あれ、これも?

桜も咲きはじめ、春の訪れを感じる季節になりました。 とはいえ、フィールドではまだまだ夜は冷える時期。 キャンプの夜は、やはり焚き火が恋しいですよね。
画像
写真は数年前に行った千葉県オレンジ村での夜です。 オレンジ村では薪が無料で使い放題ですから、焚き火を堪能したのを覚えております このキャンプの必須儀式、焚き火に使う道具はみなさん色々吟味していることと思います。 スノーピーク、コールマン、ロゴスなどなど、各社が工夫をこらした製品をとりそろえていますね。 でも、Harが思う焚き火の基本は直火かと。 昔はキャンプ場で石を積んだカマドを作って鍋や飯盒を使っての調理が当たり前だったもんで、地面に薪を組んで燃やす炎こそキャンプのイメージなんです。 ただ、最近ではマナーの問題や自然への影響のため、直火禁止のキャンプ場が多くなりました。 そこでオートキャンプを始めた当初から愛用しているのが、ユニフレームのファイアスタンドⅡです。 ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2

交差した4本のパイプの先に金属メッシュを張っただけの簡単な焚き火台です。収納もかさばらず燃焼効率も抜群の優れものです。
さらに、もう1枚。
画像
これもファイアスタンドⅡを使って朝霧ジャンボリーで焚き火したときの写真です。 暗闇にうっすらメッシュが見えていますが、直火に近い雰囲気だと思いませんか? たいていの焚き火台が逆三角形のような形状の中で薪を燃やすのにたいして、メッシュを使って地面を底上げしたように薪を燃やすため、高さが上がっただけで地面に薪を組んだような状態で燃焼して、さらに下方からの空気の取り入れもよく燃焼効率がいいんです。 おまけにザックにでも収納できるコンパクトさですから言うことなし。 Harが使ったかぎり地面へのダメージもありませんし、心配なら下に不燃性のシートや板などを敷いておけば安心でしょう。 言うことなしとベタ褒めですが、ひとつだけ調理に使うにはトライポッドとか鍋を吊り下げたり支えたりする道具もいりますから注意ください。 なにせ軽いので、そのままクッカーをのせるほどの強度はないかと。 で、なんで突然これを取り上げたかというと、上にナチュラムのリンクを貼りましたが、この製品、Harの記憶だと少し前にカタログ落ちしていたはずではなかったかと。 当時、交換用のメッシュパーツだけでも予備に入手しておこうかな~なんて考えてたくらいですから。 ところが上のとおり、しっかりまた販売されております メッシュパーツのほうは入荷待ちになっておりますが、いっそもうひとつ買っておこうかと思っちゃいました。 Harの知らないうちに普通に販売されてたんでしょうかね。 先日のアメS旧カラーといい、名品が復活しているナチュラムさん。 何かあったんですかね? 震災をきっかけに見つかった在庫があったとか? 少々謎ですが、消費者にはありがたいことかな。

ついに芽が出た?

先週植えた小松菜、土の隙間に小さな芽が見えてきたようです。 近づいて特定の角度からよ~く見ないとわからない程度なので、すいませんが写真はありません。 本来なら小松菜は3~4日で発芽するようなのですが、種をまいた途端に急に冷え込んだせいか遅れておりまして、失敗したかな?と心配していました。 若干、水やりも足りてなかったかなと少々たっぷりめにあげたりもしてたのですが、今日、よ~く見たら土の隙間から青い色が見えておりました。 まだ芽が出たといえるほどのものじゃありませんが、たぶん明日にははっきり確認できるのではないかと いや~けっこう楽しいもんです もちろん育てばおいしくいただこうと始めたのですが、なんだか情がうつりそうで今から心配です ちゃんとわかりやすく芽が出たら写真ものせますね。 ところでこの週末、こんなものを購入しました。
画像
キャンパーズコレクションの折りたたみ式焼き網です。 サイズぴったりとはいきませんが、手持ちのロゴス・ピラミッドグリルL2用にならないかと。
画像
付属の焼き網はこのとおり正方形ですので、今回の網がちょうどということはありません。 が、サイズについてはBBQ用に使うくらいなので上にのってくれれば問題ありません。 問題なのは2つに折れることです。 ピラミッドグリルL2の問題はその大きさです。 組み立て時の大きさ・強さゆえダッチ料理にも使えますが、かわりに収納時もなかなかのサイズで、ここしばらく我が家のキャンプでは控え選手にまわっておりました。 ただ、この収納時にも一番大きいのが焼き網でして、これが小さくできれば若干小型化できるかと。 まだちゃんと収納バッグにおさめておりませんが、多少なりとも高さを軽減できるかな。 事実、今年からの現行製品L・XL(旧L2?)は折りたたみ式の焼き網を採用して収納時のサイズをぐっと小さくしてマイナーチェンジしましたし。 今度の大子では焚き火もありかと思い、人数も多いので久しぶりにピラミッドグリルL2の出動を考えております。 さて、無事にフィールド復帰できますか…。
posted by Har at 23:20Comment(0)

テーマはシンプル・キャンプ?! ~内浦山県民の森 その2

今回デビューのテント、スノーピークのアメニティードームS。 天気もいいので潔くタープなしにしたので、こんな感じにキャノピーを張り出します。
画像
ちなみにキャノピー用のポールもロープも付属しませんので、今回はロゴスのプッシュアップポールとこれまたロゴスのクイックスクリーンプラスに付属していたロープで張り出しました。 ちょっとしわよっちゃったますね(^_^; 風呂上りに小川のリラックスチェアで夕涼みして、さて夕飯の時間です。 今回もまたビールで1杯。 場内の販売機で買ったアサヒスーパードライです。
画像
前回に引き続き、700円で買ったKarrimorのチタンシェラカップでいただきます。 つまみは砂肝の塩焼きと、チーズかまぼこ。
画像
フルーツトマトもたくさん丸かじり(^o^)
画像
今回のテーマはシンプル・キャンプなのでつまみもおのずとシンプルに…(^^; ご飯も炊いておきました。
画像
道の駅で買ったキュウリ丸ごとの塩づけもシンプルでしょ(^^) 夕飯済んで焚き火タイム!
画像
前回の黒坂では風が強かったので、なんか久しぶりな感じです。 ビールがきいたのか、すわり心地のせいなのか、焚き火を前にして小川のリラックスで少し意識が…いい陽気になりましたねぇ。 ときどき遠くに聞こえる鹿の声を聞きながらひとしきりまったりして、23時には寝袋にもぐりこみました。
画像
朝、黒坂に引き続き鳥のさえずりでお目覚め。 5時をまわったころでした。 ちょっと早いかな~とも思ったのですが、内浦山県民の森はチェックアウトが10時と早めなので、いっそ活動開始するか~ってなことに。 すると、愛車レガシーのドアミラーにお客さんが。
画像
昨日、散歩から帰るとドアに鳥の糞がついてまして、てっきり空を飛んでる鳥がした糞がたまたま当たってしまったのかと…どうやら犯人はこの方でした(^_^; ミラーに映る自分の姿をつついたりバタバタと暴れたりするも、飛んで行ってはまた同じところに戻ってきます。 すっかりここがお気に入りのようで。 糞をされるのは困りますが、かわいい姿に撤収するまではほっとくことにしました。
画像
朝食は昨夜のご飯をほていの焼き鳥を具に雑炊にして、道の駅で買ったキンメダイの干物、昨夜食べられなかった豆腐を湯豆腐にしていただきました(すんません、写真忘れかけましてまた食べかけです)。 手抜きじゃないですよ~なにしろシンプル・キャンプですからね(^^) で、無事に10時前に撤収完了。 10時には内浦山をあとにしました。 帰りは最近テレビでも話題の保田漁港のばんやへ。 かな~り混んでましたが、少々待って、うわさの山盛りいかかき揚げ丼などいただいて帰りました。 ばんやとは違い高速道路は空いていて、順調に14時すぎには帰宅。 極力シンプルに過ごしたキャンプでしたが、これはこれで潔く楽しめました。 幕体に手間をかけないと設営も撤収もラクだと実感。 ウェザーマスターも気に入ってますが、ファミリーキャンプ用にテントひとつで済むような前室の広い幕体も欲しくなりました。 今回のキャンプでアメドSはソロにも非常によさそうだとわかりました。 ランドライトには悪いのですが、今後はソロもアメドSかな~。 でも、今度はちょこっとタープくらい張ってもいいかな…。
posted by Har at 22:06Comment(0)

川原で食べるさんまは最高! ~道志の森キャンプ場その2

さてまったり~のんびりもそろそろ終了。ぼちぼち夕飯の準備です。 といっても急なキャンプだし、特に凝ったものはしません。そもそもうちで食べようと安売りで買っておいたさんまを持ってきたので、炭を熾して塩焼きです。
画像
特にいいさんまでもないんでしょうが、普段のガスと違い炭で焼く、しかも自然の中で食べるさんまは最高! 川原で海のものというのもおつなものです(^-^; 道の駅で買ったどうし菜なる野菜もおひたしにしていただきます。
画像
菜の花のようなハモノですが、菜の花のような苦味はまったくなく、少々甘みもある菜っ葉でした。 これらをつまみに場内の販売機で買ったビールで晩酌。 これほど癒される瞬間はないかもしれません(^-^) 続いて、これまた道の駅で仕入れたフランクフルトを焼き焼きです。
画像
これを自家製食パンにはさんでいただきました。 ちなみに今回デビューの小物を少々。 まずケトル。
画像
ホントはコールマンのフロンティアケトル購入を考えていたんですが、お値段が…で、ヒマラヤスポーツで見つけたビジョンピーク製のステンレスケトルを買っちゃいました。 お値段はコールマンの半額ほど…購入条件は火で焦げないオールステンレスだったので、これで十分。 安い分、気兼ねなく火にかけられます。 続いて兼ねてから気になっていたG'z Gメタルランプ。
画像
マントル不要のガスランタンです。正確には金属のメッシュのマントルがわりが発光するしくみです。 ソロキャンプやファミリーキャンプのテーブルランタンにいいんじゃないかと。 明るさについては賛否両論あるようですが、個人的にはキャンプの灯りは明るければいいというものではないと思いますので、非常に気に入りました。 実はこれ、ナ○ュラムさんの数量限定セールで通常価格の3分の1ほどでほんの数日前にゲットしたものです。 ポチっとしたら表示が完売に切り替わりました。セール最後のひとつ捕ったど~!(^o^)/ 今後、ソロキャンプの必須ランタンになると思います。 あとこれも。 すいませんm(__)m本体見える写真忘れました。
画像
最近LEDランプ系で知名度の上がってきたGENTOSのEX-547SRなるライトです。100均なんかにもある、本体をタッチする(押す)と点灯するやつです。 テント内の明かりに…場合によっては常夜灯にしてもいいかなと買ってみました。 背面が、吊り下げ用のフック、マグネット、両面テープ固定用と3種類付属していて用途にあわせて使えます。 夕飯も済んで焚き火タイム。
画像
道志の森では直火。川原系キャンプ場は直火OKのとこが多くていいです。 ちなみに薪は持参しましたが、管理棟でも売ってますし、ある程度のものは周辺でも拾えます。 ひとしきり焚き火でまったりして、22時を過ぎるころテントへ。 あまり眠くないな~とか思っていたものの、シュラフに潜りこむと眠気が(-_-)zzZ いつのまにか眠ってました。 朝6時起床。このごろはとっくに陽が昇っている時間です。 鳥のさえずりも心地よく聞こえてました。 今回、急なことでたいした食材も持ってきてなかったので、最近の定番温めご飯も不携帯。 かわりに久しぶりに生米持ってきました。過去には数え切れないくらい炊きましたが、だいぶ久しぶりの炊飯です。 それもスノーピーク・パーソナルクッカーNo.3を使っては初めて。 調理器具が変わるとうまくいくか少々心配です(^^; 米を研いで適当に水加減をし、蓋の上に石で重りをして火にかけます。
画像
正しいのか正しくないのか、火加減や時間も経験からくる勘だけで勝負しました。 その間にもう1匹残っていたさんまを炭で焼いて、どうし菜の残りを常備してある缶詰、ほ○いの焼き鳥と炒めて、おかずを用意。さんまを焼いた炭で、これまた家の冷蔵庫から持ってきた豚ロースも焼き焼き。
画像
そうこうする間にご飯も炊けて、こんな朝食ができました。
画像
少~し水多めな感じでやわらかめでしたがご飯もおいしく炊けました。 次回はもうちょっとうまくいくかな。 久しぶりに炊いたけど、キャンプで炊飯も楽しいな~(^-^) 朝食が終わるころには、本日のお客様たちもぼちぼち来場。 うちは撤収開始。11時ごろキャンプ場をあとにしました。 帰りは道の駅などちょっと寄り道もしつつ、相模湖ICから高速で帰途へ。 早めに動いたのでまったく渋滞もなく、スムースに帰宅できました。 朝霧ジャンボリーしかり、道志の森しかり、予約不要のフリーサイト。これがうちのスタイルには一番。場内もまだまだ未知のサイトだらけなので、これからも通って探索しなくちゃ。 さしあたって来月、GW明けてからまた行こうかなぁ…。
posted by Har at 21:11Comment(0)

富士のふもとにも春の訪れ 朝霧ジャンボリーオートキャンプ場 その2

朝霧ジャンボリーでの富士見キャンプのつづきです。 この時期というより、このキャンプ場ではGWとお盆の時期、あとは大きなイベントでもないかぎりほとんどほったらかし状態のキャンプ場です(^^; 管理棟はありますが、繁忙期(管理棟で受付をする時期)以外は管理棟前、もしくは受付時にもらう紙に書かれている番号に電話して、隣接のゴルフ場からスタッフに来てもらわないと買い物もできません。
画像
一応、中ではホワイトガソリン、ガス、薪、炭などの燃料類、電池やアウトドア系のちょっとした小物くらいは常時置いてあるようです。レンタル品らしきものもいくつか…。 ただし、決まった時間内でないと対応してくれませんので、基本的にはあてにしないほうが賢明かと。 ただし、ジュースやビール、発泡酒は自販機でいつでも買えます。写真のほかにもう1台アルコールの自販機があります。 管理棟近くのトイレはキレイに管理されていて、男女別の洋式水洗です。
画像
この左手に炊事棟があります。簡単な屋根に流しと付随した調理台(?)くらいで、水が出るだけです。 場内は広いので、このほかにも炊事棟やトイレはいくつかありますが、時期により使用不可か、使用できる時期も、はっきり言ってここほどキレイではありません。 ここはより自然のままの環境を~とうたっているキャンプ場ですので、個人的には必要十分だとは思いますが。 さて朝早く、それもほぼ寝ずにしたくをして出てきましたので、お腹が膨れて気温が上がったら睡魔が襲ってきました。 富士山のふもとではそこそこ冷えるかと思いきや、日中は汗ばむ陽気。すっかり春のようでした。こうなったら、朝からインして時間に余裕もありましたので早速テントでお昼寝です。 暖かいので寝袋には入らず、お腹まわりに広げてかけるくらい、テントやスクリーンもメッシュで風を通してちょうどいいくらいでした。 ものすごく快適に熟睡しました(^-^) その後、目が覚めてお菓子をつまみながらコーヒーを飲み、富士山を眺めてはまたまったり…とのんびり過ごしました。 陽が傾く前にランタンなど用意して、朝昼兼用のご飯しか食べていなかったので少し早めにボチボチと夕飯の準備です。 まず買っておいた餃子でビールを…お腹減って我慢できないので、とりあえず。
画像
一応中国製でない小粒なチルド餃子を買ってきました(^_^; さてさて夕飯のメインは道の駅あさぎり名物、もっちゃんで鍋です。
画像
もやし、ニラ以外は朝霧高原で調達。 だいぶ暖かくなってきたとはいえ、高原の夜は鍋が温まっておいしいです。 〆にラーメンを入れて食べました。 お腹が膨れたらコーヒーを持ってスクリーンの外へ。 やはり夜は焚き火、今回もファイアスタンドⅡの登場です。
画像
こいつを使いはじめると焚き火のためにピラミッドグリルはちょっとバカらしくなります。 今後も調理の必要性で使いわけたいと思います。 少し風が出てきたりで焚き火は1時間ほどで終了。 冷え込みもそれほどきつくなく、やはり春の訪れを感じます。 残念なのは夜になって若干雲が出たのか、朝霧高原らしい満点の星空とはいきませんでした。 今回はその分、富士山がたっぷり眺められているから、差し引きでチャラって感じでしょうか。 10時にはテントに入っておやすみなさ~い(-_-)zzZ 翌朝、その名のとおり朝霧立ち込めるしっとりした雰囲気です。
画像
車の表面は若干凍ってましたが、テントやスクリーンはまったく。 ホントに寒さは思ったほどでは…氷点下にはならなかったのかな?! (温度計持ってかなかった…) 雲が下に広がってましたが、富士山が頭のほうを出したのでダイヤモンド富士が撮れないかと、コンデジながらパチリ!
画像
ちょっと雰囲気のいい写真が撮れました(^-^) 今回のお気に入りです。 デジイチに買い換えて写真も勉強してみようかなぁ…でも才能あると思えないしなぁ。 ダラダラと焚き火で暖をとりながら朝食の準備。
画像
今朝ももっちゃん。今度はモツ焼き(モツ炒め?)です。 朝はいつもどおり手抜きまくりで、サトウのご飯にモツ炒め、サバの塩焼き(缶詰)とタマゴスープ。
画像
しかし、これが非常にうまかった。キャンプの飯はなんでこんなにうまいんでしょ~(^-^) その後、富士山は再び全貌を現しはじめ、
画像
画像
ときには軽く傘をかぶり、
画像
1日たっぷり富士山を眺めてきました。 お昼にサンドイッチを食べて撤収。 ルーフキャリアのおかげで若干撤収も早くなったかな?! のんびりして2時すぎにキャンプ場を出ました。 あ、撤収前にちゃんと道の駅あさぎりでもっちゃん2つ買ってきました。 甘くておいしかったのでキャベツも。帰ってまたモツ鍋できるな~(^^) 帰りはETC割引もないので、山中湖から道志道抜けて八王子方面から帰りました。 朝、テントから出て正面に富士山、俺の中では最高のキャンプシチュエーション。 花見もいいけど富士山には得たいの知れないエネルギーをもらえる気がします。 朝霧ジャンボリーには今年まだまだお世話になりそうな…。 ちなみに前回のオレンジ村がサイト料3,600円。 今回は冬季料金でサイト(車)が500円+大人1,000円×3人で3,500円でした~。 4月からは1,000円増しなんで、やっぱり暖かくなりはじめの3月中がいちばんオススメかも。
posted by Har at 22:02Comment(0)

一転強風撤収キャンプ オレンジ村オートキャンプ場 その2

春の陽射しに照らされる花を眺めながら、ただただのんびり…。 おっと、のんびりばかりもしれいられない。 今回のキャンプの課題のひとつ、ユニのファイアスタンドⅡのデビューの準備しとかなきゃ。 オレンジ村は薪無料ですが、場内の要所要所にはすっぱな材木が置いてあります。これ薄かったり細かったりはしますが、けっこう長いんです。1本3メートルくらいかなぁ。おやじさんが切ってくれたり、ノコギリ貸してくれたりするみたいなんですが、この時点でまだおやじさんには会えず、到着のときには従業員さんにスルーで通されてしまったので、仕方なく自分で切ることに。こんなこともあろうかと、ちゃんと小さなノコと鉈は持ってきているんですよ。 とはいえ、ちょっと張り切って切りすぎ、すっかり疲れてしまいました(^^; まだ明るいけどちょこっと点火。 (すんません、ここから携帯写真が続きますm(__)m)
画像
いやぁ、メッシュの台というのは画期的。最初は頼りない印象でしたがなんのなんの。強度も問題なさそうですし、なにより下から空気が入るためか火のつきはいいし、よく燃えます。燃え残りも皆無に近いかも。 これやめられないなぁ~夜が楽しみ(^^) 薪の準備も完了して、ふたたびのんびり。 そろそろ夕飯の準備かなぁ~などと考えていると、キャンカーの方1組が到着。 我々よりも奥のほうのサイトにいらっしゃいましたが、場内はソロの方と3組のみで静かでゆったり。 ほどなく管理人さん登場。 評判のとおり、気さくなおやじさんで、レモンとみかんをいただきました。
画像
みかんは甘いし、レモンは紅茶に入れてレモンティーでいただきましたが、香りがよく、舐めてみてもすっぱくないんです。 サイト料も安いのにみかんやレモンのサービス、さらに朝には絞りたてミルクも持ってきてくれるとの予告。けっして高規格キャンプ場のような設備はありませんが必要にして十分で、おやじさんはサービス精神旺盛、純粋にアウトドア時間を楽しむには実にいい雰囲気です(^o^) 夕飯は鶏の塩ちゃんこ風鍋…の予定でしたがなんだか色々変更でわけのわからないごった煮になってしまいました(-_-;
画像
見た目悪いですが味はバツグン。〆にラーメンを入れていただきました。 暗くなったので夜桜ならぬ夜菜の花ということでライトアップしてみました。 (メッシュに夜間でピントがあわない^_^;)
画像
画像
200Aががんばってくれてます。 お腹も膨れて、夜菜の花も楽しんだので、今度は表に出て焚き火です。
画像
薪はたっぷり用意してありますし、ファイアスタンドⅡでバンバン燃やします。 コーヒーを飲みながらたっぷり焚き火を楽しんで冷えてきたんで10時になるころテントへ。 シュラフにもぐりこみ、iPodなど聞きながらしばらくゴロゴロしてましたが眠気に勝てず…おやすみなさい。 明けて翌朝。 6時ごろ起床。冷え込みはそれほどではありません。 いったんトイレに出ましたが、再度シュラフにもどり、なんとなく出られずにグズグズ(^-^; テントには凍結も結露もありませんでした。 だいぶ春になってきたということでしょうか? 6時半に近くなり、やっとこ活動開始。 とりあえず焚き火で暖をとりながら、シングルバーナーでお湯をわかします。 キャンプの朝はまず目覚めのコーヒーから。これはゆずれません(^^) 朝陽に照らされながらコーヒーを堪能して、さて朝食。 今朝は、昨日買っておいたアジの干物です。
画像
ロゴスのピラミッドグリル・コンパクトで焼きました。 写真撮り忘れかけました。食べかけですいません。かっちょわりー(^^;
画像
ヘンな組み合わせですがご飯にはレトルトの中華丼、アジの干物にいわしバーグ、菜の花のおひたしです。 朝からしっかりいただきました。 朝食後、予告どおりオレンジ村名物、絞りたて牛乳が届きました。 (写真忘れました) しかも暖めて持ってきていただきました。 濃すぎず非常に飲みやすいのですが、甘くおいしい牛乳でした。 ごちそうさまでした。 オレンジ村はそもそも14時チェックアウト。おやじさんにも「何時までいてもいいよ~」などと言われてましたので、昼も食べてから撤収…と考えてたのですが、牛乳をいただいてじきに、風が強くなってきました。 最初はときおり強風が吹くくらいだったのですが、11時近くなると強風が続くようになり、テントやスクリーンもちょっと不安になるくらいあおられ始めました。 昼ご飯を早めて撤収にしようか迷ったのですが、潔く撤退することにしました。 この判断は結果よかったようです。 ここからは写真どころではありませんでした。 強風が止む一瞬を狙って幕体をたたみ、また風のようすをうかがい、また止んだ一瞬で次の動作への繰り返し。 いつもの撤収作業より急いでいるにもかかわらず、時間はいつも以上にかかりました。 結局、撤収完了したのは1時すぎ。 管理棟(休憩所)でご挨拶と記帳(本来は入場のときに書くはずですが)を済ませて世間話など。帰り際に昨日いただいたみかんとレモンがおいしかったとお礼を伝えると、またどっさりお土産にみかんをいただいてしまいました。 なんか催促したみたいで申し訳ありません(^-^) お昼を抜いての撤収だったので帰りの車内でもおいしくいただきました。 最後の最後で自然の猛威に触れてバタバタの撤収でしたが、春を満喫できたし、みかんや牛乳も堪能した楽しいキャンプでした。 オレンジ村、個人的にはけっこう肌のあうキャンプ場でした。 繁忙期にはごみごみして落ち着かないかもしれませんが、オフシーズンや平日にのんびりするにはいいキャンプ場だと思います。 なにしろ低価格ですし(^^; 今度はソロでも行ってみたいなぁ。
posted by Har at 22:16Comment(0)

欲しいのは利便性ではなく、研ぎ澄まされた良さ?

タイトルは大げさかな。今回はアウトドアのお話。物欲凍結宣言なんて言っておきながら、またアウトドア・ギアのお話。 今日、お仕事で郊外へ。で、帰りにちょっと時間を調整する必要があって、そのときすぐ近くのアウトドア専門店へ。買い物を、というつもりではなく、ちょっと考えてるものがあって、なんとなくあったら見てみたいなぁ~と足を運んだしだいで。 実は、先週のキャンプでピラミッドグリルの焚き火のときに使用する太いロストル(格子状の底金?)が変形してきたのに気づいて。ピラミッドグリルは炭火のコンロとしてでも薪での焚き火台としてでも万能なグリルだけど、散々焚き火をして酷使してるからね。変形するのも仕方ない。もちろん囲いの板も変形したりはするんだけど、そんなんは踏んづけたり多少力づくで戻せばいいし、焚き火台なんてのはどのメーカーのものでも元来そんなものだと俺は思う。 しかし、最近のキャンプスタイルを考えるとピラミッドグリルは少々大きい気もするし、荷物としてもかさばるかなぁ…と。 そもそもピラミッドグリルを買うときに考えていた用途は、 ・炭焼きバーベキューコンロ ・ダッチオーブンの調理用火力 ・焚き火台 の3つ。 ピラミッドグリルなら、オプションを買うことなく上記の条件を満たしてくれるし、この手の製品の中では安価なものだった。 要は1台3役をこなす利便性とコストパフォーマンスを考えての購入だった。 ところが最近は色々とキャンプスタイルも確立してきて、細々道具も増えてきた。 まず、バーベキューコンロとしての使用は、ここ何回もピラミッドグリルでは行っていない。 最近の我が家のキャンプでは、昔のように安易にバーベキューをしなくなったのだ。 それにちょっとした炭焼きなら、卓上にも置けるピラミッドグリルコンパクトでも間に合いそうだし、こっちのほうが荷物もかさばらない。もし大きなバーベキューコンロが必要なら、専用のコンロも持っているのでそっちを持っていけばいい。 次のダッチオーブンの調理用火力については、今となってはロータスファイヤベースもあるので、そこで炭を熾して、チャコスタで上火を熾すorチャコスタごとダッチの上に乗せるという形で間に合うし、やはりこちらのほうがコンパクト。 となると、残るは焚き火台。 最近のキャンプスタイルとしてはこれが一番重要。少なくとも夏の暑い日でないかぎり、バーベキューやダッチ料理をしないことはあっても焚き火をしないキャンプはないと言っていいだろう。他の2つを満たす道具はすでにあるのだから、くたびれてきたピラミッドグリルに変わるのは焚き火のスペシャリストなのだ。 で、狙いをつけたのがこれ。
画像
ユニフレームのファイアスタンドⅡ。まさに焚き火のスペシャリスト! 同社のファイヤグリルのように、焼き網などでバーベキューコンロとして、ヘビーロストルを追加してダッチ料理の火力として、なんて便利な使い方は一切できない、4本の足の上にセットした金属のメッシュでただひたすら薪を燃やすだけの道具。 ま、上の写真見てわかるように買っちゃいましたよ。 だって見本触って、持ってみたら恐ろしいほど軽いし、収納サイズも普通の傘より小さいくらいなんだもん。これがホントに焚き火台?って感じ。 これまでは1台何役もこなす便利な道具が欲しかったけど、道具がそろってきてスタイルも決まってくれば、あとはひたすら贅肉がそがれていくということか。 実は来週、某高規格キャンプ場に行く予定なので、そこでデビューの予定。 今回は寒い時期ということもあり、無理せず、初のトレーラーハウスでのキャンプ。我が家はある割引条件を満たしているので、少々お安く利用できそうなもので。トレーラーハウス内にはエアコンも調理器具も風呂もベッドもなんでもそろっているけど、キャンプ場に来てそれだけではつまらないので、せめて焚き火を囲んでコーヒーくらい飲みたいなぁ、と。少なくともファイアスタンドⅡと焚き火テーブル、チェアくらいは持っていくつもりです。 それと今日はこんなんも買いました。
画像
ユニフレームのバーナーパット。 G'zストーブの上に乗せて使おうかと。 あと、ソリッドステークを4本ほど追加しました。先週デビューしたアネックススクリーンタープはことのほかペグを必要とするので、テントとの組み合わせではけっこうな本数いるもので(^^; やはりまだまだ物欲はくすぶってるなぁ。この火ばっかりは消化することはできないのかな~(^^) 来週末にはトレーラーハウスキャンプデビュー。乞うご期待!
posted by Har at 23:45Comment(0)

これでも冬キャンプ? 大原上布施オートキャンプ場 その2

昨夜は用心のためファンヒーターをつけたまま就寝。 今回の寝袋ラインナップはコールマン・タスマンX0、イスカ・スノートレック1000、ドイター・スターゲイザー。ま、どれもそこそこ寒さには強い寝袋といえるかもしれないけど、ヒーターのおかげか、新規導入のエバニュー折り畳みマットたちのおかげか、まったく寒い思いもせず明け方トイレで目が覚めた。 時計を見ると4時。 テントの外に出てみると、あら不思議、意外と寒くない。11月の上総のほうがずっと寒かったし、今年初の伊豆でのソロももう少し寒かったような…。 事実、地面に霜は降りてないし、テントの表面も乾いてやわらか(凍ってない)。 このあと冷え込むのかな???と思いつつ、もう少し(-_-)zzZZZ で、6時起床(俺だけ^^;) 外に出てみる。やっぱり霜もなし、凍結もなし。おまけにテントもタープも結露なし!
画像
画像
こりゃ撤収がラクだわ~(^-^)v 寒さもほどほどなので、ここで場内を探索。 まずは管理棟(今回設定ミスってここらの写真全部ピンが甘いです。すんませんm(__)m)。
画像
管理棟の向かいがトイレとシャワー室。
画像
そのすぐ横が炊事棟。流しは一般的なものでお湯は出ません。でもキレイでした。その奥はBBQスペース(?)。
画像
探索してると管理棟からオーナー登場。わりとラクな陽気とはいえ、まったく寒くないわけではないので、オーナーのお誘いもあって朝から焚き火。
画像
こんなとき、薪無料はありがたい(^-^)オーナーもサイトの奥のほうで大きな焚き火をしてくれました。なんとなくキャンプ場全体にも活気が出てきた。 ときを同じくして、我が家のメンバーも活動開始。 朝食は昨夜食べ切れなかったため、朝からサイコロステーキ。
画像
それに、毎度の手抜き暖めご飯+生たまごで、こんながっつりメニュー。
画像
ちなみに乗っているのがナ○ュラムで500円でゲットしたロゴス・スリムテーブル。 500円の抽選に当たったから買ったものの、ドリンクホルダーもあり、布テーブルにしてはきちんとテンションも点けられるのでそれなりに活用できそうかも。 チェックアウトもゆっくりでいいと言っていただいたので、食後のコーヒーなどいただきながらダラダラ撤収。 すべて片付いたのは12時すぎ。もっとゆっくりしていたいところだが、帰りに寄り道の予定があったので、そこそこ撤退。 オーナーにご挨拶しつつキャンプ場をあとに。 で、寄り道の先とは、道の駅たけゆらの里おおたき。 お目当てはここのソフトクリーム。我が家は大の道の駅好き&ソフトクリーム好きで、ここは乳製品や竹の子なんかが名物なのだ。 ソフトクリームははなまるマーケットなどでも紹介されたとか…。 昼食もここで、と思っていたので早速食事スペースへ。 名物イノシシ丼をいただきたかったのだが残念ながら売り切れ。かわりといってはあまりに陳腐だが豚丼で我慢(^^; でもソフトクリームはちゃんと食べられました。評判どおりなかなか。牛乳感たっぷりのお味でした。お腹も膨れて、物産で野菜など買い物して帰りました。 最後に今回の大原上布施オートキャンプ場について。 評価のような大それたことはできませんが、ひとつだけ。 このキャンプ場のホームページやガイドブックの書かれ方を見ると、御宿が近いためかまるで海水浴場の拠点として最適なイメージがありますが、それはそれとして強みかもしれませんが、個人的には冬キャンプこそオススメです。 薪が無料でのんびり焚き火を楽しめることもありますが、小高い山間に開けたフィールドは見上げれば星を観察するにも最適、それになにより水はけの良い地面で霜も降りない気候。 朝、オーナーとお話しましたが霜が降りたり、テントが凍結するなんてことは知らないといったお話だったので、開けたフィールドの日照が良いためか、湿気が他のキャンプ場よりも低いのでしょうか。夜露や結露など、湿気に関する事象に一度もお目にかかりませんでした。 これは冬キャンプには非常にいい条件だと思います。 寒い時期、遅い朝日を待ってテントやタープの乾燥なんてのは撤収のさまたげに他なりません。乾燥や風通しの気遣いがいらないとなれば、ギリギリまで寒さ、風避けとしてタープを利用することもできますし。 施設やイベントで作られた楽しみがなくても自然の中でリラックスして過ごせればいいという方にはぜひとも冬キャンプを体験してみてほしいキャンプ場のひとつかと。 他の利用者がいない分、評判のオーナーも独り占めできますし(^_^)
posted by Har at 19:31Comment(0)

2008年第二弾も貸切! 大原上布施オートキャンプ その1

1/19、20と行ってきました、房総、大原上布施オートキャンプ場。ここもやさしいオーナーご夫妻が評判のキャンプ場です。(奥様には予約のお電話だけでお会いできませんでしたが…) 10時半すぎに宅配便が到着。それを受け取って愛車レガシーに乗り込み出発。今回は東金道路で東金ICまで、そこから一般道で御宿方面へ南下するルートを使いました。東京と千葉の境目あたりのうちから買出しの寄り道入れて3時間弱?!渋滞もなく快適ドライブでした。このルートだと茂原市街を通るのでスーパーなどの買出しポイントにも困りません。 で、キャンプ場へ到着するとオーナーがお出迎え。車から降りた瞬間にこちらの素性がわかっていたようなので「もしや?」と思ったら案の定、本日の利用は我が家だけ。広いキャンプ場を独り(一家?)占めです。 まずは受付。サイト料+電源使用料で5,000円とリーズナブルなのですが、鬼のような我が家はWebで配布されているクーポンを出して4,500円のディスカウント利用です(^^; 今回は寒さ対策と手抜きのため、珍しく電化キャンプなので電源サイトをお願いしておきました。管理棟上のエリアで電源があるのは中央部分とのことで、オーナーのご好意もあって、2つならんだ電源サイトのあたりに区画無視して好きに設営させていただきました(^-^) 幕体を広げる前に、テーブルや椅子だけ出して、車を風よけに途中で買ってきたお昼(弁当や惣菜、パンですが)をいただきました。 腹ごしらえも済んでサイトレイアウト。あまりにも好き放題な状況だとかえって難しいですね。もっとセンスを磨かないとなぁ~。とはいえ、今回はテントとシェルターの接続が課題なので電源の位置も考慮してごくごく普通にこんな感じで…。
画像
本来のサイトは手前に車を置かなきゃいけないんですが、そこは貸切(^-^)風よけがわりにとなりのサイトに車を置かせていただきました。
画像
どうでしょう?ウェザーマスターとアネックススクリーンタープの初連結です。うまく設営できてますでしょうか? 初めてということもあり、テントとタープの位置決めに迷いましたが、一度接続してしまえば次回からはだいぶラクになりそうです。ただ一気に設営して少々疲れて、この時点でテントの張り綱忘れており、あとからあわてて張りました(^^; 休憩を兼ねて場内を散歩。 裏山(というか土手くらいですか?)に昇ってキャンプ場を見下ろすとなかなかの眺め…
画像
左下が我がテント。中央の東屋が炊事棟、その右側がトイレ。写真左右にはまだまだサイトがありますが、貸切状態なのでもちろん誰もおりません。 この裏山を一番上まで登るとKDD?の鉄塔があるだけでしたので、すぐサイトに戻りました。 タープ内に小物も持ち込み、テントも早々に寝床の準備完了。 今回はテント内にアルミ銀マット、コールマンのインナーマット、起毛レジャーシートの上に出発直前に受け取った荷物で届いたエバニューの折りたたみマットを敷いて寝袋です(写真撮り忘れましたm(__)m)。 ここでエバニューの折りたたみマットの感想をばひとこと。 このマット、よくあるバルブを開くと空気を吸い込むようなインフレータブルでもないし、ウレタンなどのクッションが入ったものでもなく、単にスーパーで売ってる玉子の容器のような凹凸があるだけのウレタン質の板という感じなんですが、これが想像以上によいクッションを生むようで、ちょっとやそっとの突起は気にならない優れものです。 今回、実際の就寝には銀マットやインナーマットなど重ねた上で使いましたので、より快適に眠れたんですが、届いたときにうちのふすまの敷居の上に敷いて寝てみても、ちょっとしたものを下に入れて寝てみても特に痛い感覚はありませんでした。 おまけに、インフレータブルマットやウレタンマットなどを丸めたり畳んだりするよりも、小さく折れるし重量も軽い!その上安い! すべてのマット類でベストとはいいませんが、もっと注目されてもいいのではないかというのが正直なところです。 話がそれましたが、今回は電化+テント・タープ連結で引きこもり(笑)キャンプを計画したのですが、設営も済んでコーヒー入れたり、おやつやお昼といっしょに買った甘い系のパンなどでまったり…気がつけば体たらく放題でリビングはこのありさま(@_@;
画像
すっかり散らかり放題です(^^; チェアでくつろぐもテントでゴロゴロするも思い通り。でもたまにはこんなダラダラキャンプもありかなぁ~。 おかげで夕飯前になっても誰ひとりお腹が減らず、夕飯食べずに寝ちゃうか~なんて言い出す始末(爆)。 結局、遅めの夕飯をごそごそと。それでもホットグリルで鍋、それも鍋用の切れてる野菜セットを買ってきて、そこへ鶏とタラとカニ団子を投入するだけの手抜き塩ちゃんこなので楽勝。 ホントはたまには肉をたっぷり…と思って安いステーキ肉も買ってきたものの、食べ切れそうになかったのでとりやめ、最後にインスタントラーメンを入れて〆。 お腹も膨れて、体も温まったところで、やっとキャンプらしく焚き火タイムです。 このキャンプ場、薪は無料ですので、思う存分焚き火できます。 ところどころ直火したあともあり、そこならオーナーにも直火していいですよとは言われていたのですが、わがままにテントの向かいにピラミッドグリルを出して、焚き火専用サイトとさせていただきました(^-^)
画像
(ごめんなさい。携帯写真しか撮ってませんでした) 焚き火を眺めながら珍しく缶チューハイなどいただき、ここでもまたまったり。 この夜は、昨年11月からのキャンプの中でももっとも過ごしやすい夜でした。 焚き火も堪能して、あたりも静か~(当たり前か…)なので11時をすぎたころ寝袋に入りました。明日の夜には雪も…なんて天気予報だったので、セラミックヒーターをつけたまま就寝しました。 つづく
posted by Har at 12:59Comment(0)

伊豆貸切キャンプ その2

新年明けて初のキャンプは伊豆自然村キャンプフィールドでのソロ。 設営も無事に済み、場内探索を…と思ったものの、お昼を食べ損ねていたのを思い出した。 とりあえずカップ麺で腹ごしらえ。
画像
最近お気に入りの明星坦々麺。近所のジャスコで安く売ってるんだけど、けっこうおいしいよo(^-^)o さて腹ごしらえも済んで場内探索! サイトの正面はこんな。
画像
下は沢になっていて、右のほうには養魚場?シーズンには釣りもできるようなことが書いてあったような。左のほうへ降りていくと、今回選ばなかった芝のサイトエリアが広がっている。 沢のむこうの上には伊豆スカイラインが通っている。夜になって思ったんだが、たまにうるさいバイクなんかが飛ばしていくのがちょっと…(-_-) 炊事棟は東屋になっている。
画像
共用の飯盒や鍋、包丁、食器用洗剤やスポンジなんかも置いてあった。流しもお湯は出ないけど、標準的ではあるが使いやすい感じ。 トイレの写真は撮り忘れたけど、管理棟横に洋式の水洗で男小2大2、たぶん女3(入れないんで…)ある。シーズンオフにしてはきれいにしてありました。 場内にはいたるところに「絹の滝」の案内が。どうやら見所のようなので、案内を頼りに林の中へ入ってみるとありました。
画像
ちょっとデジカメの設定ミスってピンボケみたいになってしましました(^_^; そう大きくはないけれど、なかなか風情のある滝です。とはいえ、この時期、夕方にひとりで行くとちょっと寂しいというか怖いかも(^^;夏場ならマイナスイオンとかさわやかな気分に浸れるんだろうなぁ。 サイトに戻って、他にキャンパーもいないし、いつのまにか管理棟も無人になっていたんで(?)iPodで音楽をかけながらまったりタイム。 日も沈みかけたこのころ、スクリーンタープ内で10℃を下回ってきた。
画像
ここでイワタニ・カセット暖の始動。もちろん、換気のため正面は全面メッシュで再度もちょっとだけめくってね。 しばらくしてタープ内の温度は15℃くらいに、あんまり寒かったらスポーツスターⅡ+遠赤ヒーターアタッチメントも…と思っていたんだけど、結局、今回はこのまま。 意外とカセット暖も頼りになるな~。 ソロの夕飯は手抜きのオンパレード。食欲は満たしたいけど炊事に手をかけると片付けも面倒だからね。 まずは焚き火テーブルの上でG'zストーブにパーソナルクッカーの中鍋かけておでんを温め、
画像
ハムステーキ焼いて、ジャスコで買ってきた12品目のサラダをつけあわせ、温めるだけの冷凍チャーハンでお腹いっぱいに…食べるのに夢中で写真忘れた(+_+) さすがに俺以外いないんで場内は真っ暗。食事が済んで外に出たけど、トイレと炊事棟に60wの電球が灯っている以外近くに明かりはなし。 タープ内は、前回ホウリーウッズキャンプのときに買ったコールマン・マックスレトロランタン赤、外にはランタンポールにかけたノーススター。
画像
ちょっと寒々しいので、今回焚き火なしでいこうと思っていたものの、暇だし(笑)ちょっと焚き火でもしようかと。 で、ここでも秘密にしておいた新アイテム。 かねてから買おう買おうと思っていたユニフレームのチャコスタmini。白状します、コンパクトチェアDXといっしょに衝動買いしてましたm(__)m で、これまた普段焚き火に使っているピラミッドグリルの下に置いて灰受けにしようと買っておいたロータスファイヤーベース(蒸し器みたい)と組み合わせてこんなんできました。
画像
ちょっとしたネイチャーストーブみたいでしょ。直火もOKなんだけど、実は試してみたかったんだもん(^^) うわさどおりチャコスタの煙突効果ってのはすごいねぇ~これあるとどんどん炭の火熾ししたくなるよな。 そんなこんなで、場内探索したときに少しは薪拾いしておいたので、ちょっとだけ焚き火を楽しんでキャンプ気分を盛り上げてみました。 ま、ご飯食べて焚き火もして、キャンプ気分は満喫したし(笑)外は寒いんで早々にテントへ。 寝袋に半分入りながら読書など。なんだかんだで10時前には寝ちゃいました。 翌朝、やはり外は氷点下のもよう。目が覚めたとき、テント内は0℃。 この時期、朝日は7時近くまで昇らないんで、目は覚めていたもののテント内でうじうじ…。 なんとか7時ごろ活動開始。まずはカセット暖始動。昨晩のネイチャーストーブもどきで焚き火も。なにしろ雪降ったかと思うほどタープの表面は白くなってて。
画像
ほら、愛車レガシーもこのとおり。
画像
撤収までに乾くかな~。 とにかく付近の気温を少しでもあげるべく焚き火をぼんぼん燃やしつつ、家で焼いてきた食パンと昨日のハムの残りを焼いて、スクランブルエッグ、買ってきておいたポテトサラダで朝食。 たいした食事でもないけど、キャンプで食べる食事はいつもおいしい(^-^) 結局、タープの表面は溶けたものの乾ききらず、今回はとにかくたたんで後日乾かすことに。 このキャンプ場では、この時期は林間サイトは日照時間が短いようで、朝、霜が降りると夕方までに乾ききらず、また霜になる~の繰り返しみたいで土が少々湿りっぱなしのようだ。 ソロだとどうしても撤収時に幕体が地面についてしまい汚れがち(-_-) 到着時に吹きっさらしのイメージで芝サイトを嫌ったものの、トータルでは芝サイトのチョイスが正解だったのかも。芝サイトは早い時間から陽もあたってテントの乾燥なんかにはいい感じ。直火がどうしてもしたい人以外は冬場は芝サイトのチョイスも要検討ですよ。 そんなこんなで昼前には撤収完了。帰りは渋滞も覚悟しつつ、海沿いルートの国道135号で伊東~熱海~湯河原~小田原とキレイな海の景色を堪能しつつ帰路につきました。 帰ってみてタープを再度確認するとやっぱり泥も少々…しかし、転んでもただでは起きない。これを理由に来週タープ乾燥&お掃除キャンプに行こうかな~(^o^)/
posted by Har at 18:38Comment(0)

要焚き火!

メリークリスマス! 今日はイブ。こんな俺にも今年は楽しいクリスマス(プレゼント?)がやってきた。
画像
ついにユニフレームの焚き火テーブルゲット! 手が届かないほど高価なものではないものの、小さなテーブルにこの値段!と、つい優先順位があとまわしになりがちなこのテーブル。ダッチオーブンやスキレットなどの熱い調理器具やバーナーもステンレスだから安心して置けるし、調理台にしても汚れが簡単に拭き取れる優れもの。特にソロなんかではダイニングテーブルとしても活躍できる、焚き火好きなキャンパーはぜひ手に入れておきたい逸品。 で、今年は彼女からこれをクリスマスプレゼントにもらってしまいました。 キャンプバカな俺にはこういうもののほうがいいんんでしょ、って(^-^; なんとやさしい彼女でしょ~。てなわけでクリスマスイブくらい、たまにはのろけておこうかと。
posted by Har at 17:40Comment(0)