フュアーハンドランタンな夕べ

本日、届きました
画像
ご存知、ドイツ・ニァー社のケロシンランタン、通称「赤ニァー(ニャー)」。 優しく暖かい明かりがなんともいえません。 これを1,980円で出されてはポチらないわけにいきませんでした ホントならこれを灯して夜桜なんて最高なんですが…今回はバルコニーで我慢です。
画像
彼女にもらった大切なローテーブル、スノーピーク・バハ400と、ひそかに仕入れておりました激ロースタイルチェア、ノースイーグル・ローコンパクトスリムチェアDXでアウトドア気分を演出してみました。 これらは、ソロキャンプ御用達アイテムと思っているのですが、いったいいつフィールドデビューできることやら 久しぶりにナチュのリンク貼ってみました。 FEUERHAND(フュアーハンド) フュアハンドランタン
FEUERHAND(フュアーハンド) フュアハンドランタン

現在、赤をはじめとした特別色は取り扱いがないようで。こちらはオーソドックスなカラーです。
North Eagle(ノースイーグル) ローコンパクトスリムチェアDX
North Eagle(ノースイーグル) ローコンパクトスリムチェアDX

限りなく座椅子に近い椅子だと思います。アメドSの前室用、モノポールテントのメガホーンII用に購入しました。家族に狙われているため、追加購入もあるかも。
スノーピーク(snow peak) ソロテーブルBAJA(バハ)400
スノーピーク(snow peak) ソロテーブルBAJA(バハ)400

他社とは見た目、仕上げの高級感が違うローテーブル。高価なので、気兼ねなく使うにはロゴスやキャプテンスタッグをおすすめします(^^;
posted by Har at 20:57Comment(0)

ちょっと物干し台まで… ~若洲海浜公園キャンプ場

1/17、先週の清和県民の森で凍結のため完全乾燥できなかったタープを乾かしに、我が家から車で10分の若洲海浜公園キャンプ場でデイキャンしてきました。 受付開始時間を少し過ぎて到着。 どうやらこの時点ではどなたもいらっしゃらないので、受付もスムースに終了。 リヤカーで荷物をサイトへ。 乾燥目的ですので、今回はアネックススクリーンを設営。
画像
表面は大丈夫でしたが、特にスカート付近と内側は乾燥せず。 今回は天気もおだやかでしたので、とにかく手早く適当に広げました。 サイトは入場ゲートから一番近い101番サイト。
画像
このキャンプ場ではサイトの仕切りに木が埋まっていて、サイト番号がこんなふうに付いてます。 101番サイト、なかなか広くて日当たりもいいところでした。 乾燥のためのデイキャンとはいえ、今回デビューの初ものアイテムも。
画像
キャンパーズコレクションのアルミテープルです。 脚部がちょっとおもしろいつくりです。
画像
高さもよくあるテーブルよりはちょっと低めな感じ。 おかげで座面が低い我が家愛用の小川リラックスアームチェアにもいい感じ。 スペックで確認して買ってはいたものの、使ってみるまではちょっと心配してましたが、家族の評判も良好。 テーブルスタイルのときはきっとレギュラーでしょう。 ムーンライターには囲炉裏ハーフテーブルで食卓はこれ、かな。 それなら囲炉裏ハーフテーブルが調理台も兼ねてくれますね~。 ちなみに上の写真でも、ムーンライターが置いてありますが、今回はなにしろ暖かい。 昼間、ムーンライターなしでタープ内は最高で28℃になりました。 もはや初夏くらいです 天候を見計らってか、午後になると1人、また1人といった具合に他の方も到着。 しかもうち以外はみなさんお泊りのようで。 うちはというと今回のデイキャンはなにしろ目的はタープの乾燥ですから、スクリーンの中でただただまったり。 エスプレッソを入れて、泡立てたミルクとシナモンでカプチーノをいただいたり…
画像
iPodで音楽をガンガン流したり…
画像
(※現在若洲海浜公園脇で道路工事があり、その音と相殺されて迷惑にならない程度の音量です) オットマンに足を投げ出してウトウトしたり…ラジバンダリ!
画像
実はこのオットマンの正体はこれ。
画像
持ち運びも便利な折りたたみのミニチェアなんですが、これがリラックスアームチェアのオットマンにちょうど。 もっと座面の広いもののほうがラクかもしれませんが、こっちのほうがスクリーン内でも邪魔にならなくていいかと。 で、お昼が近づきましたので、まずご飯を炊きましょう。
画像
最近、飯盒での炊飯のカンが戻ってきました。 昔はオコゲがいるかいらないかの希望も聞いて炊いてたものです 学校のイベントでオコゲなしのご飯を炊いてものすごく驚かれたものでした。 当時はバーナーでなくて、川原の石などでかまどを組んで薪で炊いていましたから、今考えると我ながらものすごいヤツでした 飯盒の蓋のポコポコ感や吹き出る湯気の香りで判断してたのですが、やっぱこればっかりは慣れですね。 最近はバーナーで火加減はラクですから何度か経験すれば香で判断できます。 で、今回はこんな昼食。
画像
トンテキ・野菜炒め定食~かな 醤油ベースのタマネギソースでなかなかいけました 野菜炒めは塩・コショーと鶏がらスープで。 ご飯もおかわりしました。 で、再びまったり。 ついにはテレビなど…
画像
MacBookにワンセグでテレビ見てます 若洲はなにせ23区内ですから、感度も良好。 飯食ってテレビ見て、すっかり家にいるのと変わらない状態です このあとDVDで「インディジョーンズ・クリスタルスカルの王国」の上映会も とはいえ、いいかげん外の空気が吸いたくなりました ちょっと場内をお散歩。 で、海側に出てみたらちょうど夕焼け時。 残念ながら太陽は雲の中なのですが、赤くなった景色をヘタなりにちょっと撮影してみました。 赤く輝く水面や夕陽に照らされるシルエット富士、たびたび飛んでくる飛行機など。 クリックするとちょっとだけ大きくなります。
画像 画像
画像 画像
画像 画像
お散歩からもどると、あたりも徐々に暗くなってきました。 気温も下がってきましたのでムーンライターも点火しました。 結局、このころには泊まりのキャンパーが3組。 ファミリー1組にソロ6名の集まりが1組、2夫婦(?)合同が1組いらっしゃいました。 どうやらデイキャンはうちだけ。 うちは帰らなければなりませんので早めに夕飯の準備でも…。 今回も冬の手抜き料理の定番、お鍋です。 適当に冷蔵庫にあった具をつっこんだ塩ちゃんこ(風)
画像
8インチUFDで煮て、ムーンライターの上で保温しながらいただきました。 シメはラーメンを入れて。
画像
6時すぎには夕飯も終えて満腹 荷物をリヤカーに乗せるべくぼちぼちお片づけを…。 で、空を見上げるとキレイな星空 デイキャンのチェックアウトは21時までなので、もう少しゆっくりしましょうか。 テーブルとチェア、ムーンライターをタープの外に出して、暖かい紅茶を入れて飲みながら、しばし空を見上げていました。
画像
この日、一番キャンプらしいひとときだったかもしれません。 今回はあえてテレビやDVDで体たらくに過ごしましたけど、やっぱ外遊びはこうでなきゃいけません ひとしきり星空を眺めて、結局20時ごろキャンプ場をあとにしました。 それでも家に入ったのは、荷物を下ろしたりしても20時30分前。 いや~ホントに便利なキャンプ場です。 今度はまた泊まりで行きたいな~。 おしまい
posted by Har at 21:28Comment(0)

ひと足早いプレゼントは…

これでした~
画像
スノーピーク・ソロテーブル BAJA400 クリスマスにはちょっとお出かけの予定なので、プレゼントだけ先にもらっちゃいました その名のとおりソロキャンプ用のローテーブルです。 同じような用途のテーブルとしては、これまでは↓のスポーツオーソリティのツーリングテーブルを使ってました。
画像
ファミキャンのときも、金属製なので火器の土台や熱いものを置く台として使ってます。 なにしろ安いものなので遠慮なく過酷な仕事をさせてました が、近頃、キャンプ道具の整理を考えてまして、まずキャンプ全般共通使用アイテムを選別しました。 で、ほかの道具をファミキャン用、ソロ用に分けてそろえて、共通使用アイテムを軸にファミキャン用をプラスするのか、ソロ用をプラスするのかでキャンプのシチュエーションにあわせようと検討中でした。 これまではファミキャンの道具の一部をソロで使用したり、ファミキャンにもソロでしか使わないアイテムを持っていったりと、無駄な荷物があったり、忘れ物したりとなんとなく不便でした。 アイテムもだいぶ増えてきましたので、割り切って分類しておけば便利になるかと。 例えば、同じシングルバーナーでもこっちはファミキャン専用でこっちはソロ専用みたいに。 構想としては、共通使用アイテムは通常車載しておいて、ファミキャン用、ソロ用をそれぞれ別のコンテナで家に保管しておいて、キャンプ前日にでも、そのどちらかを積めば食料や消耗品以外は準備完了~! みたいにしたいんです。 となると、ファミキャン用のアイテムはこれまで使用していたものでほぼ足りますし、むしろ無駄をそぎ落とす意味でもソロ用のアイテムを新規に揃えれば合理的かと。 やっぱソロでは便利なことはもちろんですが、自分のお気に入りだったり、人それぞれソロキャンプの美学みたいなこだわりもありますしね とりあえず先日のトランギアやスクエアコッヘル…で、このBAJA400もソロ用アイテムに。
画像
組み立て式で収納もそこそこ小さく…さすがにSP製品、見た目は秀逸です。
画像
その分お値段も秀逸ですが このテーブルにトランギア載せて、スクエアコッヘルでラーメンでも作りますかね あえてチェアとかじゃなく、インナーの入り口に腰下ろして、アメドSやファッドX3の前室でそんなんしたらソロっぽいですねぇ 考えただけで、次回のソロキャンプが楽しみです。 いつも彼女にはクリスマスや誕生日にキャンプ道具をプレゼントしてもらってお世話になってます。 ピラミッドグリルコンパクトも、焚き火テーブルも、トラメジーノも、み~んな彼女からのプレゼントです。 キャンプバカにこんなに協力してくれる彼女はこれからも大切にしなくちゃいけませんね ありがとうサンタさん とりあえずすぐにでも使いたいけど、今週末はファミリーキャンプだしな~でも今回は例外で持って行こうかなぁ。 でももったいないから我慢しようかなぁ どうでもいいようなバカな悩みでギリギリまで楽しみま~す。
posted by Har at 17:57Comment(0)

カゴの取り付け

自転車のカゴつけました。
画像
フロント・バスケットって言うんですかね 荷台もキャリアって言うんでしょうが、昭和生まれなのでカゴと荷台です 折りたたむとこんな感じ。
画像
自転車についてるときは、荷物をくくりつけるようなことをしないかぎり折りたたむことはないのかな?! いたって普通の自転車っぽくなりましたが、積載量を増やすためには仕方ないことです 近いうちに、前後あわせてどのくらいの荷物が積めるか試してみないといけませんね。 若洲海浜公園への道は見えてきたかな?! ただ、カゴを取り付けるためにライトの台座の位置をずらさないといけなくて、ちょっと傾いだ状態に。
画像
これは改善の余地ありです。 またお金がかかっちゃうな~ あ、昨日塗装した天板、今後の課題も多少残りますが、とりあえず金具も付けて無事はまりました。
画像
適当にハケ塗りしたので決して美しい仕上がりとはいきませんが、仕上げに目の細かいサンドペーパー使って表面をこすりました。 アルミのヘアライン仕上げじゃありませんが、細かい傷を作ってややつや消し気味になって、塗りの荒さがごまかせるかと ムーンライター使用するだけでは広すぎる空き部分を有効利用するためなので、とにかく天板分、普通のテーブル面積が増えればいいので、これでOKでしょう。 今度こそ、来週には試せるかな~
posted by Har at 15:39Comment(0)

乾燥中…

本日、寒い中、姪のお供でららぽーとTOKYO BAY(豊洲)へ。 姪は毎年、ネットなどでカレンダーを吟味して、お気に入りの1品を必ず入手しなくては気がすまない。 昨年までは、そこらにはあまり流通していないカレンダーを求めて探し回るも、最後は俺に泣きついてきて、仕事のついでに渋谷のロフトで発見したものを送りつけたほど 今年もすでにどこかでメボシをつけていたらしく、ならばららぽーと内の東急ハンズにでも行ってみようとなったのだ。 で、東急ハンズのカレンダー売り場にてなんなく発見 今年はラクだったね~と2人で胸をなでおろして、ついでにいろいろ物色。 で、買ってきました。 IHT(囲炉裏ハーフテーブル)の天板用に黒の木工用塗料。 ゆがみの分、微調整は必要とはいえ、すでに天板用の板は準備済み。
画像
あとは天板として使うための金具と本体の色にあわせた塗装。 まずはゆがみでハマりにくい部分をナイフやヤスリで削って調整。 なんとかあってきたようなので、まずは削ったところを仕上げ用にヤスリがけ。 つづいて塗装前の準備として、天板表面もつるつるになるようヤスリで仕上げます。 で、あとはハケで地味~に塗り塗り。
画像
ただいま乾燥中です。
posted by Har at 18:24Comment(0)

IHTの仲間たち 番外編

今日も囲炉裏ハーフテーブル(IHT)ネタです。 出撃できないのでこんなんばっかりです
画像
冬場はムーンライターとの組み合わせで空いた部分が必要ですが、季節によっては天板も欲しいかと。
画像
シナベニヤの9mmを穴部分にあわせて切ったもの。 …のはずがテーブル側にゆがみが 隙間なくピッタリは難しそう。 でも、隙間があってもかまいません。 どうせ元々パンチされてて穴だらけのテーブルですから ムーンライター使用時にも片方だけ…とかできるかもしれないので、半分ずつ2枚です。 写真は仮留め状態ですが、金具などではめられるように考えないと。 テーブルにあわせて黒く塗ったほうがいいかな。 完成させるまでには少し時間がかかりそうですね ま、のんびりいきましょう。 それと直接IHTには関係ありませんが、荷物削減にあたりこれまでのテーブルも補欠になりますが、IHTのテーブルとしての面積は決して広くはないので、ちょっと補助が必要かと。 前々からちょっと考えていたのですが、ホームセンターでよく見るメタルラックの棚板の一番小さいやつを使って…。
画像
こんなんもありかと。 真っ黒ですが、ユニフレームの焚き火テーブルの小型版かつロースタイルです
画像
なんのことはない、100均で売ってるスツールの足に棚板を載せたでけです。 こいつの布部分がロールペーパーホルダーになってます。 使ってみて、足部の固定なりなんなり考えていこうと思います。 金属なのでバーナーも容赦なく使えますし、汚れても拭取り・水洗いもできます。 重たいものはあまり載せられないかも…ですが、ソロの時のバーナーテーブルとかIHTの補助テーブルにはいいかと。 焚き火テーブルほど立派でないので、名づけて…とろ火テーブルかなぁ 1台分1,000円かかってません。 そして意外に軽いですし。 これも実際に使ってみないと…ですけど。 次回のキャンプはちょっと忙しそうですね。 今週末は出撃できるかな…
posted by Har at 17:09Comment(0)

囲炉裏テーブル…ハーフで!(^-^;

今週は出撃なし。 で、朝風呂から帰って、これから友達が出演するクラシックコンサートの録音係に。 興味のある方は次回はだいぶ先になると思いますが、こちらをご覧ください。 で、昨日のお話から。 ナチュラムの荷物が届いてにんまりしたあと、家の買い物につきあって運転手として某ショッピングセンターへ。 このショッピングセンター、以前、安売りのファッドX3を見つけた、あのゼビオも入っているとこです。 ここはひとつ見回りしておかないと なんて思って売り場へ行ってみると、季節がら現品処分の棚ができておりました。 展示品や箱の欠損などをお安く売ってるコーナーです。 激しく物欲が動くものはだいぶ揃えてしまいましたので、最近はもっぱらこういうお得な物件に興味が向きます。 で、こんなん見つけました。
画像
一瞬、ロゴスの囲炉裏テーブルかと。 でも半分しかありません それにややチープで少し高さも…しかも足は継ぎ足してさらに高くもできます。 こんな製品、初めて見ましたが店員さんの話だと、ウールリッチ製品でもなく、ゼビオのオリジナル商品だそうです。 簡単にいうとウールリッチで出しているBBQコンロとのセット販売のためにお安い工場に作らせたテーブルらしいです。 一応折りたたむこともできます。
画像
これが野口さん1人とちょっとの値段で売っていたのでついつい買ってしまいました。 一応、構想としてはトヨトミあたりの対流式ストーブを買って、この空いてる部分にセットしてはどうかと。 ファミリーキャンプでも3人という我が家では、3面テーブルがあれば十分ですし場所もとらないぞ、と。 ロゴスの囲炉裏テーブルでは大きすぎるし、レガシーの荷台にはちょっと…と思っていたので、なんかちょうどよかったような この冬は囲炉裏テーブル・ハーフで! ほかにも、工夫しだいでおもしろい使い方もできそうな…。 冬場以外は空いてる部分にハマるように天板とか作ったり、2バーナーとかハマらないかな? チョー安物IGT風テーブルとして遊べないだろうか。 ま、この冬はストーブテーブルでいけるでしょう。 デビューが楽しみ~あ、その前にストーブ買わなきゃ ロゴス(LOGOS) 囲炉裏テーブルFD
ロゴス(LOGOS) 囲炉裏テーブルFD

本家はこちら。FDになって収納がややコンパクトに…でもデカすぎます
posted by Har at 08:36Comment(0)

赤いシリーズ?! ~赤城山オートキャンプ場 その1

先週の赤倉の森オートキャンプ場に続いて、9/13~14で群馬県・赤城山オートキャンプ場へ行ってきました。 先週が赤い運命なら、今週は赤い衝撃みたいな…赤つながりです。 って赤いシリーズは40代くらいじゃないとわかんないかな? と、関係ない話はどうでもいいです。 実は本当は違うところを考えていたのですが、またいつものことながら直前まで予約もせずに適当に考えていたところ、世間は3連休でキャンプ人気だったようでいっぱいみたいで かなり大きなフリーサイトのキャンプ場だったんですがねぇ… そこらじゅうのキャンプ場がうまっていたようですが、また空前のアウトドアブームかなんかですかね? そんなこんなで近日行こうかな~と考えていた赤城山オートキャンプ場へ急遽変更。 赤城山は赤倉の森と同様、ACN(オートキャンプ場ネットワーク)加入のキャンプ場でネットで空き状況や予約ができるので、今週にも空きがあるのがわかっていたので、あわてて電話して予約をとりました。 今回、我が家の老キャンパーはお休み。 姉とのデュオ・キャンになりました。 土曜の朝、仕事が1件ありまして出発は10時。 それこそ朝一から出られるなら、最悪でもおなじみ朝霧ジャンボリーとか予約不要キャンプ場なんかも行けたんですが、この仕事がネックでした 赤城山は13時チェックインですが、関越道飛ばせば14時くらいには着けるかな~などと考えていたのですが、これまた甘かった。 関越名物の花園からの渋滞に加え、所沢から練馬、外環あたりが大渋滞です。 これはまっとうに関越に向かっても無駄と判断して、首都高から高速埼玉大宮線へ。 関越道のようすを(交通情報を)見ながら、R17とその周辺の道路を使ってとにかく埼玉県を北上します。 渋滞が解消し始めたころ、花園ICで関越道に入りました。 あとは先を急いでひたすら走り続けましたが、そこそこ時間がかかってしまいましたね。 なんとか15時すぎにキャンプ場到着。 すでに受付を含め、キャンプ場は大勢の人で賑わってます こんなに混んでるもんなのか~ こちらの料金形態は、サイト料(3,600円)+管理料(大人550円・小人400円)×人数。 今回、通常料金なら4,700円ですが、先週の赤倉の森でACNパスポートなるポイントカード兼割引券を作っていただいておりましたので、500円割引の4,200円でした~ で、とりあえずこんなサイトになりました。
画像
アメニティドームSとちょこっとタープ、サイドオーニング風で。 サイト自体はそれほど広くないですかね。 コールマンヘキサライトも用意してたのですが、このスペースではちょっと張り綱のスペースがとれそうにありませんので。
画像
テントがウェザーマスターだったらそれだけでいっぱいくらいかなぁ。 うちのサイトは奥の角だったんで小さめだったかもしれませんが、よそのサイトもタープを窮屈そうに張ってたところがありましたから同じようなものかな。 ま、細かい道具はあとまわしで、とりあえず今回も設営お疲れビールです。
画像
アサヒ・クリアテイストです。 途中のコンビニで買ったおつまみミックスも。 バタバタとしてきましたので、やっとひと息 ここで今回デビューのニューアイテムをば。 まずは、これ。
画像
ポロシャツ型の携帯ケース(往年の石田純一ばりに襟を立ててみました~)。 カラビナ付きで、袖口には液晶クリーナーとキーリング装備のスグレものです。 実は彼女からのもらい物です。 彼女ももらったものだそうで、こんなの使わないよね~とか言われてもらったのですが、普段はともかく、キャンプ中はどうも携帯の置き場に困る場面が多いので、これでサイトのどこかにぶら下げておくといいかと。 もちろんジーンズに直接ぶら下げてもいいんですけど、いろんなとこにぶつけてしまって壊しそうなので(俺だけかな?) 上の写真は撮影用にランタンフックにぶら下げたところです。 彼女には誕生日、クリスマスと、機会あるごとにいろいろスポンサーしてもらってます 焚き火テーブルやトラメジーノ、ピラミッドグリルコンパクト…本人も連れてきたいんですが、彼女が週末は色々と忙しい状況なので、しばらくはお楽しみは先送りです。 もっとも寅さんのように毎週フラフラとしているので、いつフラレるかわかりませんが… もうひとつ。 こちらはキャンプ前日、ナチュラムのセールでうっかりポチったもの。 ロゴスのちゃぶ台(30×30)。
画像
限定980円で残ってたのでつい 30cm×30cmの天板に高さ30cmというキューブ型の折りたたみテーブルです。 というのも、コット使用時のテント内のサイドテーブルとして、タープ下のテーブルランタンの置き場として、簡単に移動できる小さいテーブルが欲しかったもので。 ロゴス(LOGOS) CHABU-DAI 60×30
ロゴス(LOGOS) CHABU-DAI 60×30

現時点のナチュラムでは倍のサイズのこちらしか取扱がないようで…。
以前から狙ってたある小物とあわせての購入です。 ポイントがあったので、実質無料でゲットしました~。 土曜の朝一番に届いたもので、予定外の即デビューとなりました。 アルコールも入り、リラックスチェアにもたれてしばしのんびり。 思ったよりは涼しくないですが、ときおり吹く風は夏とはちがいますね。 とはいえ、出撃が遅かったのでそろそろ夕飯の準備にとりかからなければ…。 つづく
posted by Har at 11:53Comment(0)