーズをのせて、火にかけてもうひとつの200スキで蓋をします。
画像
蓋しただけではオーブン効果が弱いので、上火を、普段は焚き火や炭の火熾しに使っているトーチで代用。
画像
で、ころあいをみてできあがり~
画像
これまた残りもののサラダといっしょに。 トマトジュースもいただきます。
画像
あとはユニのマルチロースターでお手製の厚切り食パンを焼いていただきま~す
画像
残りものですが、なんだかけっこう優雅な朝食になりました。 ユニフレーム(UNIFLAME) fanマルチロースター
ユニフレーム(UNIFLAME) fanマルチロースター

我が家ではパン焼き専用になってますが、お餅ほか色々焼けるみたいです。
お腹も膨れてのんびりだらだら撤収開始。 とはいえ、今回は大物はアメドSくらい。 たいした時間もかからず11時ごろには完了。 ほどなくキャンプ場をあとにして、とりあえず行きがけに見かけたけど時間がなくて寄れなかった道の駅へ。 ぐりーんふらわー牧場・大胡という、いわゆる観光牧場です。 牧場自体はお子さんでもいないと楽しめるようなとこではないようでしたが、となりにある農産物直売所の「さんぽ道」では新鮮な野菜が安く購入できてなかなかいいです。 ここでは野菜のほか、道中、車の中で昼食がわりにつまもうと食料を買って、そそくさと関越道赤城ICへ。 2週続きなのと、ちょっと帰ってから用もありましたので、今回は早めに引き上げます。 途中、上里SAで休憩しましたが、いたって順調に帰宅。15時ごろにはマンションに着きました。 このころは天気もよく、もう1泊しとけば…なんて思いましたが、また次回もありますからね 今回は三連休ということもあって、街中とかわりないほどの賑わいで、キャンプ場の散策もあまりしませんでした。 今度は少し空いてる時期にもう一度、このキャンプ場に行ってみたいと思います。 キャンプ場についてはそのときにまた。 でも、楽しい時間は過ごせました。
posted by Har at 12:10Comment(0)

予報に反していい感じ(^-^) ~赤倉の森オートキャンプ場 その1

9/6~7で長野県・赤倉の森オートキャンプ場に行ってきました。 長野県でも比較的南側で東京よりともいえますが、いかんせん距離がありますので、出発は夜中の1時すぎ。 赤倉の森オートキャンプ場は、夏休み、GW、連休以外は10時イン、15時アウトだそうで、早く着いても入れますし、寄り道も考えての早めの出発です。 ETC深夜割引もありですが、とりあえず一般道で走ってみます。 ルートとしては山梨を抜ける中央道・国道20号ルートと、群馬から長野に入る関越道・国道254号ルートが考えられるかと。 今回、行きは後者を選択。 都心を抜け、R254へ。 しかし雨こそ降ってないものの微妙な天候で、道路のペースも上がらず、少し高速を使うことに。 所沢ICから関越道に入り、花園ICまで。 花園ICを下りて道の駅花園で休憩。 再びR254に入ってひた走ります。 群馬に入ると霧が出て、雨ではないのですがフロントガラスが濡れるほど。 下仁田まではR254を走りましたが、霧も濃くなってきたので山間部を越えるのに再び高速へ。 下仁田ICから上信越道に入り佐久ICまで行きます。 疲れたので横河SAで少し長めの休憩。 というのも、ちょっとした思いつきもありまして。 ま、詳細はのちほど で、無事佐久ICに8時前に到着。 妙義~碓氷峠あたりの山間部を抜けて長野に入ってから天気よくなってきました。
画像
雲もありますが青空が。 いい感じです 佐久ICからは西に向かって走り、キャンプ場へ行く前に寄り道、道の駅マルメロの駅ながとへ。 ここの物産などで食料を少々。 この道の駅はいくつかのお店が集まってできています。 けっこういろんなとこ行きましたが、道の駅に普通の電気屋さんが入ってるのを見たのは初めて で、買い物が終わって9時40分。 夜通し走った疲れを癒すため、朝から立ち寄り温泉です
画像
マルメロの駅ながとには立ち寄り温泉もあります。 しかも、内風呂、露天風呂、サウナ、ジェットバスなどもあって時間制限なしの500円とお得かと。 開店まではちょっと早いのですが、中で待ってていいとのことで、10時までソファーに座って休憩です。 すっかり温泉を堪能して、さてキャンプ場へ行こうか…と思ったのですが、コンビニを明け方につまんだくらいだったので、家族全員空腹状態 キャンプ場で昼食と思っていたのですが、急遽、早めの昼食タ~イム。 やすらぎの湯内の休憩施設でエビフライカレーなどをいただきました (空腹のため写真忘れました) 気を取り直してキャンプ場へ。 なんのことはない、道の駅から30分もかかりませんでした。 早速、管理棟でチェックイン。 ホームページの割引券を使ってサイト料(電源なし)、管理費すべて込みで3,980円。 イン/アウトの時間を考えるとなかなかお安いですね。 サイトは空いてるところを見て選んでいいとのことなので場内を見てまわります。 管理棟に近い下のほうは子連れファミリー層が数組すでに入っていましたので、大人だけの我が家は少し上のほうの「かっこう」サイト2番へ。 一応、見えたら星空も見たかったので、炊事棟、トイレも近く、白樺林の明るめのサイトエリアです。 結局、このあとも、うちより上のサイトにはどなたも来ませんでしたので、事実上、貸切状態でした。 ラッキー 薄めの雲は多少出ますが、あいかわらず天気は良好。 気温もそこそこ上がって、とても事前の予報が雨とは思えません。
画像
やはり白樺の森林はきれいですね。 余談ですが、白樺は森の開拓者だそうで、地域にもよりますが森林ができるとき、まず白樺が成長して土壌を肥やします。 でも白樺は日光を多く必要とする樹木なので、適当な空間があいていないと成長できません。 白樺の枝に止まった鳥や虫たちが他の樹木の種子をまいて、他の樹木で森が茂って日当たりが悪くなると白樺は朽ち果てて、他の樹木や土壌の肥料になってしまうらしいのです。 なんだかかわいそうな気もしますが、自然のしくみはよくできています。 ですから白樺があるということは森の中も明るいんですね。 話がそれましたが、とにかく設営開始です。 現状いいお天気ですが、一応、予報ではけっこうな雨らしいので、予定どおりタープとテントの二重張りでいきます。 まずは今回デビューのウェザーマスタースクエアタープ。
画像
いや~スペックではわかっていましたが、実際に広げてみるとデカイですね かっこう2番サイトギリギリです。 Coleman(コールマン) ウェザーマスタースクエアタープ
Coleman(コールマン) ウェザーマスタースクエアタープ

さすがにコールマン最高峰とうたわれたシリーズ。ものは確かです。色もいいですよ。
赤倉の森のサイトはけっして狭くはないですが、自然の地形を活かしたサイトになってますので、サイトによっては工夫がいるかもしれません。 今回は空いていてサイトを選べましたので、比較的四角くて形の整ったサイトにしました。 で、この下にテントを。
画像
結局、ウェザーマスターでそろえました。 やっぱおそろいの色もいいです~ 本来なら広々したサイトでかぶせるのは半分くらいにして、あとはリビングスペースにしたいところですが、今回はあくまで雨対策なので思い切ってすっぽり入れてみました(もっともこのサイトではこれ以上スペース使えませんが…)。 ウェザーマスターブリーズドームテントがすっぽり入りました。 せっかく朝から温泉に入ったのに、設営が済んだらひと汗かきました。 ここはシャワーで軽く汗を流そうかと。 シャワー棟は場内中央付近にあります。
画像
シャワーは有料(200円で5分?)です。
画像
3室ありましたので、家族全員で一気に汗を流しました。 さてシャワーのあとはお疲れビールです(発泡酒ですが…)。
画像
柿の種をおつまみに一気飲み~ 予想を上回る気温に、今回出番がないと思っていたこいつもフル回転です。
画像
でも林を抜ける風が気持ちよくて、お酒の力もあり、リラックスチェアですやすや…
画像
いつのまにか頭上にはトンボさんもお休みに来てます。 寝不足でしたから、思い切って1時間ほどシュラフにもぐって昼寝しちゃいました。 つづく
posted by Har at 13:08Comment(0)

あれれ~???

今週末の長野、やっぱりまたまたレインキャンプのもようで… 昨日も書いたとおり、こりゃだるま山に続き雨対策だなぁって。 撤収時に降られると厄介なんでやっぱレクタとの二重張りかなと。 本日、買い物に出たついでにキャンプ道具も見てまいりました。 ロゴス(LOGOS) ファミリー レクタングラータープ3034FR-G(難燃加工)
ロゴス(LOGOS) ファミリー レクタングラータープ3034FR-G(難燃加工)

こんなんとか売ってました。いささかサイズが小さいかなぁ…。
Coleman(コールマン) スクエアタープDX
Coleman(コールマン) スクエアタープDX

こいつもありました。サイズはなかなか、でも2万超えちゃいますねぇ。
で、スーパースポーツゼビオも寄りました。 ウールリッチのスクエアタープM、これはお安いです。 サイズは500×350×h254cmとまぁまぁ、耐水圧1,200は雨用としては微妙なんですかね? でも普通に使うには十分でしょう。 しばし、売り場で買うかどうか迷ってみたり… で、こんなことになりました
画像
あれれ~??? 経緯はこうです。 1万円を切るウールリッチのスクエアタープ、アメドSにかぶせるにしても微妙なサイズではありましたが、今週末の雨は避けられそうもなかったですし、だるま山の二の舞もごめんだったので、値段を考えてもこれかなと決めかけていたのですが…。 ここ1年でかなりキャンプに目覚めた母がひとこと。 母:「お金は出してあげるから、ウェザーマスター買おう!」 俺:「え???」 母:「だからお金は出すから、見た目もいいし、この先も使えそうなウェザーマスターのスクエアタープにしようっていうの」 以前からあるのは知ってましたが、一応母のへそくりで、俺自身考えてもいなかったウェザーマスターのスクエアタープを買おうというのです。 どうもだるま山の雨撤収は彼女にもいい思い出ではなかったのでしょう。 そして、我が家のウェザーマスターのテント、これを一番気に入ってるのは誰より母ですから、タープも同じカラーのウェザーマスターがいいと思ったようです。 もっとも、今回の雨対策として考えたらこれ以上の適任タープはないとも言えますが 耐水圧も3,000、サイズは500×440×h250cmと申し分ありません。 ここは素直にお言葉に甘えてしまいました。 というわけで、今週末はウェザーマスターのスクエアタープ初張りです。 みすみす雨デビューっぽいですが、ウェザーマスターという名に恥じないデビューになるかと こうなるとテントもウェザーマスターでいきたくなりますねぇ。 でも色々な手間考えると少しでも小さいほうがラクかな…長野あたりはけっこう涼しくなってきてるんで、小さいテントでくっついて寝ても暑くないかな? あらたな悩みができました。 長野キャンプはすでに始まっております P.S.ちなみに本日より絵文字を使ってみました。今日のはdocomo
posted by Har at 20:21Comment(0)

勝利?敗北?

今週はずっと天気よくないようですね。 さすがのウェザーマスターも大雨撤収でしたのでしっとりしております。 しかし、最後まですばらしく撥水しておりました。 テント内も過ごしやすく、さすがと言わざるをえません。 健闘をたたえて、晴れてくれればバルコニーで早々に乾燥させるんですが…。
画像
ほっておくわけにもいかないので、広げられませんがとりあえず浴室乾燥機で仮乾燥中です。 本日は仕事もたてこんでおりますので、キャンプのご報告はまた後日…あしからずm(__)m
posted by Har at 20:02Comment(0)

サマーパーティ開催?! ~キャンプ場INBA その1

8/9~10で千葉県・印旛村のキャンプ場INBAに行ってきました。 このキャンプ場、今年7月19日オープン、営業開始から1ヶ月もたってないできたてホヤホヤの新しいキャンプ場です。 たまたまネットでホームページを見つけて予約となったのですが、ちょっとひとエピソードありまして…。 というのは、ホームページ上に掲載されていた予約電話番号ですが、電話をしたところ間違えておりました(^^; しかも、かけると「この電話は現在使われておりません…」ではなくて、電話料金滞納で流れる「この電話はお客様のご都合でご利用になれません…」のほうでして、ここの予約システムとしては料金事前振込みなので、電話してこれが流れるとちょっと不安になったりで…。 結局、ホームページのキャンプ場電話番号のほうにかけてみたところ、予約番号として掲載していた箇所だけ間違えていたことが判明。 オーナーとお話したところ大丈夫そうなので予約をお願いして、料金も振り込みました。 ※ちなみに現在は予約電話番号も修正されています。 9日の朝は前回に続き仕事が一件ありまして、しかも今回は長引いてしまい、予定を1時間以上ずれて出発が10時半すぎになりました。 ただ、いかんせん今回は都内から平均1時間強という近場なので、当初予定してた寄り道をキャンセルして、一般道で高速代節約を考えておりましたが、奮発して高速利用でリカバー。 何を隠そう、キャンプ場近くの佐倉ICを降りた時点で12時前。 そのまままっすぐ向かったのではインの13時には早いくらいでした。 時間調整も兼ねて途中のスーパータイヨーで買い物をして…
画像
ちなみにこのスーパーなかなかお安いです。 特売していたものもあるかもしれませんが、我が家はわりと安めのスーパーをまめに回るほうだと思いますが、それでも「これ安いね…あれも…」なんてキャンプではなく普段の生活の食材を買いそうな勢いでした。 そんなこんなで、キャンプ場到着はなんとぴったり13時! いやぁ1分たりとも楽しいキャンプタイムは無駄にできません(^-^) 管理棟前に来ると、お電話でお話したオーナーがお出迎え。 料金はすでに払ってありますので、ノートに住所や氏名を記帳して簡単な説明をうかがいます。 今日は全部で5組になる予定とのことで、世間のキャンプ場は繁忙期まっさかりだというのに、全部で45サイトもありますので2サイトくらい使っちゃっていいですよ~とうれしいお言葉。 オープンすぐでまだまだ宣伝もしきれていないようでしたが、逆にこちらはこの時期、こんな贅沢な話はありがたいばかりです。 場内奥のほうが木陰ができやすいと聞いて、そちらのほうで好きなサイトを選ぶことにしました。 で、ざっと設営した今回のサイト。
画像
Coleman(コールマン) アネックススクリーンタープ
Coleman(コールマン) アネックススクリーンタープ

夏場は我が家のテントがわりになってます。
杉(?)の大木を背にサイトをかまえてみました。
画像
スクリーンから見た正面はこんな風景。
画像
正面の果て、地球の果てはどうなっているんでしょう?(・_・?) 実はこのキャンプ場、周囲より一段上がった高台のような形状になっているんですね。
画像
いずれにしてもキャンプ場内から周辺の民家などは目に入らないので、非常に静かでのんびりできます。 都心から1時間ちょっととは思えないなかなかいい環境ではないかと。 夏らしくひまわりも…。
画像
設営も済みましたので、遅めのお昼を兼ねて、早速、宴会昼の部開始です。 食事はスーパータイヨーでたんまり購入済み~3人で食べるとは思えない量でサマーパーティ(?)の開催です。
画像
ちなみに奥のドーナツだけは湾岸幕張パーキングで売ってるもので、前々からちょっと気になってたんですが、パーキングで売ってるドーナツって?と買い損ねていたものです。 もちもちしてて意外とイケますd(゚-^*) すっかり飲みのほうにも拍車がかかって…さらに1本。
画像
今回は発泡酒系など最近色々登場してるビールもどきを試飲してみようかと。 しかし、暑い夏にキャンプで飲むと、どれも同じくらいおいしくて(^_^; 暑いながらもときおり印旛沼方面からの涼しい風が吹き、ひたすらまったりした時間が流れます。
画像
飛行機の音が遠くに響いてきても…
画像
流れるのはゆったりした時と静かな風と…
画像
当然気持ちよくなって誰でもこうなります(^-^)
画像
小川のリラックスアームチェアは眠りを誘う魔法(呪い?)の椅子です(^^; 小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) リラックスアームチェア
小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) リラックスアームチェア

このキャンプ前に追加購入して我が家ではリラックスアームひとり1脚です。
スクリーンタープのみの簡単夏キャン仕様なので13時インでも時間はたっぷり。 まだまだ楽しい時間は続きます…。 つづく
posted by Har at 19:32Comment(0)

避暑地でキャンプ ~浅間高原 くるみの森キャンプ場 その1

東京に戻って、やっぱり軽井沢は涼しかったんだ~と実感(^^; 8月2日~3日に1泊で北軽井沢でキャンプしてきました。 朝一に仕事を1件片付けてマンションを出たのが9時半ごろ。 練馬ICまで一般道を使って関越道で松井田妙義ICを降りたのが12時20分ころだったかな。 途中、完全に止まるでもないものの渋滞もあったりで、通常よりは若干時間がかかりました。 釜飯を買うため横川でおぎのやに寄り、その後、碓氷峠を抜けて軽井沢駅~中軽井沢駅と通って、北軽井沢方面へ。 キャンプ場に着いたのは14時になったころでした。 若干遅めではありますが、一応、ここまでは当初の予定どおりです。 今回行ったのは浅間高原 くるみの森キャンプ場。
画像
今回は区画サイトのキャンプ場です。 サイトの予約状況は30%くらいだったでしょうか。 空いているサイトから選んでいいとのことで場内を少々物色。 炊事棟、トイレなどにより近いほうからうまっていたようで、誰も入っていないCサイトエリアを見て、C2サイトに決めました。 お昼には遅い時間でしたが、まだ昼食、峠の釜飯を食べていなかったので、設営前にコールマンの起毛シートを敷いてテーブルを出し、まずは腹ごしらえ。 空腹のため、写真も撮り忘れました(^^; で、早速設営。 今回のサイトはこんな感じ。
画像
上の写真奥側が西になりますので、西日対策でヘキサを奥で片落とし、ウェザーマスターも奥へ向けて張りました。 サイトの奥行きが短めで横長な感じのサイトだったので、ヘキサとテントはやや斜に。
画像
少なくともCサイトは前室にスペースのあるテントで正面にタープを接続したいなら横向けないとダメですかね。 リビングは予定どおり、コールマン起毛シートにvisionpeakのコット。
画像
このセットはことのほかラクでした。
画像
靴が脱げると何しろラクですし、足をコットから下ろしても、コットの上で胡坐かくことも、ちょっと疲れたら横になることもできますから。 寒い時期以外は定番になるかもです。 来るまでの道中は曇りの時間帯も多く、それほど快晴という状況でもなかったのですが、チェックイン後はなかなかの天気でした。
画像
とはいえ、さすが避暑地で名高い軽井沢、この時は、朝霧では簡単に突破した30℃には届いていなかったようです。 早速、コットにゴロりん~最近定番のコット目線写真を1枚。
画像
あ、ちなみにこのキャンプ場、ゴミは置いてくることも可能ですが、チェックインの際に指定の袋を買う必要があります。 で、我が家はというと…ゴミの持ち帰りについてはわりと毎度のことなのでケチって買いませんでした(^^) ということで、初紹介。 中国の遊園地ばり、バッタものとも言いきれないお粗末な模倣具合の我が家の偽ガビングスタンド(^_^;
画像
冗談はさておき、なんのことはない、スポーツオーソリティのポップアップバケツ(?)をスタンドに無理矢理通したものです。 でもちゃんと蓋もできるので、そうそう小動物に荒される心配もありませんし、我が家の1泊くらいのゴミなら帰りにはつぶして持ち帰れます。 SPのガビスタはいいものなんでしょうが、さすがに1万円近くは…(^^; さて、今回は到着が14時すぎでしたので、なんだかんだでそろそろ夕飯の準備を。 とはいえ、動き出す前に水分補給…
画像
暑い夏ですからね、ビールはかかせません! 今回はサッポロ黒ラベル。 久しぶりに飲みましたがさすがに昔からあるビールは安定しております。 さて食前酒もいただきまして、早速調理に…残念ながら本日はここまで(^-^; つづく
posted by Har at 21:06Comment(0)

夏キャン装備を用意しなきゃ!

いやいやうかつでした。 今週末キャンプに…なんて適当に考えてましたが、今回行くつもりのキャンプ地ももう本格的な夏でしたね(^^; やはり夏の装備にしないと。 具体的には「暑さ」と「虫」対策ですね。 俺自身はあまり虫のほうは気にしないんですが、あそこは以前に虫で痛い思いもしてるんで、一応できるかぎりの対策は施そうかと。 で、今回の装備として、開放感は捨てて、虫をシャットアウトできるアネックススクリーンタープでいこうかと。 Coleman(コールマン) アネックススクリーンタープ
Coleman(コールマン) アネックススクリーンタープ

我が家ではウェザーマスターブリーズドームとの連結で寒い時期に大活躍。
いやリビングとしてだけでなく、思い切ってこいつひとつで。 夜もこれだけです。 中に先日道志の森でも活躍したバートのコットをチェア兼寝床として3人分コの字に置いて、真ん中にテーブルで夜になったらそのままおやすみなさ~いってな感じ。 いや、夏場のサイトとしてはけっこう当たり前なんですが、実はこれまでホントに暑い時期は混雑するのであまりキャンプしてなかったんです。 若干時期をずらしたり、暑さをモロに受けない環境(高原などの場所やキャビンなどの設備)をチョイスしていたもので。 夏休み~ってな時期にまっこうからキャンプはかなり久しぶりです(^^; 一応予備にアメニティドームSも積んでいきますけど。 ---------------------------------------------- ちなみにアメドSって今期はもう売らないんですかね? もしかして生産中止? SPのホームページでも「今期終了」になってます。 とりあえず早めに手を出しておいてよかった。 特にSPのグレーはなくなっていってますし…。 ---------------------------------------------- ウェザーマスターはテントとしては涼しくていいんですが、1泊でスクリーンもテントも設営するのがおっくうで…(^-^; 虫対策を考えなければウェザーマスターにヘキサライトかmontbellビッグタープなんですが。 とりあえず週末もけっこう暑そうなので、ぜひともテントレス・キャンプでいってみようと思います。 あ、それと虫対策にタブキャンドルなんかも補充しないとね。 ロゴス(LOGOS) 防虫タブキャンドル
ロゴス(LOGOS) 防虫タブキャンドル

とりあえずこんなん使ってますけど。
ロゴス(LOGOS) 防虫ランプオイル500ml
ロゴス(LOGOS) 防虫ランプオイル500ml

オイルランタンがあればこんなのもいいのかな?
もちろん防虫スプレーや刺されたあとのかゆみ止めも必須ですが…。
posted by Har at 21:58Comment(0)

トンガリ…

本日、15日はガルヴィの発売日。
画像
で、その際、本屋へ行って見つけたCamp Style02号(^-^) この中の気になる記事が「トンガリテント大特集!」。 モノポールを代表するトンガリテント、ファミリーキャンプ向きではないけど、ソロ用とかファミキャンのサブや荷物室としても使えるかも。 で、なぜかその形状の美しさに惹かれるんだよな~。 ま、わざわざ買うほど今は経済力もないんですが…(^^; モノポールとしては、マウンテンハードウェアのキバライトとか、ゴーライトのシャングリラ3なんてのは興味あるかなぁ。とはいえ、スノーピークのペンタにペンタイーズの組み合わせが、ファミキャンでのいろんな用途にも使えそうで現実的かもしれないな。 スノーピーク(snow peak) ライトタープ ペンタ シールド
スノーピーク(snow peak) ライトタープ ペンタ シールド

スノーピーク(snow peak) ペンタイーズ
スノーピーク(snow peak) ペンタイーズ

ナチュラムでは現在このあたりしか取り扱われておりません。
テントとしてではなくタープ、リビングとしてのスペースにゴーライトのシャングリラ8+なんてのはものすごく欲しいんですが(^_^; 今年の1月以来ソロはしてませんが、たまにはソロも行きたいな~。 今週末はとりあえず家族で1泊は行けそうですが…。
posted by Har at 22:37Comment(0)