高尾山登頂!

なんとか家族全員頂上に着きました。 やっぱり絶景とはいきませんな~。
画像
さすがにウワサの富士絶景も今回は無理です。 ミシュラン一つ星もとれるかどうか…ま、景色だけを楽しみにきたわけではありませんが。 もうひとつ残念なのは、山頂はかなりの人で、正直、ゆっくりしてられるような雰囲気ではありません。
画像
実はこの写真のまわりには人がびっしり((+_+)) あまりに目前を人が往来するので、人通りの途切れた瞬間を狙ってこの状態です。 考えてみたら高尾山口から頂上までのルートで3コース、加えて途中まではケーブルカーにリフトでたくさんの人が登ってくるわけですから、それが一堂に会する頂上が空いているわけもなく、頂上に着いたとたん、これまでの山道とは何やら別世界に来てしまった感じです(^^; こうなったら早々にお昼をいただいて下山しましょうか。 なんとかあいていたベンチを見つけ、早速おにぎりをむさぼります。
画像
なんでもないおにぎりですがすごくおいしいです。 おかずはウインナーときゅうり丸々の漬物などなど冷蔵庫のありあわせです。貧乏弁当だなぁ(^^; 本来はどこか端っこでお湯を沸かしてコーヒーを入れようと重たい荷物をしょってきたのですが、そんなスペースはどこにも…諦めました(ToT) とりあえず、おやつも食べて下山分のエネルギーは満タン。 人ごみを見て、混雑するであろう参道の1号路はちょっと…ということで、母も疲れてはいるものの大丈夫そうなので下りは沢伝いの6号路に決めました。 6号路は200段階段の下までは稲荷山コースといっしょ。そこから沢側へ降りていきます。 沢へ降りる道もひたすら階段でした。 仮に6号路で登ってくると、最後は沢伝いを抜けるのに階段をひたすら上り、もうすぐ頂上となったところでさらに200段!…はっきり言って階段地獄です(-_-; 駅で配られていた「高尾山で夏を涼しく」とうたっていたパンフレット。この中に書かれていた6号路のオススメを無視して稲荷山コースで登ってよかったと胸をなでおろしました(^-^; とはいえ、階段を除けば、水がちょろちょろ流れる中、点在する石を伝って歩く飛び石や沢伝いに水の流れを聞きながら歩く山道はこの時期に気持ちいいのは確かです。 ただし、ぬかるんでいる箇所や水の流れているところもありますので、6号路利用の場合は防水性のあるトレッキングシューズを用意することをオススメします。 下山中、たぶん駅のパンフレットを見たであろう軽装で6号路を上がってきた方々を見ましたが、雨天後のこの日はまちがいなく登頂時足元は濡れたと思います。 で、その沢へ降りる階段が終わるとこんな山道。
画像
このあと飛び石に出るのですが、石の上を伝うこの区間、どうしても混雑するので立ち止まって撮影とはいきませんでした…写真なくてすいませんm(__)m 沢伝いの6号路は湿地に近い環境もあったりで、行きの稲荷山コースとはだいぶ趣きもちがいました。
画像 画像 画像 画像
沢伝いの山道をしばらく歩いていくと、薬王院のお坊さんたちが滝に打たれて修行するという琵琶滝が見えてきます。
画像
ここまで来れば6号路もほぼ終わりですかね。あとはじきに見える岩屋大師(すんません写真忘れました)を過ぎれば6号路口に着き舗装路に出ます。
画像
ここからケーブルカーの駅までが5分くらいですかね。 この日は脇に流れる川にアジサイがキレイに咲いてました。
画像 画像
最後にキレイなアジサイで涼しい気持ちになってケーブルカーの駅に到着。
画像
このあと、汗だくのシャツを着替えて、みんなでお疲れのソフトクリーム(^-^) さらに俺は電車行動ならではの楽しみ、駅で売ってる燻製玉子をつまみに缶ビールを1本いただきましたヽ( ̄▽ ̄)ノ 今度はもうちょっと登り応えのある山も行ってみようかな~。 筑波山あたりはどうかと…ま、それはおいおい。 ●今回の所要時間 登り:約2時間30分(稲荷山展望台休憩含む) 下り:約1時間50分
posted by Har at 21:51Comment(0)

高尾山トレッキング

天候に不安を抱きつつ迎えた7月6日、無事に高尾山登頂してきました。 前夜、おにぎりを作り、飲み物や携帯食に飴やチョコを用意して、すべて準備万端。 あとは朝、天候が大崩してないことを祈り就寝。 朝起きて外を覗くと、どうやら雨は降っていない。 しかし、21階のうちから見た外はまるでホワイトアウト(^^;200m先くらいまでしかはっきりとは見えてない。 雨は大丈夫として、霧がすごいのかな?慌ててネットで高尾山のライブカメラを確認。 うちからの景色ほどひどくはないけどあたりの景色は決して美しく眺められそうにはない。 しばし、天候のいい日に挑戦しようか迷うも、休日にこれだけの準備を無にしてぼーっと過ごすのもどうかと思い、出発することにした。 我が家からは地下鉄~京王線と乗り換えて高尾山口駅までは1時間半強。 新宿からは特急に乗れたので早かった。8時40分ごろに到着。 まずはトイレ。いかんせん稲荷山コースにはトイレは途中に1箇所。 登山の基本でもあるが、事前にトイレに行っておかなければ。 これは世間全般に言えることで、男女ともに駅のトイレは行列。男子トイレはそれでもさっさとはけていくも、女子トイレは所用時間が長い分、だいぶかかった。 少しウォーミングアップもしつつ、結局9時ごろ出発。 稲荷山コースはここから。
画像
右へ行けば沢伝いの6号路。 稲荷山コースはしょっぱなから階段。トイレのある稲荷山展望台まではやや急な登りかな。
画像 画像 画像 画像
斜面のきつさよりも気温に苦しめられつつ、すっかり汗だくになったころ、ほどなく稲荷山展望台の東屋に到着。
画像
天候が天候なので絶景とまではいきませんが、コースの中でもここは見晴らしがいいです。
画像
母がそこそこ疲れてましたので、ここでしばし休憩をとりました。 持参したキャプテンスタッグのFDザブトンを敷いて腰をおろし、水分補給と携帯食やミニあんぱんでスタミナ回復。 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) FDザブトン
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) FDザブトン

シートなどとちがい小さなスペースでも使用でき、クッションもそこそこ。
東屋のすぐ横にトイレもありますので、心配な人は済ませておきましょう。 稲荷山コースでは、ここまでがひとつの肝ですかね。 ここから先はしばらく下ったり上がったりの尾根道が続きます。 尾根道とはいえけっこう樹木が茂っているおかげで無風が続き、あいかわらずの気温の高さに苦しめられます。 母のことを考えて、ときどき開けた風通しのいいところに出ると、足を止めて涼みつつゆっくりと登ります。 そんなことを繰り返して数十分、最後の難所、頂上直前に200段の階段です。 ビルのそれとはちがい一段の高さや幅が一定ではないので(当たり前ですが)、ここでみなさんけっこう苦しいみたいです。 多少息は切れましたが俺自身はけっこう無理なく登りきりました。 上がったところでしばし母を待ちます。
画像
途中何度も足を止めつつ、ついに母もなんとか登ぼりきりました。 すいません、続きます。
posted by Har at 22:55Comment(0)

休憩中

画像 とりあえず休憩(^_^) まだ先は長いです。
posted by Har at 10:09Comment(0)

高尾山口より

画像 さてそろそろ出発。 人多いです(^_^;
posted by Har at 08:56Comment(0)

なんとか決行?!

天気予報がよくかわりますね(^^; おかげで明日はなんとかなりそうかな? 朝起きて天候が大丈夫そうなら高尾山行決行です。 なんだかんだ、けっこうな荷物になってしまいました(^-^;
画像
一応、万一のための装備も多少は入れてあります。 とにかく安全に、母親もいますので無理せず歩いてきます。 頂上で富士山が見えるといいな~(^-^)
posted by Har at 22:56Comment(0)

無駄な準備かな?!

う~ん、どうも週間予報もズレてきたようで。 一応、こんな荷物をデイバッグに入れて準備してあるんですが…天候しだいでは無駄になるかな。
画像
左から、ガス缶、Karrimorチタンシェラカップ、Snow PeakパーソナルクッカーNo.3、Alpineツーリングテーブル、ミズノベルグテックEX・ストームセイバー3レインスーツ、G'zG-ストーブ、キャプテンスタッグFDザブトン。 実はSnow PeakパーソナルクッカーNo.3はお湯を沸かすケトルがわりなので、一番サイズの大きいクッカーと蓋のみで、その中にはユニフレームのコーヒーバネットとmontbellのO.D.コンパクトドリッパー4、コーヒーやクリーム、砂糖、お茶のティーバッグなどが詰めてあります。 あとは当日、ナルゲンのボトルに水を入れて追加します。 チャンスがあれば山頂もしくは途中でこんな感じでコーヒーを入れたいな~なんて(^-^;
画像
キャンプに行けない分、ちょっと気分だけでも味わいたいし、コーヒー好きなもんで。 ユニのバネットにmontbellのドリッパーをセットして使うとネルドリップしかり、フィルターのゴミが出ませ~ん。 ちょっとエコでしょ。コーヒーかすは出ますが…(-_-; デイバッグなんかでアウトドアにお出かけのときは、こんなセットを持ち歩いてコーヒー入れたり、ときにはカップ麺を作ったり、ラジバンダリ(ア、ワスレテクダサイ^^;)。 おにぎりだけのお昼もインスタントの味噌汁を入れればちょっと豪華になったりします。 ところで、このアイテムの中でも、実は地味に気に入ってるのがAlpineのツーリングテーブル。 どうやら知る人ぞ知るテーブルなんですかね。 意外と世間的にはマイナーなもののようです…取扱がスポーツオーソリティだけだからかな。 ネットでも買えるんですけどね。 この手のソロ・テーブルの最高峰はSnow PeakのBAJA400。SP製品だけあってさすがのお値段ですが、確かに精巧で軽量だったりしっかりしています。 スノーピーク(snow peak) ソロテーブルBAJA(バハ)400
スノーピーク(snow peak) ソロテーブルBAJA(バハ)400

欲しいといえば欲しいのですが、これ買えるお金があるならば、個人的にはむしろ2台目のユニフレーム焚き火テーブルを買います。
キャプテンスタッグからはこちら。実物を触ったことないですが、たぶん実用十分ではないかと。 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミロールテーブル(コンパクト)
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミロールテーブル(コンパクト)

ナチュラムさんなら送料込みで野口英世さん2枚くらい?
キャプスタと並んで目にするのがロゴスのこちら。これでも事足りそう。 ロゴス(LOGOS) アルミテーブル・MINI-ZEN
ロゴス(LOGOS) アルミテーブル・MINI-ZEN

ナチュラムさんではキャプスタと同価格。まっこう勝負です(^^)
ところがAlpineのツーリングテーブルはこれらより安い1280円。 しかもお気に入りポイントは足の2段階高さ調節機能付き(^o^)/
画像
足が折れていて、広げれば高くなります。 色も他製品のシルバーではなく、黒?ガンメタ?で汚れも目立たず。 どうも今年から仕様が変わって、袋だけカモフラージュカラーになったようですが。 実は2台所有してます。 シングルバーナーの台として、テントの前室の荷物置きの台として、純粋にテーブルとして、色々活躍してくれてます。 重量や収納サイズ、見た目のかっこよさではSPのBAJAにはかないませんが、なにせ1/3以下の価格ですから。 あまりあるコストパフォーマンスといえるでしょう。 できたら高尾山でこれ使ってみたいんですけどね~お天気どうなるでしょう(-_-)
posted by Har at 21:59Comment(0)

なにぶん登山初心者なもので…

いまいちよくわかんないんですが、こんなものも買ってみました。
画像
いや、俺にじゃなくて母親用に。 近所のヒマラヤスポーツで一番安かったVISIONPEAKSのステッキです。 ちなみに野口さん2枚あれば足ります(安っっ!)。 伸縮式で最長で写真の1.5倍強くらいにはなります。 といってもサイズわかりにくいかな。短いときで60cmくらい。延ばして1m弱かなぁ。 携帯性を考えて3段式のものと迷ったのですが、ここは思い切って一番お安いほうをと、こちらにしてみました。 短くなるだけでなく、3段式のほうにはショックを吸収するスプリングも入っていたのですが、まぁ、この際(^^) 高尾山くらいなら必要ないかとも思いましたが、そもそもこういうものの効果にも詳しくないので、この際、使い捨て覚悟で安物を使わせてみて、あるといいものなのかどうか試してみようかと。 なにぶん俺も山はボーイスカウトで登らされたくらいで、あくまで初心者なもので…。 たぶん、ないよりはあったほうが足の負担なんかも軽減できるのではないかと(^^; 今後も山やトレッキングを続けるようであれば、本気で検討してみたいと思いますが。
posted by Har at 21:04Comment(0)

高尾山行計画

いよいよ、今度の日曜、高尾山行が本格的になってきました。 いまのところ週間予報でも晴れマークはないものの曇予報。 このまま悪天候予報にならなければ登ってみようかと。 一応、公式ページ他を見て、登りは稲荷山コースの予定。 下りは登ったときの状況(母親の疲労度)しだいですが、沢伝いの6号路を希望。母の疲れがひどい場合は1号路でケーブルカー利用を考えています。 とりあえず荷物も少し準備しておかなくては。 お弁当や水筒類、携帯食のお菓子、ゴミ袋やタオル、あとは暑いかもしれないのでシャツの替えくらいはあったほうがいいかもしれません。 ま、このヘンは問題ないでしょう。 あとは雨も考えられますし、バースデーキャンプでも活躍したミズノのレインウェア。 ミズノ(MIZUNO) 73FF-801 ベルグテックEX・ストームセイバー3レインスーツ
ミズノ(MIZUNO) 73FF-801 ベルグテックEX・ストームセイバー3レインスーツ

レインウェアにそれほど詳しいわけではありませんが、価格のわりに撥水性・透湿性とも十分ではないかと。
この時期なら防寒着としても十分利用できます。 で、休憩や昼食のときにこんなのも使えるかと、近所のホームセンターで安かったので買ってみました。
画像
敷物がわりの携帯座布団です。 大きな敷物を広げるより、ひとり一つで省スペース、今後のアウトドアにも利用できるかと。 ナチュラムさんでも扱ってますが、ホームセンターのほうが送料抜いても安かったです。 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) FDザブトン
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) FDザブトン

カラーは3色。オレンジもブルーも鮮やかですが、グリーンが一番汚れが目立たないような気がします。
このほかにも、一応、機会があればコーヒーなんか飲めたらいいなぁ~ってことで、シェラカップとG'zG-ストーブと水筒とは別に水を持っていこうかと。 G’z G-ストーブSTG-10
G’z G-ストーブSTG-10

小さなクッカーやケトルなどには十分なサイズと火力ながら小さく折りたためる憎いヤツ!けっこうお気に入り。
1号路の参道は登ったことがありますが、その他のコースは初めてなんで、600mほどの低山とはいえちょっと楽しみです。うまくすればアジサイなんかもまだ見られるのかなぁ。 あとは天候が大崩しないのを願うばかり…。
posted by Har at 20:05Comment(0)

意識してなかったんですが…

今月はここの書込みパーフェクトだったんですね(^o^)/ 最近、1日の終わりにブログ書いて…って単なる日課になってる感じだったんですが。 6月は戸隠のバースデーキャンプに始まり、きっとアウトドアな月だったのでしょう。 ま、とりあえず今後も…というわけにはいかないのであしからずm(__)m ブログやってると、ヘンに義務感みたいな強制観念みたいなもの感じる人がいるようだけど、読んでくれる人には申し訳ないですが、俺自身は全然そんな大事だとは思ってないので、都合により平気で何日も飛ばす可能性がありますのでご了承ください。 ネタにつまって盗作さわぎ起こす有名人もいるしね(^^; で、本日も勝手に思ったことなんかを書くだけですよ。 実は7月の週末は時間がとれそうなんで、いっそ毎週のようにキャンプ~とか思ってたんですが、家族の都合や諸事情もあって、毎週泊まりでというわけにもいかなくなってきまして。 とはいえ、週末おとなしくしてるのもなんだし、かといってガソリン高のご時世に無駄に動き回って遊ぶほど裕福でもないんで、ここは「いつか…」なんて言い続けてることを実行しようかと。 まずは、かねてから母親が行きたがってる高尾山…実は昨年の秋から言っておりました(^_^; 最近、テレビなんかでもミシュランで三ツ星とったとかいわれてる東京のはずれにある、あの山です。 あれに登ろうかと。 ま、遠足とかでさんざん行ったのですが、この歳になって、目線も感性も変わってじっくり登るのもいいのではないかと。しかもザックしょって電車でね(^-^) 実はだいぶ前にひそかにこんな本買って読みふけっておりました。
画像
母の歳を考えるとケーブルカーの利用とか色々コースは考えておく必要がありますが、いずれにしても時間をかけてのんびりと。 公式ページにもあるとおり、けっこういろんなコースがあります。 今週末の6日あたりに行ってみようかな~と思っております。 キャンプ場も7月からは本格的に賑わう季節ですし、無理に混雑の中で泊まりキャンプするよりも、日帰りだろうが自分たちのペースで自然に親しむほうが我が家向きかと。 もっとも低山とはいえ山登りですから、天候が悪ければ延期・中止もありますけどね。
posted by Har at 19:59Comment(0)