人気高規格キャンプ場でお座敷キャンプ 大子広域公園グリンヴィラ

すっかり遅くなりましたが3/29~30と1泊でグリンヴィラでキャンプしてきました。 3月までの冬季料金で区画サイト利用の初訪問です。 というわけでAC電源付きなもので、今回もラクラク電気キャンプです。 我が家の電気キャンプグッズ3本柱はセラミック・ヒーター、ホット・グリル、ホット・カーペットなんですが、今回はだいぶ陽気もよくなってきたので、積載体積を懸念してホット・カーペットはお休みにしました。 なお、今回は我が家と嫁に出た姉一家(姉+義兄+姪※甥はサッカー遠征で欠席)がトレーラーハウス泊での合同キャンプです。 あちらはほぼキャンプ初心者なので、キャンプ場泊とはいえ、フォレスパ内のテニスコートを借りてのテニス合宿まがい(^^;の邪道キャンプかも。 とりあえず朝早く千葉の姉貴の家まで。そこからは車2台でこちらが先導してのドライブ。常磐道を走り、友部SAでひと休み。順調に那珂ICまで行き、あとは118号をひた走るのみ。ここまであまりに順調なので、当初の予定の道の駅大子の到着が早すぎるか。 てなわけで急遽、袋田の滝観光へ。 滝へは入場料を払ってこんなトンネルをしばし歩きます。
画像
すると眼前にこんな風景が…
画像
これが四度の滝とも言われる名瀑。
画像
そんなこんなで付近を散策したり、お土産屋を覗いたり…でもちょっと早いかなぁ。 といいつつ道の駅大子へ。 何が早いかというと道の駅大子で食べられる軍鶏料理。 このお店が11時からの営業なんです。少し早く着いたものの、物産で買い物したり、ベンチで少々休憩したりで1番客で入店。限定20食の軍鶏カレーうどんを注文。 すいません、写真撮り忘れかけまして、食いかけです…(^_^;
画像
義兄さんのみ軍鶏天うどんを注文したものの、うちらの集団だけで限定20食のうち5食を…。 この日食べられなかった方々、申し訳ありませんm(__)m お腹も膨れていざ大子広域公園へ。 姉貴一家はキャンプ場インの前、12時からテニスコートを予約しているので、まずはフォレスパのほうへ。まだキャンプ場のイン時間には早いので(有料のアーリーチェックインもありますが)、うちらも同行です。 テニスコートの向かいの小山に登って休憩用の東屋でひと休み。ポカポカといい陽気です。
画像
ころあいを見計らって、姉貴一家と別れてこちらはキャンプ場へ。 テント泊ですので設営をしなくては。 今回のサイトは区画サイトのE-1でした。 最近の我が家の定番、ウェザーマスター+アネックススクリーンの連結で設営完了。
画像
しかし、今回いつもとちがうのはスクリーンの中にシートを敷き詰めて宴会お座敷スタイルです。
画像
散らかっててすんません(^-^; 今回、姉貴一家も食事はこちらでとのことなので、アネックススクリーンに6名では椅子並べると狭いかなぁって。実際今回お座敷スタイル試してみて、このほうがスクリーン内は広々使えてよかった。今後は多用するかも。 とはいえ、そろそろ暖かくなってきたので、次回あたりからはスクリーンではなくヘキサ張りたいんですが…。 で、実は今回、色々ありましてこのあとはほとんど写真がありません。 まぁ、誰もが知る有名キャンプ場ですし、そこらじゅうでレポはありますので今さら俺が報告しなくてもいいでしょ。 姉貴一家がテニスから帰って、トレーラーハウスへ荷物を積み込むとじきに我がサイトへ。 スクリーンの中でまずはお茶飲み。 コーヒーや紅茶、日本茶と各自好き勝手に…お座敷スタイルだからか、まるでうちの茶の間のような状況(^^; 作ってきたプリンやお菓子をつまみながらひとしきりダラダラとして、日が暮れる前に女性陣はお風呂へと。 その間、男はダッチ料理へとりかかります。といっても義兄さんは初体験なのでほとんど俺ひとりですが。 今回は義兄さんのリクエストで丸鶏をダッチで焼きます。いっしょにじゃがいもも。 あとはホットグリルで我が家の定番、チーズフォンデュなので食べるときに調理すれば済みます。 女性陣がもどり、炭の番を交代して俺らがお風呂へ。 ここのお風呂はなかなか気持ちいいですね~。この時期、大子はまだ冷えるので体が温まって助かります。なにせ先日の朝霧より冷えましたから…。 お風呂から戻り、夕食の開始~フォンデュの他、ダッチに使った炭をコンパクトピラミッドグリルへ移して、換気に気をつけつつテーブルの上で道の駅で買ってきた軍鶏を焼き焼きです。 他にも姉貴一家が買ってきたホタテをはじめとしたシーフードのバーベキューも少々。 お座敷スタイルだとすっかり宴会状態になりますねぇ(^^) 人数多いときは非常にいいです。 結局かれこれ3時間以上夕飯を食い続け、外が冷えたのと風も少々あったので珍しく今回は焚き火もナシ。スクリーンに閉じこもりっぱなしで、姉貴一家がトレーラーハウスに戻ってからもコーヒー飲みながらダラダラ…体たらくキャンプとなりました。 そろそろ23時に…となるころシュラフにもぐりこみいつの間にか深い眠りに。 翌日は5時半ごろ目を覚まし、寒かったので6時すぎには昨夜しなかった焚き火を開始。 お湯を沸かしてモーニングコーヒーをすすりながら朝食の準備を少しずつ。 道の駅で手作りりんごジャムも買っておいたので、家で焼いてきた黒糖食パンでいただこうかと。姉貴一家にはトレーラーハウスの炊飯器でご飯を炊いてもらっておいたので、希望に応じてパン食、米食どちらも対応可能です。 おかずは、これまた道の駅で買った地鶏タマゴの目玉焼きとソーセージ、昨夜の残りの軍鶏肉と菜の花の炒め物などなど。非常にボリューム満点の朝食となりました。 食後ひと休みして、姉貴一家はトレーラーハウスの掃除をしてチェックアウト。いったん別れて再び予約してあるテニスコートへ。 うちらはあらかじめレイトチェックアウトを申し込んでおいたので、姉貴一家のテニスが終わる12時半をめざして撤収作業です。 レイトチェックアウト時間いっぱいいないのはもったいないですが、時間に追われる撤収も嫌なんで1時間半のために延長しちゃいました。 チェックアウト後、再び姉貴一家と合流して、大子の近所の「麻呂宇土」というお菓子屋さんでクッキーシュー食べながらお茶したり、道の駅でおやきを食べたりと、寄り道しつつ帰途へつきました。 東京に入るころ渋滞にも巻き込まれましたが、雨に降られつつ18時すぎには家に到着。 後半写真もなく、ダラダラと長くなりましたが、我が家には珍しい高規格、ベタベタのファミリー向けキャンプ場でのキャンプ終了。 お子さん連れのキャンプには非常にいいところだと思います。 水まわりを含めた設備の充実や清潔さ、管理棟まわりの施設の充実度ももんくないでしょう。 ただ、うちのような人混みを避けて自然の中でボーっとしたいだけのキャンパーにはにぎやかで明るすぎるところではありました。 日本一に選ばれたのもわからなくもないですが、ここを一番と評価したキャンパーには、個人的には同様の形態でより自然環境をうまく残したと思う、福島の「フォレストパークあだたら」にも行ってみてほしいです。 どちらかと言われれば、俺ならもんくなしに後者を一番にします。 何が?と言われればいくつかありますが、あえて何も言いません。 行った人がわかればいいのではないかと…関東からはちょっと遠いですが、連休などの長期利用ででもぜひとも行ってみてください。 ま、でも評判のキャンプ場、普段とちがう姉貴一家との合同キャンプ(?)で楽しい夜を過ごせてよかったです(^-^)
posted by Har at 21:46Comment(0)

週末の予定

もう3月も終わりですね。 世間的には年度末。この時期、毎年どうしても忙しくなりますが、年明けの状況では、今年は例年に比べるとだいぶラクかなぁなどと、かなり前からうっかりこの週末、29~30日で1泊キャンプの予約など入れてしまいました。 その後、仕事の状況もかわり例年ほどではないとはいえ、そこそこ仕事もつまってきまして、ここ数日夜なべをしてこなしているありさまです。 今回は我が家と結婚して外にいる姉一家との合同キャンプなもので、簡単にキャンセルってわけにもいかず、だいぶがんばりました。 どうやらなんとかキャンプへは出かけられそうな情勢までたどり着きました。 今回は某ランキングで日本一にも選ばれた、北関東の有名キャンプ場です。普段は人気で繁忙期などは予約するのも大変なんでしょうけど、今はオフシーズンでなんなく予約もでき、しかも3月いっぱいは冬季料金でお安くなってます(^^;
画像
我が家は電源付区画サイト、姉貴一家はキャンプ未経験なものでトレーラーハウスでの宿泊となります。そうなると普通はテントサイトの我が家がトレーラーハウスに遊びいったりとか思いがちですが、義兄さんがテントのほうでご飯を食べようとはりきってまして、ダッチオーブンでなんか作ってだとか、コットで寝てみたいだとか、なにやら夢が広がっているようです(^-^) 今週末は桜なんかもちらほら見られるんでしょうかね。東京なら花見ピークなんじゃないかと思いますので、少なくとも道中には期待できるかと。年明けの大原に続き、今回も電気使用で適当にラクもしようかと。 この週末はにぎやかなキャンプになりそうです。
posted by Har at 16:05Comment(0)

富士のふもとにも春の訪れ 朝霧ジャンボリーオートキャンプ場 その2

朝霧ジャンボリーでの富士見キャンプのつづきです。 この時期というより、このキャンプ場ではGWとお盆の時期、あとは大きなイベントでもないかぎりほとんどほったらかし状態のキャンプ場です(^^; 管理棟はありますが、繁忙期(管理棟で受付をする時期)以外は管理棟前、もしくは受付時にもらう紙に書かれている番号に電話して、隣接のゴルフ場からスタッフに来てもらわないと買い物もできません。
画像
一応、中ではホワイトガソリン、ガス、薪、炭などの燃料類、電池やアウトドア系のちょっとした小物くらいは常時置いてあるようです。レンタル品らしきものもいくつか…。 ただし、決まった時間内でないと対応してくれませんので、基本的にはあてにしないほうが賢明かと。 ただし、ジュースやビール、発泡酒は自販機でいつでも買えます。写真のほかにもう1台アルコールの自販機があります。 管理棟近くのトイレはキレイに管理されていて、男女別の洋式水洗です。
画像
この左手に炊事棟があります。簡単な屋根に流しと付随した調理台(?)くらいで、水が出るだけです。 場内は広いので、このほかにも炊事棟やトイレはいくつかありますが、時期により使用不可か、使用できる時期も、はっきり言ってここほどキレイではありません。 ここはより自然のままの環境を~とうたっているキャンプ場ですので、個人的には必要十分だとは思いますが。 さて朝早く、それもほぼ寝ずにしたくをして出てきましたので、お腹が膨れて気温が上がったら睡魔が襲ってきました。 富士山のふもとではそこそこ冷えるかと思いきや、日中は汗ばむ陽気。すっかり春のようでした。こうなったら、朝からインして時間に余裕もありましたので早速テントでお昼寝です。 暖かいので寝袋には入らず、お腹まわりに広げてかけるくらい、テントやスクリーンもメッシュで風を通してちょうどいいくらいでした。 ものすごく快適に熟睡しました(^-^) その後、目が覚めてお菓子をつまみながらコーヒーを飲み、富士山を眺めてはまたまったり…とのんびり過ごしました。 陽が傾く前にランタンなど用意して、朝昼兼用のご飯しか食べていなかったので少し早めにボチボチと夕飯の準備です。 まず買っておいた餃子でビールを…お腹減って我慢できないので、とりあえず。
画像
一応中国製でない小粒なチルド餃子を買ってきました(^_^; さてさて夕飯のメインは道の駅あさぎり名物、もっちゃんで鍋です。
画像
もやし、ニラ以外は朝霧高原で調達。 だいぶ暖かくなってきたとはいえ、高原の夜は鍋が温まっておいしいです。 〆にラーメンを入れて食べました。 お腹が膨れたらコーヒーを持ってスクリーンの外へ。 やはり夜は焚き火、今回もファイアスタンドⅡの登場です。
画像
こいつを使いはじめると焚き火のためにピラミッドグリルはちょっとバカらしくなります。 今後も調理の必要性で使いわけたいと思います。 少し風が出てきたりで焚き火は1時間ほどで終了。 冷え込みもそれほどきつくなく、やはり春の訪れを感じます。 残念なのは夜になって若干雲が出たのか、朝霧高原らしい満点の星空とはいきませんでした。 今回はその分、富士山がたっぷり眺められているから、差し引きでチャラって感じでしょうか。 10時にはテントに入っておやすみなさ~い(-_-)zzZ 翌朝、その名のとおり朝霧立ち込めるしっとりした雰囲気です。
画像
車の表面は若干凍ってましたが、テントやスクリーンはまったく。 ホントに寒さは思ったほどでは…氷点下にはならなかったのかな?! (温度計持ってかなかった…) 雲が下に広がってましたが、富士山が頭のほうを出したのでダイヤモンド富士が撮れないかと、コンデジながらパチリ!
画像
ちょっと雰囲気のいい写真が撮れました(^-^) 今回のお気に入りです。 デジイチに買い換えて写真も勉強してみようかなぁ…でも才能あると思えないしなぁ。 ダラダラと焚き火で暖をとりながら朝食の準備。
画像
今朝ももっちゃん。今度はモツ焼き(モツ炒め?)です。 朝はいつもどおり手抜きまくりで、サトウのご飯にモツ炒め、サバの塩焼き(缶詰)とタマゴスープ。
画像
しかし、これが非常にうまかった。キャンプの飯はなんでこんなにうまいんでしょ~(^-^) その後、富士山は再び全貌を現しはじめ、
画像
画像
ときには軽く傘をかぶり、
画像
1日たっぷり富士山を眺めてきました。 お昼にサンドイッチを食べて撤収。 ルーフキャリアのおかげで若干撤収も早くなったかな?! のんびりして2時すぎにキャンプ場を出ました。 あ、撤収前にちゃんと道の駅あさぎりでもっちゃん2つ買ってきました。 甘くておいしかったのでキャベツも。帰ってまたモツ鍋できるな~(^^) 帰りはETC割引もないので、山中湖から道志道抜けて八王子方面から帰りました。 朝、テントから出て正面に富士山、俺の中では最高のキャンプシチュエーション。 花見もいいけど富士山には得たいの知れないエネルギーをもらえる気がします。 朝霧ジャンボリーには今年まだまだお世話になりそうな…。 ちなみに前回のオレンジ村がサイト料3,600円。 今回は冬季料金でサイト(車)が500円+大人1,000円×3人で3,500円でした~。 4月からは1,000円増しなんで、やっぱり暖かくなりはじめの3月中がいちばんオススメかも。
posted by Har at 22:02Comment(0)

一転強風撤収キャンプ オレンジ村オートキャンプ場 その2

春の陽射しに照らされる花を眺めながら、ただただのんびり…。 おっと、のんびりばかりもしれいられない。 今回のキャンプの課題のひとつ、ユニのファイアスタンドⅡのデビューの準備しとかなきゃ。 オレンジ村は薪無料ですが、場内の要所要所にはすっぱな材木が置いてあります。これ薄かったり細かったりはしますが、けっこう長いんです。1本3メートルくらいかなぁ。おやじさんが切ってくれたり、ノコギリ貸してくれたりするみたいなんですが、この時点でまだおやじさんには会えず、到着のときには従業員さんにスルーで通されてしまったので、仕方なく自分で切ることに。こんなこともあろうかと、ちゃんと小さなノコと鉈は持ってきているんですよ。 とはいえ、ちょっと張り切って切りすぎ、すっかり疲れてしまいました(^^; まだ明るいけどちょこっと点火。 (すんません、ここから携帯写真が続きますm(__)m)
画像
いやぁ、メッシュの台というのは画期的。最初は頼りない印象でしたがなんのなんの。強度も問題なさそうですし、なにより下から空気が入るためか火のつきはいいし、よく燃えます。燃え残りも皆無に近いかも。 これやめられないなぁ~夜が楽しみ(^^) 薪の準備も完了して、ふたたびのんびり。 そろそろ夕飯の準備かなぁ~などと考えていると、キャンカーの方1組が到着。 我々よりも奥のほうのサイトにいらっしゃいましたが、場内はソロの方と3組のみで静かでゆったり。 ほどなく管理人さん登場。 評判のとおり、気さくなおやじさんで、レモンとみかんをいただきました。
画像
みかんは甘いし、レモンは紅茶に入れてレモンティーでいただきましたが、香りがよく、舐めてみてもすっぱくないんです。 サイト料も安いのにみかんやレモンのサービス、さらに朝には絞りたてミルクも持ってきてくれるとの予告。けっして高規格キャンプ場のような設備はありませんが必要にして十分で、おやじさんはサービス精神旺盛、純粋にアウトドア時間を楽しむには実にいい雰囲気です(^o^) 夕飯は鶏の塩ちゃんこ風鍋…の予定でしたがなんだか色々変更でわけのわからないごった煮になってしまいました(-_-;
画像
見た目悪いですが味はバツグン。〆にラーメンを入れていただきました。 暗くなったので夜桜ならぬ夜菜の花ということでライトアップしてみました。 (メッシュに夜間でピントがあわない^_^;)
画像
画像
200Aががんばってくれてます。 お腹も膨れて、夜菜の花も楽しんだので、今度は表に出て焚き火です。
画像
薪はたっぷり用意してありますし、ファイアスタンドⅡでバンバン燃やします。 コーヒーを飲みながらたっぷり焚き火を楽しんで冷えてきたんで10時になるころテントへ。 シュラフにもぐりこみ、iPodなど聞きながらしばらくゴロゴロしてましたが眠気に勝てず…おやすみなさい。 明けて翌朝。 6時ごろ起床。冷え込みはそれほどではありません。 いったんトイレに出ましたが、再度シュラフにもどり、なんとなく出られずにグズグズ(^-^; テントには凍結も結露もありませんでした。 だいぶ春になってきたということでしょうか? 6時半に近くなり、やっとこ活動開始。 とりあえず焚き火で暖をとりながら、シングルバーナーでお湯をわかします。 キャンプの朝はまず目覚めのコーヒーから。これはゆずれません(^^) 朝陽に照らされながらコーヒーを堪能して、さて朝食。 今朝は、昨日買っておいたアジの干物です。
画像
ロゴスのピラミッドグリル・コンパクトで焼きました。 写真撮り忘れかけました。食べかけですいません。かっちょわりー(^^;
画像
ヘンな組み合わせですがご飯にはレトルトの中華丼、アジの干物にいわしバーグ、菜の花のおひたしです。 朝からしっかりいただきました。 朝食後、予告どおりオレンジ村名物、絞りたて牛乳が届きました。 (写真忘れました) しかも暖めて持ってきていただきました。 濃すぎず非常に飲みやすいのですが、甘くおいしい牛乳でした。 ごちそうさまでした。 オレンジ村はそもそも14時チェックアウト。おやじさんにも「何時までいてもいいよ~」などと言われてましたので、昼も食べてから撤収…と考えてたのですが、牛乳をいただいてじきに、風が強くなってきました。 最初はときおり強風が吹くくらいだったのですが、11時近くなると強風が続くようになり、テントやスクリーンもちょっと不安になるくらいあおられ始めました。 昼ご飯を早めて撤収にしようか迷ったのですが、潔く撤退することにしました。 この判断は結果よかったようです。 ここからは写真どころではありませんでした。 強風が止む一瞬を狙って幕体をたたみ、また風のようすをうかがい、また止んだ一瞬で次の動作への繰り返し。 いつもの撤収作業より急いでいるにもかかわらず、時間はいつも以上にかかりました。 結局、撤収完了したのは1時すぎ。 管理棟(休憩所)でご挨拶と記帳(本来は入場のときに書くはずですが)を済ませて世間話など。帰り際に昨日いただいたみかんとレモンがおいしかったとお礼を伝えると、またどっさりお土産にみかんをいただいてしまいました。 なんか催促したみたいで申し訳ありません(^-^) お昼を抜いての撤収だったので帰りの車内でもおいしくいただきました。 最後の最後で自然の猛威に触れてバタバタの撤収でしたが、春を満喫できたし、みかんや牛乳も堪能した楽しいキャンプでした。 オレンジ村、個人的にはけっこう肌のあうキャンプ場でした。 繁忙期にはごみごみして落ち着かないかもしれませんが、オフシーズンや平日にのんびりするにはいいキャンプ場だと思います。 なにしろ低価格ですし(^^; 今度はソロでも行ってみたいなぁ。
posted by Har at 22:16Comment(0)

ひと足早いお花見キャンプ オレンジ村オートキャンプ場 その1

今回は房総半島の南、千倉のオレンジ村に行ってきました。 前から行ってみたいキャンプ場候補でしたが、この時期暖かそうなのと、菜の花なんかもキレイかと。それと重要なのは低料金で薪も無料!今月はちょっとふところは冬のままなもので…(^^; ま、半分冗談ですが(半分かよ!)、フリーサイトだし(一応サイト番号の札は立ってましたが)景観も良さそう、それにインが9時、アウトが14時(これも適当のようでしたが…)とゆったりできるかなという理由でのチョイスです。 土曜の朝、1件仕事を片付けて10時出発です。今回は9時インの恩恵は諦めました。 東関道~京葉道~館山道と経由して、途中、道の駅富山(高速PAとしては富楽里)で買い物して、キャンプ場到着が12時45分頃。 受付となるみかん狩り休憩所でスタッフの方に声をかけるとキャンプは上ですので勝手にどうぞ~と。 どうぞと言われても…ととまどいつつ上に上がると立て看板が。 お好きなところにどうぞと書かれてますので、ホントに勝手にサイトを選びます(笑) この時点ではソロの男性がおひとかたのみです。 お邪魔になってもなんなので、少し離れた奥へ進み、菜の花と梅が咲く横のサイトに。
画像
画像
画像
ここなら景観もよく花も楽しめてロケーションは文句なし。 とりあえず幕体を立てて、荷物を運びこんだところでちょっと休憩。 スクリーンのメッシュ窓から花を眺めながら、ちょっと遅めのお昼です。 お昼は道の駅で買った太巻ほか諸々です。 同じく道の駅で買った甘夏のマーマレードをつけて、ホームベーカリーで焼いてきた食パンも少々。ほろにがくて大人の味でした(^-^; 団子はともかくお花のほうはというと、梅はピークかな…
画像
菜の花はものにもよりますがちょっとピーク過ぎって感じで…
画像
とはいえ、お花に囲まれた春満開キャンプです。 ポカポカ陽気の中、まったりと…あ、張り綱! で設営完了です。 、
画像
空いてますので焚き火スペースも考えて贅沢に使わせていただきました。 しばしスクリーンごしの花見をしながらのお茶タイム。お菓子やコーヒーをいただきながら、ランタンの手入れなどしてまったりと過ごします。 つづく
posted by Har at 12:50Comment(0)

自然にはかなわず…早々に退散 竜洋海洋公園オートキャンプ場

先のとおり、今回トレーラーハウスでお泊りしたのは静岡・竜洋海洋公園オートキャンプ場。 ここもかなり有名な高規格キャンプ場ですね。 ホントはいい時期にテント泊も考えていたんだけど、トレーラーハウスに興味があったんで空いてる時期に下見を兼ねて。 で、土曜の朝、1件仕事があったんでそれ片付けて10時出発。トレーラーハウスは14時からのチェックインだし、テントとちがって設営ないし、ま、いっかってことで。 首都高~東名高速と順調に走行。今日の予定はとにかくキャンプ場へ行くこと。着いたら場内の温泉施設に入ることくらい。ただ、途中にひとつだけ寄り道の希望が…。 それが以前から名古屋行きのたびに登場している道の駅掛川。 ここでお昼を食べること。 なんてことない道の駅なんだけど、ここの食堂が特にお気に入り。レーンにお盆持って並んでご飯、おかず、汁物と好きな品をとってお会計するしくみ。このおかず選びが楽しいし、素朴だけどなかなかおいしい。それに価格もリーズナブルだし(^-^) オススメのおかずはナスの煮びたし系か田楽、ゴボウやレンコンのきんぴら、豚汁とか副菜にあたるものかな。ハンバーグやら揚げ物系、しょうが焼きなんかもあったりするけど、ここの醍醐味はお母さんの作ってくれるご飯って感じかな。 道の駅掛川には、この食堂を含めて、富士山周辺の我が家のお気に入りスポットでもある時之栖(ときのすみか)経営の直売所や喫茶がある。 ファミリーマートも入っているので、夜中も買い物できるため車中泊にもいいと思うけど。 そんなこんなで15時ごろキャンプ場到着。 場内のルールなんかの説明を聞いてチェックイン。 我が家はB-12サイトのトレーラーハウス。
画像
道中晴れ間もあったのに、このころにはすっかり曇。雨が降ってないのが救いか。 本日のキャンプ場は我が家のほかに、やはりトレーラーハウス泊の方がひと組。 残念ながら貸切ではなかった(^^; でもテント泊はゼロ。
画像
これが話題のフリーサイトか。ギザギザのとこが駐車スペース。そのうしろあたりが割り当てられてサイトを設営する、区画がないだけの「フリー」サイトらしい。
画像
画像
で、こっちが区画サイト。各サイトに電源と水道が付いてる。 うちのウェザーマスターとアネックススクリーンタープのセットは狭くて無理かな…。
画像
画像
画像
コテージもあります。
画像
場内もうろうろして、荷物もトレーラーハウスに入れたし、テント泊とちがってやることありませ~ん(爆)。 コーヒー入れてひと息ついてさてお風呂にでも…。 竜洋海洋公園内には「しおさい」という施設がありまして、地元野菜などの物産を兼ねた売店やレストランなどがあり、そこでラジウム温泉にも入れます。 ゆったりお風呂に浸かって出てくると霧雨? お~っと、これはいよいよ今晩からトレーラーハウスに缶詰か!! 雨は徐々に水量を増やし、外で過ごすのは絶望的になりました(-_-# 気を取り直して、こうなったら食ってやる~ということで、 まずは竜洋海洋公園の売店で買ったうなぎの白焼きと持参したシャンパンで…
画像
緑のチューブ、これも売店で買ったわさび。静岡といえばわさびだもんね。これ吟醸わさびって書いてあったけっこう高級品(^^; 続いてチーズフォンデュでビール! これはウインナーをつけたとこ。ほかにも野菜やパンをパクパク)^~^(
画像
写真ないけど、このあと、道中高速のパーキングで買った富士宮やきそばで〆。 冷凍されてて電子レンジでチンするだけの簡単調理o(^-^)o 最近やきそばに目がなくて…いや~腹が裂けるかと(爆)。 しかし、温泉入って、うまいもん食って酒飲んで、悠々キャンプですなぁ。 この夜までは(^_^; 夜テレビで関東の空模様を聞いて、明日はヤバいかな?と。 で用心のため、お腹も膨れたことだし、早々に寝ることにしました。 このとき竜洋では雨がしとしとやや強めくらい。 明くる朝、やはり竜洋ではしとしと強の雨模様。 テレビを見ると都心あたりはかなりの雪模様。 急遽朝飯の用意。もともと朝は簡単にと思ってたんで、用意してきたハンバーグパティを焼いてバンズにはさんでハンバーグのできあがり。 家で仕込んだコーンポタージュを温めて、コーヒー入れて。 昨晩買っておいた恵方巻き(家族で3分割ですが)を南南東と思われる方角を向いて無言でいただき、早々のお片づけ開始! で、8時ちょうどに出発の準備完了。 管理棟でチェックアウトして、後ろ髪ひかれつつ8時10分ごろキャンプ場をあとにしました。 今日は天候の悪化と愛車「古」レガシーの走りの勝負! 寄り道も一切キャンセルして東名高速を突っ走りました。 沼津をすぎるあたりまではまったく雪の気配はナシ。雨もたいしたことはなく、しかし都心のニュース映像が焼きついていたので油断することなく、ひたすら走り、裾野を越えると一気に高速の上は吹雪状態((+_+)) さすがに速度も落としましたがチェーンをつけるほどでもなく、一番不安定な状態の走行となりました。 足柄あたりで横転しているワンボックスを横目に慎重に…慎重に…。 厚木を過ぎたら急に渋滞。 なんと除雪の作業車が3車線に並走していたためでした。 しかし、これは逆にラッキー!僕らの数百メートル前で除雪したところを走るのですから鬼に金棒。 吹雪のような雪の中、東名高速はもはやエレクトリカルパレード状態ですよ(なんのこっちゃ?)。 横浜町田までパレードは続き、トイレ休憩に港北に寄って、そのまま首都高で13時をまわるころ無事家に到着。 帰ってニュースを見るとのきなみ通行止めや規制がかかっていて、早々の撤収でよかったね~と家族でホッと胸をなでおろしました。 いやはや、自然にはかなわないな~と気をひきしめる初トレーラーハウスキャンプでした。 とはいえ、こんなキャンプ場の利用もなかなか楽しいですな。 雨のせいでトレーラーハウス内が長かったので、あらためてキャンプに行きたくなりましたが。 やっぱ焚き火したいな~来週も出撃するか?! 最後に今回泊まったトレーラーハウスの中をちょっとだけ。 距離とれなくて写真撮りづらかった(^^; まずはベッドルーム。ここではゆったりめのベッドで2人就寝できます。
画像
4人がけテーブルのリビング(左)と細めの2段ベッド(右)。押入れで寝る感じ?(^^)
画像
正面のドア(左写真)はバスルーム。トイレと洗面台とシャワー。キッチン(右)はシンクが少々狭いけどお湯も出ます。
画像
posted by Har at 21:44Comment(0)

トレーラーハウス

画像 ここは静岡県、竜洋海洋公園オートキャンプ場。うちのほかはトレーラーハウスに一組。 あいにくの天気でもテントと違い快適V(^-^)V雪にならないといいけど…
posted by Har at 22:30Comment(0)

この週末は…

某キャンプ場に出向きますが、テント泊ではありません。 とても有名なキャンプ場です。 でも、この時期、海が近いこともあり風が強いとのうわさで、用心のためと興味があったのでトレーラーハウスにしました。
画像
しかも、我が家はある条件で割引になるそうです。 ホントはテント泊にも非常に興味も魅力もあります。 敷地内には入浴施設もあります。 たぶん、道中、俺が今のところ一番好きな道の駅●●がわに寄れると思います。 どこかわかるでしょうか? 行ったことのある人も多いんじゃないかな~。 うちはオートキャンプにめざめたのは遅かったからなぁ…。
posted by Har at 22:49Comment(0)

レーシングカーで言うところのテストコースか?!

今週は仕事もろもろの都合でキャンプはナシ。 しかも猛烈に寒い…でも天気はいい。となるとどうしても外出たくなるんだよね、性分として。 とはいえ、俺のお給料日は基本月末(言ってみれば自営業なのでお給料日ではないけど…)。ふところも寒い。 てなわけで近所を散歩(^^)自宅から車で10分くらいの若洲海浜公園に行ってきた。
画像
最近のシンボルはこれ。風力発電の風車。なぜか鉄腕アトムほかの手塚キャラが…。 公園に来たといっても子供遊ばせるお父さんではないので、今日の目的は散歩がてらここのキャンプ場を視察に(偉そう?)。 そうとう昔にバーベキューでちょっと入ったことはあったけど、あまりに近所でキャンプ場として認識してなかったもんで、いまいちサイトの状況や設備とかの記憶がなかった。しかし、灯台下暗しなんてことわざがあるように、一応見直しておこうかと。 今時分ならきっと空いてるだろうしね(^^; 場内はこんな。
画像
場内は通路は舗装されていて、サイトエリアは芝生か土。 正面遠くに先ほどの風車。キャンプ場は公園の奥に位置し、奥は海沿いの堤防に面している。左側の建物はトイレ。場内に3~4箇所ありました。すべて水洗ですが洋式はなし。
画像
写真の東やが炊事棟。これも場内に4~5箇所。このほか炉やファイヤーピットなどもいくつか…。
画像
各サイトはこんな風に木などで仕切られている。各サイトでサイズも形も差があり、オートでないから車のスペースはないとして、平均して中型テントとヘキサor小型のスクリーンくらいかなぁ。 場所により、となりのサイトと隣接するので混雑期は落ち着かないかも。 今日はさすがに宿泊キャンプ組はいないようで、バーベキューなどのデイキャンが数組。 ユニのヘキサを張ってる若い男女のグループが1組いたが、海が近いせいかそこそこ風が強くだいぶ煽られてました。 AM11時イン、AM10時アウトで1泊/大人1人\600、デイキャン料金\300をプラスするとPM9時アウトになります。駐車場は1回\500で夜間はゲートが開かず出られません。 防波堤で釣りもできますので、釣り目的もしくは東京外の方が経費削減の東京観光の宿としていいかもしれません。 俺としては新しい幕体の試し張りとか、濡れたテントの乾燥デイキャンなんかにいいかも。 本ちゃんキャンプの前にプレキャンプとか…(^-^; どっちにしてもいつか1度キャンプしてみたいな。
posted by Har at 21:45Comment(0)