カゴの取り付け

自転車のカゴつけました。
画像
フロント・バスケットって言うんですかね 荷台もキャリアって言うんでしょうが、昭和生まれなのでカゴと荷台です 折りたたむとこんな感じ。
画像
自転車についてるときは、荷物をくくりつけるようなことをしないかぎり折りたたむことはないのかな?! いたって普通の自転車っぽくなりましたが、積載量を増やすためには仕方ないことです 近いうちに、前後あわせてどのくらいの荷物が積めるか試してみないといけませんね。 若洲海浜公園への道は見えてきたかな?! ただ、カゴを取り付けるためにライトの台座の位置をずらさないといけなくて、ちょっと傾いだ状態に。
画像
これは改善の余地ありです。 またお金がかかっちゃうな~ あ、昨日塗装した天板、今後の課題も多少残りますが、とりあえず金具も付けて無事はまりました。
画像
適当にハケ塗りしたので決して美しい仕上がりとはいきませんが、仕上げに目の細かいサンドペーパー使って表面をこすりました。 アルミのヘアライン仕上げじゃありませんが、細かい傷を作ってややつや消し気味になって、塗りの荒さがごまかせるかと ムーンライター使用するだけでは広すぎる空き部分を有効利用するためなので、とにかく天板分、普通のテーブル面積が増えればいいので、これでOKでしょう。 今度こそ、来週には試せるかな~
posted by Har at 15:39Comment(0)

フロントには…

クレジットカードのポイントで某カードのいわゆる電子マネーをいただきました。 で、それでこんなん買いました。
画像
自転車の前カゴ(?)です。 それと、
画像
安いサイクルコンピュータです。 サイクルコンピュータは同じものを持っていたんですが、盗難(?)にあいまして…というか停めてるときにはずしてサドルバッグに入れてたら、サドルバッグごとなくなってました これ以外にはレンチが入ってたくらいなんですけど…そんなもの盗んでどうするのでしょう。 世の中にはひどい人がいるもんです しかし、今もセンサーは付いたままなので、今回、泣く泣く同じものを購入したわけです。 ま、カードのポイントで買えたので実質の出費はなしですけど。 サイクルコンピュータはいいとして、先のカゴですが、こんなふうに折りたためるやつです。
画像
いわゆる折りたたみ自転車に対応するための折りたたみ機能のようですが、俺にとってはこれが肝です。 基本的にスプリング式で勝手に開くカゴなんですが、フックでひっかけることで折りたたんだ状態をキープします。 その折りたたみの機構なんですが、前面と側面が別々にパタパタとたためるのでフックなどを工夫すれば、 こんな状態や、(写真ではゴムひもで留めてます)
画像
こんな状態にも、
画像
アレンジがききそうです。 前面、側面をたたんだ状態なら幅の広いフロントキャリアとほぼ同じですよね。 ゴムひもなどでキャンプ道具をくくりつけるにもよさそうです。 もちろん、あまり長距離となると耐久性等不安はありますが。 日本一周自転車の旅…とかするわけではないので、なんとか使えるのではないかと。 取り付けもそれほど難しいわけではないのですが、昨日のバタバタなどで取り付けまでできておりません。 週末にでも取り付けて少しずつ自転車若洲キャンプ行を計画してみようかな…。
posted by Har at 13:34Comment(0)

やっと装着!

先日買っておいた自転車の荷台(?)、遅ればせながらやっと取り付けました。
画像
作業はいたって簡単 取り付けネジにあった六角レンチさえ持っていればほんの数分で終了です。 マッドガードははずそうかと思ったのですが、とりあえずお互い干渉はしないようなのでそのままにしてあります。 耐荷重10kgとのことで、当然のことながら2人乗りはできませんよ。 テントと道具類くらいなら余裕でくくりつけられるかなぁ。 でも荷台面積が広いものではないので、なんらか工夫がいるかもしれません。 実は今、愛車レガシーが入院中です といっても調子が悪くなってのことではなく車検でして。 ただ、なにせ古(ボロ?)い車なもんですから、車検を通すには細かいいたみがちらほら パーツ待ちで預けてきてしまいました。 今週中に終わるかどうか…ちょっと難しそうな雰囲気です。 だからといって輪行キャンプを目論んでの作業ではありませんが、自転車以外足もないんで、この機会に取り付け作業となったわけです。 次の課題はフロントの積載スペースですねぇ。 こんなんは取り付けられるのかなぁ…。
画像
TIOGAチューブラーキャリアという商品。 リアはけっこうあるのに、フロントはカゴばっかり もうちょっとじっくり探してみるかな~
posted by Har at 19:51Comment(0)

次に考えるキャンプ・スタイル

実はとりあえずこんなものも入手してあります。
画像
なんのことはない自転車の荷台です 近所のホームセンターAでは4,500円で売ってましたが、ホームセンターBで見たら2,980円でした。 安いのはありがたいことですが…販売価格とはいったいなんなんでしょうか? もちろん、すかさず購入したわけですが。 次のステージとしてこんなんが活躍するキャンプもいいかな~なんて。 ま、土台もキャプスタの折りたたみ式のバイクで、たいしたものではないんですが、近距離だったら輪行でキャンプなんてのもありかな、と。 とりあえず荷物を積むのに土台になる後部荷台なんかがないと話になりませんから。 フロントバッグやリアサイドバッグなんかも考えないとな~ バッグよりステーみたいなものでくくりつけたほうが積載量がアップするかな?! 最初は先日行ってきた近所の若洲海浜公園へテスト輪行キャンプが目標です。
画像
これは先日キャンプしてきたときの写真ですが、このとおりオートキャンプ場じゃないんで、どっちにしても最小限の荷物じゃないとね。 となれば自転車でというのもおもしろいかと。 しかも、若洲の場合、駐車場1回500円なので、これも節約できますし どちらにしても、道具の積載方法考えなきゃいけないんで、すぐにというわけにはいきませんね。 ま、あせらずじっくりいきましょう。
posted by Har at 21:17Comment(0)