プチトレッキング ~清和県民の森オートキャンプ場 その2

清和県民の森での2009年キャンプはじめ、明けて2日目。 昨晩は風も強かったですが、200cm四方のステラに3人、しかもアネックススクリーン接続で、ムーンライターの余熱もあってかまったく寒さは感じることなく朝まで眠れました。 テントなどの表面も凍るまではいきませんでした。 が、車は真っ白。
画像
この時期はいつも寒さ対策にボンネットの中、バッテリーが冷えないようにエマージェンシーブランケットを巻いてあります。 万一、バッテリー液が凍結するなんてことがあったらエンジンがかかりませんからね 6時ごろトイレに起きて、再びうとうと…結局活動開始したのは7時すぎだったでしょうか。 あまりの外の冷え込みにとりあえず焚き火開始~。
画像
で、その横でアウトランダーを使って早速ご飯を炊きます。 本日も快晴
画像
「空が青い」なんて表現しますが、あれは仕方なく言う言葉で、空は空色だなぁ~なんて考えながら、ご飯が炊けるのを待ちながら焚き火にあたってしばし天をあおぎつつ…。 で、朝食は手抜きで
画像
炊きたてご飯にレトルトカレー…朝から さびしいので昨夜の残りも添えてみました。 連泊ならではののんびりした朝食も終わり、コーヒー飲んだりしてひと息ついたので、ちょっと体動かしますかね。 清和県民の森は広大な敷地の施設ですので、場内をお散歩…プチトレッキングといきましょう。 案内図にあるロッジ村コースを含めた、キャンプ場からロッジ村~展望台へと周回するルートを歩いてみました。 母もいますので、あまり負担のかからない程度、2時間半くらいで歩けるルートです。 展望台まではちょっとした尾根道で、軽登山気分も味わえます。 以降はとりあえず歩いた写真をばらばらと載せておきます。 クリックするとちょっとだけ大きくなります。
画像 画像
画像 画像
画像 画像
画像 画像
画像 画像
で、尾根道を登り続けたご褒美がこれ。
画像
わかりますかね~赤丸部分にうっすらと富士山が見えてるの。 途中、地元の方の展望台からは天気がいいと富士山が見えるよ~という情報を聞いて、富士山大好きな我が家、母もそれを楽しみにちょっときつめの階段もがんばって登ってきてました。 この展望台で景色を眺めながらしばし休憩。
画像
富士山はともかく、付近を見渡せて気持ちのいいところです。 少々木に隠れる部分もありますが、オートキャンプ場も見下ろせました。 ここでザックに入れてきたお茶など飲んで、お菓子でエネルギー補給。 息を整えて、さてキャンプ場へ戻りましょう。 帰りは急激な下り。 距離は行きの1/3くらいかなぁ…その分一気に下ります。
画像 画像
そんなこんなでサイトにもどったのが13時すぎ。 戻るととなりのサイトにひと組ご家族がいらしてました。 残念ながら今晩は貸切ではないようです しかし、文句を言うわけではありませんが、場内ガラガラなのにどうしてとなりにぴったりくっつくかなぁ… うちが入ったときも管理人さんは空いてるから選ばせてくれたんだから、たぶんご自分で決めたはずなんですけど。 日当たりその他もあるでしょうが、ひとつ間をおいたサイトでも条件はほぼ同じなんですけどね…。 多少なりとも距離があったほうがお互い気を使わないで済むと思うんですが。 ときどき人の近くに集まりたがるキャンパーさんを見かけますが、いまいち理解できないと思うのは俺だけでしょうかね。 ま、いいんですけどね。 さて、とりあえずお昼です。
画像
実は途中で食べられるように、朝炊いたご飯の残りでスパムにぎりを作ってザックに入れてありました。 展望台で食べようかどうか迷ったんですが、そのときはいまいちお腹も減ってなかったので、サイトに帰っていただくことに。 で、温かいお茶を入れてスパムにぎりとお菓子を少々。 朝食も少し遅かったので、軽めに済ませておきましょう。 このあと、管理棟で券を購入して、近所のロマンの森 白壁の湯へ。 プチトレッキングでかいた汗を流してきました 写真は撮り忘れましたが、内風呂と露天だけで広くはないですが、とても気持ちいいお湯でしたよ。 通常大人800円と、少しお値段が高い感もなくないですが、清和県民の森で700円の前売券を売ってくれます。 出かけたついでに夕飯の買出しへも しかし、ちょっと長くなりましたので夕飯からのようすはまた明日。 つづく
posted by Har at 23:28Comment(0)

月に祈りを… ~清和県民の森オートキャンプ場 その1

1/10~12、2009年のキャンプはじめで千葉県・清和県民の森に行ってきました。 当初、裾野方面を予定していて、10日に1泊だけで11日の夜は時之栖でイルミネーションを楽しんで夜中に帰還…なんてプランを考えておりました。 が、金曜の天気のくずれと週末の冷え込み予報で家族が心配しはじめまして、イルミネーションは見なくてもかまわないと言い出したもので、もうひとつ行きたがってたリクエストをかなえるべく、急遽房総方面へ計画変更となりました。 てなわけで、未体験のキャンプ場で料金もそこそこ、設備的にも安心そうなところを物色 で、選んでみたのが清和県民の森です。 同系列の内浦山県民の森は利用したことがあるのですが、清和のオートキャンプ場はサイトごとに野外炉と水場が設置されていて電源も利用可能、しかもサイトもなかなか広そうということで決めました。 またまた土曜の朝ひと仕事終えてからの出発なのでマンションを出たのが10時半ごろ。 とはいえETCの休日昼間割引があるので早朝出発できないときも助かります。 首都高はもったいないので、東関道・湾岸市川ICから高速利用で君津方面へ。 今回、食材をほぼ準備していないので、どこかで買出しをしないと。 ということで途中のパーキングで相談して、君津ICより少し先の、以前も利用した富津のザ・フィッシュへ行くことに。 ここは海産物の販売とレストランなどが入った道の駅のような施設で、ここからなら少し遠回りでも清和にも行きやすい位置です。 写真は当日携帯でアップしたものしか撮っておりませんでしたので、あしからず。 ここで魚介の珍味系(かな?)を購入して、お昼でも…と思いましたが、そこそこ混んでる上に、どうも値段のわりにいまいち というのも、すぐ先にある魚介のおいしい店として有名な「ばんや」を経験している家族としては規準がきびしくなっておりまして。 実は今回、最終日は朝食を食べずに「ばんや」で『魚料理を食べて帰ってくる』という不順な動機で計画されたキャンプなもので中途半端な料理では家族が納得しません。 で、思いきって初日からばんやへ向かっちゃいました~ そこそこ混んでてバタバタしてたので写真は割愛しますが、とりあえず軽めに、一人前850円とお得な定番メニュー「朝獲れ寿司」をいただいて、そそくさとキャンプ場へ。 キャンプ場へ着いたのが14時すぎ。 管理棟前で車から降りると即座に名前を呼ばれました それもそのはず、本日利用はキャンプ場(オートもフリーサイトも)、ロッジ含め我が家だけだそうで 正直、3連休ですんで何組かはいるのかと思いきや、うれしはずかしの貸切でした~ 貸切はさびしいと感じる方もいるようですが、実は我が家は全員貸切大好きです! しかし、管理人さんには少々迷惑だったようで、必要な説明のあと、買い物やその他の用がないか確認して、こちらが何も必要ないと伝えるとそそくさと帰られました。 いや、うちはいっこうにかまわないんですけどね 今回のサイトは8番。 結局、こんな感じになりました。
画像
コールマン・アネックススクリーン+ロゴス・ドームステラ200の無理矢理連結です。
画像
少々サイズがあわずに隙間があいてますが、ムーンライターを使いますので喚起口ということで 下調べしたとおり、水場も
画像
野外炉も各サイト内に。
画像
いや~実際使ってみると、冬場は特に便利です。 寒い中、洗い物のためにサイトから離れた水場へ行くよりもはるかにお手軽で、しかも洗い物の最中に暖をとることも。 自分たち専用ですから洗った食器をシンク脇に置いて乾かすこともできるし。 サイトも広くて、スクリーンのほかに小型テントなら2つ張っても余裕ですね。 平坦なので寝るときもラクでした。 ま、各サイトで形状が同じなので、レイアウトも限られますから、繁忙期は建売住宅みたいになるかもしれませんけど 今回、スクリーンの中は地べたリアン仕様にしました。 シートの上に、少し前に買っておいたロゴスの起毛マットを敷いて、フリースのブランケットをラグにして、コールマンのロールアップスタジアムシートでこんな。
画像
大きなテーブルはなしで、宴会場のごとく、1人ひとつずつ、目の前にソロテーブルを置いて。 そうそう、先日バッテリー交換したiPod、なんかすご~く調子がよくなって、満充電から12時間くらいはバッテリーがもつようになりました。
画像
なにせ管理人も不在の貸切ですから、小さなスピーカーとはいえボリュームアップで音楽も流せます。 設営後はこんな感じでムーンライターを囲んで、お茶を飲んだり、お菓子を食べたりでダラダラしてみました~。 そんなこんなでぼちぼち夕げに突入。 といっても今回は食事というよりは飲みながらのつまみですかね。 まずは房総ならではのクジラの刺身。
画像
これまた房総ならではの房州花ビールなる地ビールで…んまい クジラが食べにくくなったのはホントにさびしいことですねぇ。 次は背黒いわしの胡麻漬。
画像
これまた今回デビューのスキットルに入れてきたジャックダニエルを、ちょっともったいないけどカロリーゼロの安コーラで割って。 今度はちょっと温かいつまみをと、練り物に大きなイカが入ったゲソ天なる珍味をムーンライターの上で200スキを使って軽く焼いていただきます。
画像
寒さも手伝ってか酒がすすみますね~ つまみもどんどんいただいちゃってます。
画像
これは明太子がつまったひとくちかまぼこ。 どうやら明日は満月だそうで…
画像
この日もキレイなお月様が見えていました。 かわりに明るすぎて星が見えづらいのが残念ですが。 のんびり空を眺めながら、今井美樹の「プライド」の歌詞を思い出したり。 あの歌詞、星には「願い」で、月には「祈り」なんですよねぇ。 …絶妙だと思います デカイ図体して恐るべし、布袋! 俺もほろ酔い状態で月に祈りを捧げてみました さてさて月を眺めて体も冷えたので、シメにはこれです。
画像
赤いきつね! お酒のあとにも、体をあたためるにも最適です。 そんなこんなでこの夜は更けて…
画像
12時前には眠りにつきました。 つづく
posted by Har at 21:52Comment(0)

帰還 //携帯より

画像 市原SAでピーナッツソフト中。 これで打ち上げ~。
posted by Har at 12:31Comment(0)

まずは… //携帯より

画像 焚き火であたりを温めましょう。 テントも車も真っ白ですから。 さて、撤収か~。
posted by Har at 06:54Comment(0)

焚き火タ~イム //携帯より

画像 今日は風がないので寒さ対策で焚き火開始o(^-^)o とたんに周りが温まってきました。 今日も月が丸くキレイ。 かわりに明るくて星が見えにくいかな…(^_^;
posted by Har at 20:30Comment(0)

宴の準備 //携帯より

画像 トレッキングのあと、ちょっと出てきました。 お風呂で汗流して、買い出しも。 質素な食材ですが、明日は撤収なのでささやかな宴です。
posted by Har at 16:54Comment(0)

快晴 //携帯より

画像 陽が出てからは暖かくなってきました。 遅い朝食も済んで、トレッキングにでも行こうかと。 今日はお風呂にも…。
posted by Har at 10:37Comment(0)

貸し切り //携帯より

画像 なんと貸し切りでした~。 房総の清和県民の森に来ております。 予報ほど晴れなかったし、けっこう風が吹いてます。 お座敷スタイルでまったり中(^O^)
posted by Har at 17:19Comment(0)

ちょっとオタ気分

本日、打合せのため浅草橋へ。 で、帰りにちょっと探し物もあって秋葉原で途中下車。 探し物といってもあるパーツ欲しさにジャンク品でも見つからないかな~なんて雪山で落し物を探すようなあてもない散策です。 ま、あったらな~くらいで久しぶりのアキバを楽しんだだけなんですが。 自分ではオタとは思いませんが、ちょっとオタ気分で裏通りの店ばかりまわってきました。 細かいジャンクショップやパーツショップは、なにか宝物がないかわくわくさせられます。 やっぱちょっとオタなのかな?! もはやパッケージでは入手できないWindowsXPのOEM版などちょっとそそられましたが、年始から散財しているわけにもいかないのでガマン、我慢。 とりあえず、あきばお~なんかもまわり、安~いKingstonのSDHC16GBなどを2千円ちょいで仕入れてみたり。
画像
この手のメモリ関係は高価=安心みたいなとこありますが、安さ=粗悪ばかりではないので、賭けに出てみましたよ~。 以前、8GBでデジカメの画像がオジャンになったこともあるもので とりあえず今のところ問題なしです。 先日購入したlenovo用として、こいつに映画DVDなどリッピングしてキャンプ場なんかで見ようかと…なにせドライブなしですから、仮想ドライブマウントでDVDプレーヤーがわりにしたりとかね。 その後、Macユーザとしては秋葉館にも。 で、見つけました。
画像
iPod4G(ClickWheel)用のバッテリー交換キットです。 中央がバッテリー、両脇がiPodを開けるための工具(?)です。 充電のくり返しでバッテリーのもちが悪くなってましたから、これでリフレッシュ計画です。 早速、工具を使ってiPodの開腹手術。
画像
手順を紹介しようかと思いましたが、今さら4GのiPodをバッテリー交換してまで使ってるのは俺くらいでしょうからやめましょう。 このHDDをめくって、粘着テープで貼られてる元のバッテリーを剥がして、ソケットを抜いて、かわりに買ってきたバッテリーに交換して、元どおりに閉めておしまい。 ふふふ… ふふふふふふ… ふふふふふふふふふ… 復活しましたよ~! これでキャンプでもどこでもiPodでの音楽ライフを取り戻せました。 やはり自分の手で…これが大事です Appleの保証は切れますが(俺のは古いからどっちみち…)。 あ、でももともとの目的のものは見つからなかった
posted by Har at 22:55Comment(0)

ありゃりゃ?!

この週末、未だ家族が見ることができていないイルミネーションのリベンジに、時之栖訪問も兼ねて裾野方面へ出撃の予定でした。
画像
ところが何を間違ったか、ひょんなことから一気に計画変更。 房総方面へ出撃とあいなりました。 キャンプ場はすでに仮予約済み。 まったく趣向の違うキャンプになってしまいました。 俺自身はイルミネーションも彼女と見てきたのでどっちでもいいんですが ま、乱暴な言い方をすれば、色気より食い気が勝った結果とでもいいましょうか。 もっとも週末の冷え込みがきびしそうであるというのも多大に影響はしているのですが。 とりあえず仮予約したキャンプ場は初めて利用するところです。
画像
今回は区画サイト、それも電源付きのようです。 テントはロゴスのステラとして、やっぱユニエアのカンガルーがいいかなぁ…同じロゴスどうしでクイックスクリーンとの組み合わせもありかも。 どっちにしろ天気しだいかなぁ。
posted by Har at 23:26Comment(0)

キャンプでカフェ~

本日、近所の某スーパーのチラシを見てびっくり!
画像
この6(デミ)カップ用エスプレッソメーカーが、なんと500円ぽっきり これまで使ってた1杯用のエスプレッソメーカーですら数千円してたのに。 もちろん速攻で買ってきました。 モノはどうだかわかりませんが、試しに入れてみてもまったく問題なしでした。 100均で売ってるミルクフォーマーといっしょに持っていけばキャンプ場でラテやカプチーノも。 これぞオープンカフェじゃないですかね~ なんなら、もうひとつ買ってもよかったなぁ。 それとこっちは500円じゃありませんが、ついでにこんなものも買いました。
画像
ナルゲンの細口500mlボトルです。 トランギアの燃料用アルコールに使おうかと。 専用ボトルもありますが、こちらのほうがだいぶお安いですし、扱ってるお店も多いですしね。 ファミキャンでトランギアを使うことはまずないので、ソロ用なら500mlで十分でしょう。 今週末は2009年の初キャンプになりそうです。 昨年の今日は伊豆でソロでした。 すでにフィールドが恋しいです
posted by Har at 21:58Comment(0)

初買い?!

う~ん、アウトドアネタといえるかどうか… 本日やっと正月らしく過ごしたような。 で、買い物などにも少々行きまして、キャンプにも…と思いこんなん買いました。
画像
イーモバイルと抱き合わせの激安ミニノートPCです。 いくつかセットがあるのですが、俺が買ったのはlenovoのideapadなる製品。 IBMからThinkPadシリーズを譲り受けた、あの韓国企業のPCです。 ASUSと迷いましたが、取り寄せになるのと、あとは見た目のデザインでこちらもありかな、と。 で、なにがアウトドアネタかっていうと、実はフリーランスなんかでWeb制作等々の仕事をしてますもので、毎週土曜昼放送のラジオ番組のWebサイトの更新作業などをしております。 土曜の昼は毎週仕事となると、おのずとこれまでもキャンプ場で仕事をしなくてはならないこともしばしば。 以前はデータを作成しておいて、タイマーでFTPアップ…なんてこともしてましたが、たまたま通信事故等ありまして、それからは極力、確実に作業が完了・確認できるモバイルでの更新を行うようにしております。 その際、車載PC、もしくはMacBook、果てはもはや引退間近のZAURUS SLC-700なんかを使っておりました。 車載PCはまだサブバッテリーを積載してないため、エンジンをかけていない際は使えません。 MacBookなら機能面他心配はないのですが、キャンプ中の一時のために持ち歩くには大きすぎ(Airを買える財力があればいいんですが…)。 SLC-7000はサイズは小さく、充電池式ですので上記の問題はないものの、通信方法が現在所有のFOMAデータ通信カードに限られるため、FOMAが圏外であれば絶望的 これまでの経験だとau携帯でのPacketWIN、もしくはその他1種類くらいの通信手段を利用可能で荷物として邪魔にならないくらいのサイズのPCさえあればいいんじゃないかと で、この正月の広告を見て、前々から気になってたイーモバイルの抱き合わせ販売にのっかってみたというわけです。 期間限定のお年玉価格とやらで通常よりお得だったものですから…。 正直、イーモバイル自体はたいていのキャンプ場では圏外でしょうね でもUSB端子もありますから、経験上キャンプ場では非常に強いau携帯での接続になるでしょう。 それでもまったく問題なし、イーモバイルは普段電車移動など都内での仕事の際に活躍してくれることでしょう。 かわりにFOMAの通信カードを解約するつもりなのでランニングコストもほぼかわりませんし、それでPCが1台ゲットできたとなるとこちらのほうがお得なのは明白です こうなったらキャンプ場からリアルタイムレポートなんてこともできるかもしれませんね。 もっともキャンプ中はのんびりしたいんで、たぶんやらないでしょうが
posted by Har at 21:19Comment(0)

元旦

新年あけましておめでとうございます。
画像
正月からこのページを覗きにくる方がいるとも思えませんが、一応、2009年の初書込みでございます。 自分が歳をとったせいなのか、年々正月気分なんてのは薄れていきますな。 なんとなくテレビを見ると騒がしいくらいで、特に普通の休日と変わらない時間を過ごしております。 で、特にアウトドアネタもないなぁ~なんて思っていたら、姉からメールが届きまして、4月の大子グリンヴィラ合同キャンプ、無事トレーラーハウスの予約がとれたそうで。 ま、GWでもなし、キャンプサイトのほうはまだまだ余裕と思っていましたが、どうにも姉が気にしているようなので仕方なく電話予約しましたよ。 姉一家はキャンプ場での炊事は素人なので、実際気になってるのは滞在中の食事かもしれませんが… もちろん何事もなく予約完了いたしました。
画像
昨年は個別サイトで、こんな感じにコールマン連結のお座敷スタイルでしたね。 今年はどうなりますか。 近くなったら気候と相談して決めましょう。 もしかしたら幕体も増えてるかもしれないですしね さて、それまでに今年は何回キャンプに行けるでしょう

2008年ベストキャンプランキング第1位

さてさて2008年もいよいよ終わりですね。 今年のベストキャンプランキング第1位です。 ジャラララララ… ジャン! 福島県民の森 フォレストパークあだたらです。
画像
第2位の戸隠と最後まで迷ったんですが、キャンプの爽快感やテントを張るという行為については、今年のあだたらでは天候に恵まれ、気持ちのいい環境(フリーサイト)で過ごせたので、個人的には非常に楽しいキャンプだったと思います。 夜風が強かったため、安全を期して焚き火を断念してしまったのが悔やまれますが。 ここはコテージやトレーラーハウスも人気ですが、個人的にはやっぱりテント泊。 なにしろサニタリーの充実度といったら他の追随を許さないほど。 よく高評価されている大子グリンヴィラと比べても、俺自身はあだたらに軍配を上げたいくらいです。 なお、低料金設定で温泉利用も可能だし、ビジターセンター(管理棟)の施設も充実していて、大人も子供も安心してキャンプを楽しめる施設だと思います。 かつ、場内の自然などはヘンに人の手が加わっていないようすで、ナチュラル志向の我が家も抵抗なく高規格設備の恩恵を受けられる貴重なキャンプ場です。
画像
昨年は区画サイトを利用したのですが、今年はフリーサイトでさらにのびのびと、ホントに気持ちのいいキャンプができたので、第1位に選んでみました。 首都圏からはちょっと遠いので、そうそう行けるキャンプ場ではないんですが、我が家では今後も1年に1回は行くキャンプ場になるのではないかと。 年末の3日間に今年のキャンプを振り返ってベスト3を記事にしてみましたが、正直、キャンプは毎回楽しくて、どのキャンプも甲乙つけがたいのが本音です。 それぞれのキャンプに楽しいエピソードがあったり、おいしい食事に、幕体やギアの新しい試みや発見などなど、キャンプを通して味わったおもしろさは計り知れません。 これからもこんな風にキャンプを、アウトドアを続けていけたらと感慨にふける大晦日。 いい歳こいてもアウトドアを続けていければな~と思います。 そして、マイナーなこのページに足を運んでいただいた方々への感謝と、みなさんのよりよい新年を祈りつつ、2008年最後の記事にさせていただきます。 これで半年の間、1日も欠けることなく書込みできました。 来年も特に無理をせず、数日あくこともあるかもしれませんが、極力記事アップにつとめながら細々続けていければと思っています。 どうかよいお年をお迎えください。
posted by Har at 20:58Comment(0)

2008年ベストキャンプランキング第2位

昨日に続き、今年よかった、楽しかったキャンプ第2位です。 2008年ベストキャンプランキング第2位は! ジャラララララ… ジャン! 戸隠キャンプ場です
画像
5月31日~6月1日に1泊、キャンプ場で誕生日を迎えるというバースデーキャンプでした。 本来はテント泊のつもりでちゃんと持っていったのですが、あいにくの雨で設営の手間を省いて急遽バンガロー泊に切り替えたキャンプでした。
画像
このときは、キャンプ場イン前に戸隠奥社の参道を散策するのが目的でしたので、たまにはラクしてキャンプもいいかな~と。 戸隠奥社も非常に印象的で、確実に他とは違う何かを感じるパワースポットだと思いました。
画像
誕生日を迎えるにあたり、ここをお参りできたことは今年1年でも非常に有意義な出来事のひとつだったと思います。 キャンプ場自体は今さら説明の必要もないほど有名な人気キャンプ場ですよね。 もっともバンガロー自体は単なる寝床という感じで、設備はお世辞にもいいとはいえませんでしたが、このときバンガロー泊は我が家だけで炊事棟も貸切状態だったため、夜は炊事棟の屋根の下で焚き火をしながらくつろいだのが印象的なキャンプでした。
画像
テントやタープだったら雨が降った段階で焚き火はあきらめちゃいますからね。 炊事棟利用が必須のバンガロー泊ゆえの楽しい夜でした。 しかも夜には急に空が澄んで、キレイな星空も楽しめましたし 実を言うと、このキャンプを境にこのブログの書込みは1日たりとも欠かしていません。 特に何かを決めて始めたわけではなく、このキャンプに行ってから、このブログに最低1日1件の書込みをするのが日課になってしまいました。 そろそろ途絶えてもいいかな~とも思っているのですが、ものすご~く狭い範囲で楽しみにしてくれているという方たちのご意見を聞いてしまったもので引くに引けないところもあるんですが このキャンプ場、というか戸隠という土地には必ずまた訪れる予感がします。 来年、もしかしたら毎年…ここには少なくとも自分を惹きつける何かがあると感じています。 ぜひ今度はテント泊をしたいと思います。 昨日の赤倉同様、少々遠いのでできたら連泊したいですね。
posted by Har at 16:30Comment(0)

2008年ベストキャンプランキング第3位

年末ということで一応総まとめ記事など すべてに順位をつけるわけにもいきませんので、今年のキャンプで個人的に楽しかった、よかったキャンプのベスト3を本日から順に振り返ってみたいと思います。 で、初日の今日は第3位です。 ジャララララララ… ジャン! 赤倉の森オートキャンプ場です
画像
ここは9/6~7に1泊で行ったキャンプですが、やはり長野の自然は理屈なしにいいです。 白樺の中に立てるテントはなんとも雰囲気があって、なんだかテンションが上がります そして、ウェザーマスターのスクエアタープのデビューキャンプでもあるんですね。
画像
雨対策にテントの上にスクエア張ろうかなぁ…なんて思いつきで安いタープを買うはずが、我が家の老キャンパーのへそくりの力でウェザーマスターに化けてしまいました。 しかし、これを機にヘキサタープファンの我が家がスクエアタープ好きに変貌するほど。 来年、暖かくなったら活躍すること間違いなしでしょう。 キャンプ場としては、入り口から奥までかなりの高低差がありまして、奥に行けば行くほど車とキャンパーの力量が試される感もあるなかなかおもしろいキャンプ場ではないかと思います。
画像
1度行ったくらいでは、このキャンプ場のすべてを味わうことはできないでしょう。 設備はけっして高規格とまではいきませんが、むしろ自然の中でのんびり過ごしたい派の我が家には嗜好があったキャンプ場です。 繁忙期はサイトを選択できないでしょうから、場合よっては望んだ環境で過ごせないかもしれませんので、混雑のない時期にまた行ってみたいと思うキャンプ場です。 ただ東京からだと距離がそこそこありますので、できるなら今度は連泊したいところですね。 GWをはずした夏前なんかいいかもしれませんねぇ。 明日は第2位です。
posted by Har at 21:59Comment(0)

大掃除

年末ですから、今年増えて(買って)収納しきれていなかったキャンプ道具もきちんと整理しないと。 現在、部屋の90cm幅のスチールラック2.5台分に及んでおります
画像
もっともすべてパンパンというわけではありませんが、着実に増殖中 来年はあまり増やさない努力をしないと…今年を振り返って反省すべきは物欲だったと再認識中 キャンプ道具に関する物欲については、煩悩は108どころじゃないな…
posted by Har at 21:16Comment(0)

今週は自宅待機

今週出撃したかったのですが… もろもろありまして、結局、不発 2008年の野外活動は終了となります。 だからというわけではありませんが、消耗品を少々仕入れてみたり。 まずはこれ。
画像
ロゴス・エコココロゴス インスタントシリンダー。 エコな炭として今年注目された商品ですが、我が家ではとにかく着火がラクで強力な火力が気に入ってキャンプでは常備するようになりました。 炭としてはもちろん、半端に残った場合は焚き火の着火剤としても力を発揮します。 オフシーズンになり、ホームセンターやスポーツショップでは入手しづらくなりましたので、冬場の分をまとめ買いしました。 さらに同じく燃料系のこれ。
画像
ホワイトガソリン。 コールマン製よりはリーズナブルです。 以前はジョイフル○○なんかでもけっこうお安いものもあったのですが、最近はホワイトガソリンもお高くなりました。 とはいえ、冬の寒い時期はガスよりも力を発揮しますのでやはり必要です。 で、これらだけで送料ももったいなかったので、お安くなっていたこんなものも。
画像
ロゴスの起毛テントマット300なる商品。 通常はインナーテントに敷くためのマットですが、我が家には300×300サイズのテントはありません。 これの使いみちはコールマン・アネックススクリーン。 320×320サイズのこのスクリーンを地べたリアン使用するためにと。 もちろんもう1枚ブルーシート系のシルバーシートを敷いてと思っていますが、その上にこの起毛マットを敷いて、ムーンライターでお座敷スタイルのリビングを試してみようかと。 ファミリーキャンプではチェア使って通常のリビングで問題ないんですが、来る4月にまた今年同様姉一家と合同キャンプの予定なので、その際の合同リビングはお座敷スタイルのほうが広く使えますので。 それまでにファミキャンで試しておこうと思って今回入手に踏み切りました。 あ~ものばかり仕入れてると無性にフィールドに出たくなります 年明け早々にソロでも行こうかな~。
posted by Har at 21:36Comment(0)

海の生き物たち~

クリスマスは八景島で彼女と娘と楽しく遊んできました。 ここのとこたてこんでいた仕事もひと段落したので1日お休み。 久しぶりに水族館でいろんな生き物を見てきました~ 白イルカにも直に触れて楽しかったです。 本日はアウトドア記事はちょっとお休み。 あ、でも島を冒険したので、ある意味、これもアウトドアかな~
画像
画像
画像
画像
どれもかわいい
posted by Har at 21:06Comment(0)

シーパラ //携帯より

画像 クリスマスは八景島で最愛の家族と。 今日はお休みで~すo(^-^)o
posted by Har at 13:10Comment(0)

不完全燃焼のキャンプバカ

先日、今年のファミキャン収めで森のまきばに行ってきましたが…
画像
雨・風のため早々に撤退して知りすぼみでした。 キャンプバカとしてはどうにもおさまらないですね… しかも私事でちょっとバタバタがありまして、それにともない仕事もちょっとバタバタと…やっと本日それらも片付いて、少しひと息つきました。 で、ふと思うのは今年はこれで終わりでいいのかな~なんて。 やっぱりソロキャンおさめとしてもう1泊しときますか。 今週末なら出撃できそうです。 年の瀬に何をのん気なこと言ってるんだとお思いの方も多いでしょうが、今年1年をしめくくるにあたり、そして新年を迎えるにあたり、どうにも不完全燃焼では…。 とはいえ、年末で多忙でないというわけでもないので、やっぱりここは近場のアソコでしょうか。 幸い年内の営業は今週末までらしいですし。 それともちょっとだけ足をのばしちゃいますかねぇ。 まだちょっと迷いつつ、やっぱり出撃はしちゃおうかなぁ。
posted by Har at 22:02Comment(0)

のんべぇ必需品?!

昨日ポチった商品が届きました。
画像
ま、自分自身のクリスマスプレゼントです 結局、テントはド派手な新カラーのステラでした 旧型のラルーサを買いかけたんですが、今週のナチュラムの価格がステラのほうが下だったもので、一気に形勢逆転。 キャノピーがあるほうが何かといいかもしれません。 もっとも、メインの目的はカンガルースタイル使用でフライなしなんですが 収納状態もウェザーマスターブリーズドームなんかよりはだいぶ小型で軽量ですね。
画像
特に冬場のテントは少しでも小さいと助かります。 なにせ冬は装備が嵩張りますから。 それにユニエアとのカンガルースタイルなら、幕体1つでいくらのフリーサイトなどでは一応1つとなるでしょうから、お金の節約にもなりますね たぶん2009年のキャンプ始めはこれになると思います。 で、いっしょに買ったのはこれ。
画像
8OZのスキットルです。 DUGというブランドのものですが、知りませんでした でも、この手の商品としてはかなりお安いです。 正直、このサイズのスキットルが2,000円以下で買えるとは思っておりませんでした。 これを見つけたので、ついでにステラをポチってしまいました。 送料はポイントで帳消しにしたとはいえ、スキットル1本のためにポイント使ってではもったいないので。 で、このスキットル。 これからのキャンプにバーボンでも入れて持っていこうかと思っております。 これまでのキャンプではビール以外はあまり飲みませんでしたが、こういったギアで少量のアルコールを楽しむのもアウトドアの醍醐味かと。 若い頃のように量はいけませんから、240mlもあれば十分でしょう。 上着やジーンズのポケットに忍ばせたりして、スキットルで直にちびちびやるのも外国映画のようでなんかかっこいいかも…たぶん最初は水で割ったり、カップでロックにしたりでしょうけど。 いずれにしても、アウトドアでの酒飲みの必需品かな。 男の道具っぽくてちょっといいでしょ 冬場は体を温めるのにもよさそうですしね。 特にソロキャンプで活躍してくれるでしょう。
posted by Har at 23:05Comment(0)

本日の懺悔

さんざん迷いつつ… 結局、ポチってしまいました 色々考えた末、カエデマークです。
画像 画像
どちらなのかは届いてから。 明日には届くでしょう。 実は別のものが欲しくて、ついでにポチってしまいました。 本命は小物だったんですが。 本日はここまで。 これにて解散!
posted by Har at 20:50Comment(0)

水出しコーヒー始めました

ヤマダ電機へ行ったとき、こんなんも買いました。
画像
ハリオの水出しコーヒーポットです。 もちろんお店なんかでは飲んだことあるんですが、水出しコーヒーはゆっくり抽出するため、一般に苦味や雑味がないなんて言いますが、こういうドリップ速度も調節できないような簡易版でもうまくいくんでしょうかね。 8人用1,200mlが一度にドリップできますが、いかんせん水出しですから時間がかかります。 セットして約8時間。 そもそも家でドリップしてキャンプに持って行こうかと思って買ったのですが、いっそポットを持って行ってキャンプでドリップというのもありかな? 朝から入れるキャンプ場なら着いてすぐ、そうじゃなければ寝る前にセットして翌朝…連泊じゃないと辛いか とりあえず試しに入れてみました。
画像
いつもの炭焼きコーヒーで入れてみましたが、初回にしてはまぁまぁですかね。 非常に口当たりのいい上品なコーヒーになりました。 これから時間をかけて、豆の量とか抽出時間を調節して好みの味に仕上げましょう。 もっとも今回の出来でかなりおいしいと思いましたけど。 こんな簡単なポットでもいい感じに入るんですねぇ。 もっと早く手を出しておけばよかった。 とりあえず、今日から水出しコーヒー始めました
posted by Har at 21:20Comment(0)

良薬口に苦し…

本日、所用により渋滞の中、運転しておりました。 が、ちょっと寝不足もありまして耐えられないほどの眠気が… で、だいぶ前に彼女にもらっていた試供品を試してみました。 眠気やだるさに効くらしい、これ。
画像
カフェクール200という商品ですが、これがまたスゴイ! コーヒー風味の顆粒タイプで、水などなく服用できるのですが、飲んですぐ効きます。 いや体質などにもよるかもしれませんが、少なくとも俺は飲んだ瞬間から眠気がス~っとうせました すごい効果です。 ただ…コーヒー味は口に入れた一時のみ その後の後味は最悪。 妙な苦味で耐えられません 何か甘いものとか強烈な味の食べ物でも用意して、服用後はすぐに口なおしをする必要があると思います。 良薬口に苦し、とはよく言ったものです しかし、キャンプの帰りだったり、朝早い出発なんかには強力な味方かもしれません。 眠気が襲ったときの最終兵器として車に常備しておこうか真剣に考えております。 もちろん、必ず口なおしの用意も必要ですけど。 ネットで見る限り6包、500円前後で売っているようです。 ま、俺のように効果があれば高くないものですかね。
posted by Har at 23:10Comment(0)

買えないけど…

ついついこんなんが気になって読んでみたり。
画像
普通のキャンピングカーは欲しいと思ったことないけど、軽だけは別。 なんだかやたら魅力を感じます いやテントが嫌になったわけじゃないですよ。 そのときの目的や状況にあわせて車中泊やテント泊を上手に使いわけたいなって。 それには軽キャンパーはすごくいいような…。 歳とったら(もうとってるか?)こんなんでふらふらと日本全国旅してみたいもんだ。 万が一、年末ジャンボが当たったら買います 来年のこのブログで軽キャンパーが登場したら、それは宝くじが当たったしるしで~す。
posted by Har at 07:15Comment(0)

キャンプで音楽

混雑したキャンプ場で音楽は迷惑になりますが、この時期、ボリュームさえ気をつければ迷惑になることもないでしょう。 むしろオフシーズンのソロキャンプなどは、少しくらい音楽でも鳴らさないと孤独すぎることもありますよね。 ひと昔前ならポータブルラジオなんかを聞いたものですが、最近ではラジオ以外の選択肢も増えました。 そんなとき、俺はiPodに小さなスピーカーつけて鳴らすんですが、なにしろ未だモノクロ液晶のiPodを使っておりまして いわゆる第4世代のクイックホイールモデルなんですね。 いや音楽が聴ければいいので、なんら機能的には問題ないんですが、いかんせん充電池のもちが悪くなってきました。 少し前までは秋葉原あたりで(自己責任で)内蔵バッテリーを交換するキットが売ってたりしたんですが、どうも見かけないようですね。 まだ売ってるとこあるんでしょうか? で、結局バッテリーが上がりしだい静寂にひたることになっていたのですが、どうしてもってときはメルテックのポータブルバッテリーにインバーター刺して、iPodのACアダプター繋いで電源とったりしてました。 インバーターはいくつか持ってはいるのですが、いかんせん安売り品を買ったもので大きめでいかついものばかり。 しかも、通常車載しているPC&モニタ用のインバーター以外はAC1コ口という仕様で、たとえば携帯電話を充電しているとiPodは我慢…なんて状況だったり。 わざわざインタバーター2つつなぐのも邪魔くさいし、PCをつないでるインバーターをキャンプのたびにはずすのも… 少々高くても、そろそろ小さくて2コ口のインバーターでも買うかなぁ…なんて考えてたとこでした。 仕事で使うPCのケーブルを買いに行った際に、なんの気なしに覗いたヤマダ電機の特売ワゴンにこんなん見つけました。
画像
AC1コ口の小型インバーターです。 また1コ口? いやいやただの1コ口ではありません USB給電端子装備の1コ口インバーターです。 しかも非常にスリム。 これならUSBはiPod専用にしても、さらにAC電源が1つとれます。
画像
空いたACの口で携帯も充電とかできちゃいますよ~。 別に珍しくないでしょ。 そうお思いの方は多数いると思います。 俺もそう思います。 でも、このインバーターが200円だったら? そうなんです、いくら特売といったってこれが200円って! たいして溜まってないポイントで精算して結局実質タダでした これ1つしかありませんでしたが、あったらもう1つ欲しいくらいでした。 これで安心して古いiPodでキャンプ中に音楽を楽しめます
posted by Har at 19:37Comment(0)

カンガルースタイル用のテント?!

先日の森のまきばキャンプがきっかけで意外な展開に…。 お粗末なキャンプレポですでにご承知のとおり、今回はキャンパーズコレクションのユニエアフィールドのフライをタープとして、中に激安テントでカンガルースタイルにしました。
画像
ユニエアよりも2~3まわりくらい小さいサイズですっぽり。 で、これを見た母がいたく気に入っているようす ある意味、キャンパーとして成長しているのかもしれません。 安いテントでのキャンプにはじまり、いくつかのテントを使ってきて、ウェザーマスターブリーズドーム+アネックススクリーンの連結で快適だと言っていたのは約1年前。 その組み合わせも設営/撤収の手間がややネックと思ってきたようで、姉も含めてアルバーゴやティエラのように割り切れば幕体ひとつでリビングにも寝室にもなるテントに目がむくようになってきました。 とはいえ、先立つものがいりますし、なにぶんうちの中にも大きな幕体は収納しきれなくなってきました そんな中、ユニエアに小さめインナーテントの組み合わせは目から鱗だったんでしょう。 今度は3人ギリギリ寝られるインナーを入れれば、ユニエアのカンガルースタイルのみでいいんじゃないかと…我が家の老キャンパーが口にしております。 200cm程度のテントがあるといいね、と。 正直、今回のキャンプで俺自身も少々考えなくもなかったんですが ユニエアの中のテントで3人寝ていれば、ファッドX3を雨にさらすことなく撤収もできましたしね。 てなわけで、200cm×200cm程度の安いテントの購入も検討の余地が出てきました。 先日、彼女に大物の買い物はひかえると言ったばかりなのにごめんね。 でも、値段は大物じゃないから許してね。 ま、該当するのはこんなもんでしょうか。 1.ロゴス・ドーム ラルーサ200UV-Z
画像
2.ロゴス・ドーム ステラ200FR-Z
画像
3.キャンパーズコレクション・UVドームテント 3C-3UV
画像
4.キャプテンスタッグ・クレセント 3人用ドームテント
画像
本命は1のラルーサかなぁ。 旧モデルだから値段も安いし、基本カンガルースタイル使用なのでインナーさえしっかりしてればいいし。 クイックスクリーンとも無理矢理連結できそうだし。 連結でいえば、ステラならキャノピー付きなのでアネックススクリーンと連結できなくもないかな。 3、4は安いけどこれといって特長もメリットも見当たらないかな。 いや、本格的に買うかどうかはもうちょっと検討してからですけどね。 年末ジャンボが当たったらアルバーゴとか買ってるかもしれませんし、SPのランドステーションにインナーなんてことも… 年末の出費がかさむこの時期、どっちにしてもまだまだ夢みたいな話ですかね~。
posted by Har at 22:51Comment(0)

インド人もびっくり! ~森のまきばオートキャンプ場 その2

夕陽もだいぶ沈んで暗くなりはじめました。 そろそろ夕飯の準備にかかりましょう。 その前に、GENTOSエクスプローラー・プロ EX-777XPを先日ちょっと改造した吊り下げ用ベルトを使って点灯
画像
これなら落とすこともないでしょ~ さ、調理開始です。 カレーを作ります。 ありきたりなメニューですが、実は個人的なキャンプ(学校や何かのイベントを除くと)ではカレーは初めて作ります 今回は豆カレーです。 オリーブオイルをひいて、牛肉、タマネギ、ニンジン、グリーンピースにコーン、ひよこ豆にうずら豆、大豆などをまず炒めます。
画像
炒めながらコショーなどを少々。 で、ニンジンに火が通ってきたらカットのトマト缶を。
画像
よくかき混ぜたら水を足して、コンソメを適量入れて煮込みます。 そこへ、今回は簡単に市販のカレールーを入れてできあがり~。
画像
これを炊きたてのご飯といっしょに…。
画像
ついでに、あまったコーンをバターと醤油で炒めて。
画像
キャンプでの初カレーですが、いや~これが自分でもおどろくほどおいしくできました インド人もびっくりの出来栄えではないかと 家族も含めてついおかわりしてすっかり食べすぎちゃいました。 食べ過ぎて動けなくなったので、コーヒーなど飲みながらしばしまったり…。 おなかも少しこなれてきたところで、久しぶりの焚き火です。
画像
この時点では焚き火さえあれば苦にならない程度で、思ったよりの冷え込みではなかったのですが、1時間半ほど焚き火を楽しんでいたらだいぶ寒くなってきました。 ちょうど薪も燃え尽きましたのでスクリーン内にもどります。 暖かいスクリーン内で今度はビールです。
画像
ホントは少しおつまみの材料も用意していたのですが、カレーを食べ過ぎたので昼間の乾きものの残りでいただきました。 乾きもののほかに唯一用意したのはこれ。
画像
クリームチーズにめんつゆ。 テレビでこうするとフォアグラの味がするとか…興味本位でやってみましたが、おいしいのは確かですがフォアグラの味では… 結局、このあとは普通に食べました。 アルコールもまわってきて22時半ごろにはテントへ。 俺がスクリーン内のフィールドチャンプ激安テントで、母と姉がファッドX3へ。 フィールドチャンプテントですが、1人で寝るには贅沢なほど広く、質感はまだしも特に悪いところもありません。 スクリーン内でカンガルースタイル用に使うには、設営も簡単だし便利です。 テントの中でシュラフに半分潜り込み、しばしソロ気分。 彼女からクリスマスプレゼントにもらったSPのBAJA400も出してみました。
画像
厳密には必要なかったかな…でも使いたかったもんで アルコールの力も手伝って23時半ごろには眠りにつきました。 夜中の3時ごろだったでしょうか。 テント(正確にはタープ?)をたたく音で目が覚めました。 予報よりもだいぶ早く降ってきました。 雨撤収か…と思いつつまだまだ早いので再びうとうと つぎに目が覚めたのは5時少し前。 先ほどよりも雨音が大きくなっていました。 携帯で天気をチェックすると昨夜よりも大幅に悪化してますね。 雨レーダーでの雨量が数倍に。 しかもタープがゆらされるくらいの風が吹き始めているようです。 17時までいられるキャンプ場ですが、これはさっさと撤収したほうがよさそうかな。 家族はまだファッドX3で休んでますが、ひと足先に起きだして、レインウェアを着込んでまずはトイレへ。 戻ってレインウェアの水をはらってムーンライターを点火。 家族が起きてきたときのためにスクリーン内を暖めておきましょう。 とりあえずお湯を沸かしたりして細かいものの片付けなど。 で、さっさとスクリーン内のテントも撤収しちゃいました。 6時になるころ朝食の準備を開始。 昨夜のカレーですが、実はカレールーを入れる直前に具を少し取り分けておきました。 その具を温めて昨夜よりも濃いめになるようにカレールー投入! 汁気をおさえたカレーを作ります。 そのころ家族も起きたようで、まず携帯に電話が このとき、ほんの数メートルですら外へ出るのを躊躇させるほどの雨だったんです。 こちらと外のようすを伝えて、ファッドX3をいつでも撤収できるよう中を片付けてくるように指示しました。 片付けを終えてレインウェア着用で家族もこちらへ到着。 こうなったらさっさと朝食を済ませましょう。 で、取り出したるは家庭ではレンジでチンとかするナン。 これをユニのマルチロースターを使って軽く焼きます。
画像
いい感じに焼けたところで、今朝作ったカレーといっしょに。
画像
これまたインド人もびっくりのうまさ。 今回のキャンプはカレーづくしです しかし、そうこうしてる間も雨は降り続け、若干風も強くなってきました。 今回、リビングをユニエアにして広々快適で正解でしたが、雨風にはけっして強い幕ではありません。 しかも風まで強くなるとは思わず張り綱もほぼなし。 携帯で見る限り夜になるまでは雨マークはとれないようす。 これは撤収するしかないでしょう。 食器などの片付けを家族にまかせて、1人レインウェア上下をしっかり着込みます。 とりあえず雨にさらされているファッドX3をたたんじゃいましょう。 まずは中の荷物をリビングに運んで、雨の被害がほとんどないグランドシートとインナーテントをはずします。 ここで実感したこと。 ファッドX3は背の低いテントなので今まで考えませんでしたが、インナーはずして出来た空間もけっこうありです そもそも耐水圧はすこぶる高い幕体なのでインナーはずしてみたら中はいやに快適。 小型のローチェアや地べたリアンスタイルであればソロのリビングとかにもなりそうです。 ってそんな悠長なこと言ってる場合じゃありませんでしたね。 濡れたフライの乾燥はあきらめて、我が家の雨撤収必須アイテム、モンベル・ハイドロプロストリージバッグ130Lにつっこみます。 これでファッドX3の撤収完了! そのまま車に乗り込み、ユニエアのキャノピー側に後からピッタリつけて、キャノピーをひっかけてハッチを開けばレガシーとユニエアの連結完了 これで外に出ることなく荷物の積み込みもできるようになりました。 あとはひたすら撤収。 来るときはルーフにレンジャー90を取り付けて荷物を積んできましたが、帰りは後方の視界を多少犠牲にして、荷台にすべて積み込みました。 雨では仕方ありません。 最後に残ったのはユニエアのみのリビング。 こればっかりはレインウェア着込んで全員で一気にいくしかありません。 せ~ので解体、そのままモンベルに丸めてつっこんで終了。 このころは風も強くてうかうかしてるとユニエアは果てまで飛ばされそうでした。 あとは濡れたレインウェアをこれまたモンベルのスタッフバッグにつっこんで車へ。 なんだかんだでみんながてきぱき動いたので、すべて完了した段階で9時半ごろ。 少しもったいなかったですが、この天気ではたいしたこともできないので潔く帰りましょう。 2008年のキャンプ収めが雨で尻すぼみになりましたが、これもまたアウトドアの宿命。 また次回、天候のいいときに森のまきばへ訪れることを誓って撤退しました。 帰ってから予報よりもはるかに早く雨が上がってちょっと後悔もありましたが、あの天候では残ったところで動きもとれず、テントも乾くまではいられなかったでしょうから、結果オーライと納得しました。 どうせ1ヶ月もすれば2009年のキャンプ始めになるでしょうから おしまい
posted by Har at 20:20Comment(0)