週末の富士裾野

東京も今日からだいぶ冷え込みましたね。 そんな中、今週末は富士の裾野で連泊キャンプです。 週間天気予報なんかで見ると、最高気温は15℃前後、最低気温は6℃とか…。 やはり寒そうです。 先日道志の森でデビューしたムーンライターはもちろんですが、問題は暖房関係ですね。 ムーンライターと防寒着、Zippoハンディウォーマーあたりでしのげればとも思うのですが、やはり昨冬大活躍のイワタニカセット暖やジュニアヒーター、コールマンスポーツスターⅡ+遠赤ヒーターアタッチメントあたりもいるかな~とか…このあたりの荷物削減のためのムーンライター導入でしたが、さすがに富士山方面は用心が必要かな。 寒さ対策は難しいですね。 で、これらのギアはもちろん、こうなると燃料もバカになりません。 ムーンライター用の灯油のほかに、現在所有しているギアのための燃料はこんな。
画像
左後方から、ホワイトガソリン(コールマン製ではないですが…)、カセットガス、燃料用アルコール、Zippoオイル、エコココロゴスインスタントシリンダー(炭)、左前方から、コールマンOD缶、スノーピークOD缶。 だいたいこんな感じです。 今回のキャンプのため、イワタニカセットガスのグレー缶とスノーピークOD缶を購入しました。 イワタニカセットガスは2バーナー用、スノーピークOD缶はギガパワー2WAYランタンの冬季用として。 もう少し寒くなったら、ホワイトガソリン系バーナーやランタンにしようかとも思いますが、もうしばらく安価で扱いのラクなガス系で行こうかと。 でも、ちょっと節操がなさすぎですかね? 昔からアウトドア系の書籍なんかには、必ず燃料は種類を統一したほうがいいと書いてありますが、正直、キャンプのベテランになればなるほどいろんな種類のギアを所有しているんじゃないかと。 で、お気に入りのギアを使おうと思うと、絶対に統一は無理なんじゃないかと思う今日このごろ。 みなさんはどうなんでしょうかねぇ。 しかし、燃料だけでこう種類が増えると、燃料用のバッグや物入れがそろそろ必要かな… 今週末、レガシーに荷物入りきるのかな?
posted by Har at 22:15Comment(0)

準備完了

明日の出撃に備えてレガシーにあらかた荷物を積みました。 ムーンライターも積んだのですが、灯油をまだ買ってません。 行きがけにガソリン入れついでに灯油も。 みなさんストーブってどうしてるんでしょうか? 灯油を入れて持っていくんですかね? なんか少々不安がありますので、こんなん買っておきました。
画像
本来はガソリン携行缶として使用するんでしょうが、ポリタンクでは心もとないので奮発しました。 でも5L缶です。 10L缶とかなり悩みましたが、スペースをとらないほうがいいかと。 ムーンライターのタンクは4.9Lとのことなので、これ1缶で満タン+α。 連続燃焼も22時間とのことなので、通常2泊くらいはこれで事足りる計算かな。 ま、最悪途中でガソリンスタンドに買いに行けばいいか~ということで。 このへんもとりあえずテスト、テスト。 今週末は近場で予約不要のかの地です。 今年3回…いや4回目かな? 明日は朝ひと仕事終えて出発です。
posted by Har at 20:58Comment(0)

今週末は…

さすがに出撃しないと死にそうです 今回はソロで出撃の予定です。 色々とデビューを控えているアイテムもありますし。 で、行き先なんですがまだ迷っております 今のところ候補は3箇所。 うち2つは今月で閉鎖になるキャンプ場で、すでに行ったことがあるところですが、今週行かなければたぶん来年まで行けないでしょう。
画像
画像
2つのうち1つは特にリベンジしたいところなので、どうしようかと。 もう1つは無料のキャンプ場です。 前から行きたかったのと、寒くなってきてそろそろ空いてるころかなぁ…と。 なによりお財布にやさしいので非常に惹かれます 明日あたりには決めないとなぁ… さて、今回持っていこうと思っているニューギアは、 ・ムーンライター ・IHT(囲炉裏ハーフテーブル) ・アリーバ-15 ・トランギアバーナー ・イワタニジュニアバーナー ・オピネル#8 ですかね。 他にもイワタニの2バーナーやロゴスのバーベキューブなんかも控えていますが、このあたりはファミキャンまで待機です。 で、寒さ対策としてテスト的にもうひとつ追加です。
画像
なんのことはない、小型の湯たんぽです。 容量600ccと通常のものの約半分くらいでしょうか。 ムーンライター使用でやかんをかけておこうかと(ムーンライターで煮炊きは禁止されています。自己責任で)思うので、寝る前にそのお湯をこいつに入れてシュラフに忍ばせばグッスリ眠れるのではないかと。 1つだけ入手しましたので、よければ家族分購入しようかと思います。 ソロとはいえ、色々忙しくなりそうですな~ あとは場所決めだ~。
posted by Har at 20:44Comment(0)

そういえば…アリーバの話

すっかり忘れてましたが、土曜にはいわくありのナチュラムからの荷物が来てたんでした。 ま、THERMOSのボトルはよしとして、気になるのはロゴスのアリーバ-15です。
画像
アリーバは貧乏キャンパーの味方・ロゴスのマミー型シュラフのラインナップで、ホントならダウンアリーバとか欲しいのですが、さすがにお値段がね…。 なので中身がダウンでない、アリーバシリーズの最高峰、-15を入手しました。 名前のとおり、スペック上では適正温度-15℃のシュラフです。 内側の素材はロゴスお得意のシルキーモイスクロスで、中綿には羽毛の先端と同じ太さのマイクロファイバーを使っているそうでふわふわ感もなかなか。 しかも丸洗いOKとメンテもらくで、実売は6千円強。 やっぱりロゴスは貧乏キャンパーの味方ですな。 コンプレッションベルト付きの収納袋で、-15対応のシュラフとしてはかなり小ぶり。
画像
ちょっとエイリアンのタマゴみたい でも、小さいっす。 ダウンものを除いたら冬用のシュラフとしては理想的なサイズかと。 で、使ってみましたよ。 なにせキャンプバカですから、家の中で… はっきり言ってかなり温かいです。 この時期の屋内では暑くて寝てられません。 感じとしては入ったときの体温を吸収して、その温度をシュラフが保持してくれる感じです。 そうなるとあとは発熱してるのかって感じで温かいです。 極寒の中、体が冷えてから入ってどの程度温まるかはわかりませんけど。 肌触りもいい感じで、首まわりを閉じるピンチロープも体温を逃がさずいい働きをします。 ただ、買い替えの対象となったタスマンX0なんかと比べればかなり細身なので、言ってみれば狭いです。 個人的には窮屈さは感じませんでしたが、外観のラインから考えても細身のシュラフといえるでしょう。 ま、そのおかげで収納サイズも小さくなるんですけどね。 寒さは我慢できませんが、狭さは我慢のしようもありますし これ家族分そろえたら、狙いどおり、かなり荷物の体積軽減にはなるんですが、ただ3つ分となるとお財布も軽減されそうで… 実は買う前にもう少しお金出してモンベルのストレッチバロウバックにしようかと迷ったんですが、値段を考えるとけっこうよかったかも。 この冬のキャンプでの活躍に期待です。
posted by Har at 22:05Comment(0)

冬キャンプの主役?!

届きました。
画像
冬キャンプで導入している方も多い、トヨトミの対流式ストーブ・ムーンライターです。
画像
ただしよく見るML-25Bではなく、ML-25Aという型番のものです。 在庫かぎりのようでしたし、マイナーチェンジ前かなにかのものでしょうか。 Web上の現行のトヨトミ製品群には掲載されておりませんでした。 (取扱説明書や製品写真のダウンロードはありましたが) とはいえ、なにせ1万円そこそこと、25Bより数千円安かったもので 色もシルバーなんですが、ベージュとなっている白っぽい色よりはいいかと。 明るめのガンメタっぽい色なのでまぁ良しです。 で、これを勝手に命名したIHT(囲炉裏・ハーフ・テーブル)と組み合わせて。
画像
このストーブは側面があまり熱くならないらしいので、こんな使い方もありかと。 高さ的にはムーンライターの頭が少し出る程度です。
画像
これなら説明書にはダメと書いてある頭部にケトルや鍋を載せて使うにもいいかな しかもIHTはテーブル面がパンチングですので、ムーンライターの光も漏れるかと。 40w程度の明るさらしいので、うまいことテーブルランタンいらずにはならないかな… スペースにかなり余裕がありますので、ムーンライターを左右どちらかに寄せて、反面だけ天板をつけて…なんてのもいいかもしれません。 でも、その際は灯りのことも考えてガラス天板なんていいな~ なんてちょっと色々夢見ております このほかにもIHTがらみでもう少し届くものもありますので、しばらくはこれで楽しめるかなぁ。
posted by Har at 19:19Comment(0)

とりあえず冬物へ

今週末、出撃予定なのはここ、我が家としては最北。
画像
昨年にも1度訪れたキャンプ場ですが、家族にはもっとも評判のよかったキャンプです。 いわゆる高規格キャンプ場だと思いますが、それでいて自然はそこそこで、作られた感がやんわりなところです。 炊事棟やトイレは高級ホテルのような雰囲気なのですが ただ、東京からみたらだいぶ冷え込むと予想できるところです。 とはいえ冬キャンとまではいかないこの時期、これからは寒さ対策にスクリーンタープの出番が増えると思われるため、今シーズン最後の1枚布タープをと。 というのも、赤倉の森で雨対策を兼ねて予定外の購入&デビューとなったウェザーマスタースクエアタープ。
画像
あれ1回ではあまりにも悲しいので、せめてもう1度、今度はテントの屋根ではなくきちんとリビングとして使ってあげたい…そんな気持ちから急遽登板となりそうです。 まして今回はフリーサイトなので、彼の寸法も受け入れてもらえるはずですから かわりに寒さ対策としては昨日書いたアイテムをばっちり揃えたほうが無難かと考えております。 中でも寒さで寝られないなんてのは最悪なので、まだ少し早いかなと思いつつも冬物シュラフをひっぱり出しました。 deuter(ドイター) スターゲイザー
deuter(ドイター) スターゲイザー

足部分を開くと服を着るように靴を履いたままチェアや車内で使える。収納バッグも使いやすいし、コストパフォーマンスが高いシュラフ。
イスカ(ISUKA) スノートレック1100
イスカ(ISUKA) スノートレック1100

こちらは今年モデルでグレードアップしております。うちのは昨年モデル。こちらも足部分を開いて靴を履いたままでも入れます。
Coleman(コールマン) タスマンX0
Coleman(コールマン) タスマンX0

値段のわりに温かく、かつゆったりしていて意外と気に入ってます。対応温度はこの中では一番高いのですが、使用した感じでは他2つとさほど大差なし。
あとは焚き火でなんとかなるかな…。 今回、アーリーチェックインで朝から利用できるようにしました。 ETC深夜割もありですが、さらに節約して金曜の深夜出発。 一般道使って朝までにのんびり行こうかと。 帰りはたぶんばっちり高速になるので… なにしろ、今回はサイト料よりなにより交通費のほうがはるかにかかるところなもので…。 でも、関東から脱出しますので、どうやら紅葉も楽しめそうです
posted by Har at 21:13Comment(0)

冬の最終兵器、やっぱり導入しますか…

だいぶ気温も下がってきましたね。 都会でこれくらいならキャンプ地ではそろそろ寒さ対策を本格的にしないとね。 これまでの冬装備としては、対応温度0℃~-10℃の寝袋(イスカ・スノートレック、ドイター・スターゲイザー、コールマン・タスマンX0)、フリースブランケット、Zippoハンディウォーマー、イワタニカセット暖、イワタニジュニアヒーター、コールマン・スポーツスターⅡ+遠赤ヒーターアタッチメントといったところ。 あとは服などで調節してました。 で、まぁ冬キャンプの問題点といえば、見てのとおり荷物の増加。 最近ではRANGER90で車載容量が増えたのでだいぶラクですが、多少なりとも荷物を減らす方法はないかと模索中。 そこで今検討してるのが、灯油ストーブの導入。 決定的な暖房がひとつあれば細かくいくつも持っていく必要がないのでは? ということと、テントやスクリーン外に出ないかぎりそれほどの厚着の必要がなくなるのでは? という2点から道具やウェアの減少につながらないかと。 とはいえあまり費用はかけられませんし…。 なにしろ我がマンションは灯油暖房使用禁止でして 高層のため火事が一番怖いもので、床暖房は全戸装備、その循環するお湯を使った暖房器具も備え付けときているものですから、灯油ストーブを買ってもそれはあくまでキャンプ専用となるわけです。 で、製品としてはこんなところが選択肢かと。 ●トヨトミ対流式ストーブ
画像
これはレインボー。 炎が7色に見えるそうです。 40W相当の明るさというと幕内のランタンの助けにもなるのかな?!
画像
で、こちらはムーンライター。 こっちのほうがお安いし、明るさもやさしいかな?! 上記2つとも基本的に煮炊きの調理はしちゃダメ、と取説には書いてあります。 ●トヨトミサロンストーブ
画像
昔の火鉢風で調理にも使えます。 側面もボディで保護されていて熱くならないのが◎ 少し体積があり、そこそこ重いですね。 満タンで燃焼時間22時間というのも魅力かなぁ。 ●トヨトミ反射式ストーブ
画像
一般的によく見る灯油ストーブはこれ。 ここにあげた中では即暖性は1番ですかね。 裏側が熱くならないので、スクリーン内の端にも置けるかな?! 調理もできますが、見た目がいまいちなのと、タンクが差し込み式なので運搬にはどうかな~? 信頼性と流通量、価格を考えてとりあえず有名なトヨトミで検討してますが、アウトドア用のストーブでなければこんなところかなぁ。 先に書いたとおりキャンプ専用になるんで、できればリサイクルショップなんかで安く購入したいですね。 実は少し目をつけたショップもあるにはあるんですが…。 武井バーナーとか興味あるんですが、お値段もですし、操作が家族には難しいかと。 ソロキャンプ用ならば問題ないんですけど。 武井バーナー 301Aセット
武井バーナー 301Aセット

501もありですが、小型の301が個人的には好みです。プレヒートとお手入れが必要なのでちょっと…
さてさて、どうしようかな~。 今年はこの手の灯油ストーブ導入しますかねぇ ある意味、冬キャンプの最終兵器だと思うんですが。 今週末、わりと冷え込みそうなところへ出撃予定なので、そこで冬の訪れを想像しながら決めたいと思います。 一応、今年最後のオープンタープキャンプにしようかと。 11月以降は寒さ対策でスクリーンタープになるでしょうから、多少寒くても今回は1枚布でいこうかと思っています。 うまくすれば多少は紅葉も愛でることができるかな~。 まだちょっと早いかな?!
posted by Har at 19:00Comment(0)