そういえば…アリーバの話

すっかり忘れてましたが、土曜にはいわくありのナチュラムからの荷物が来てたんでした。 ま、THERMOSのボトルはよしとして、気になるのはロゴスのアリーバ-15です。
画像
アリーバは貧乏キャンパーの味方・ロゴスのマミー型シュラフのラインナップで、ホントならダウンアリーバとか欲しいのですが、さすがにお値段がね…。 なので中身がダウンでない、アリーバシリーズの最高峰、-15を入手しました。 名前のとおり、スペック上では適正温度-15℃のシュラフです。 内側の素材はロゴスお得意のシルキーモイスクロスで、中綿には羽毛の先端と同じ太さのマイクロファイバーを使っているそうでふわふわ感もなかなか。 しかも丸洗いOKとメンテもらくで、実売は6千円強。 やっぱりロゴスは貧乏キャンパーの味方ですな。 コンプレッションベルト付きの収納袋で、-15対応のシュラフとしてはかなり小ぶり。
画像
ちょっとエイリアンのタマゴみたい でも、小さいっす。 ダウンものを除いたら冬用のシュラフとしては理想的なサイズかと。 で、使ってみましたよ。 なにせキャンプバカですから、家の中で… はっきり言ってかなり温かいです。 この時期の屋内では暑くて寝てられません。 感じとしては入ったときの体温を吸収して、その温度をシュラフが保持してくれる感じです。 そうなるとあとは発熱してるのかって感じで温かいです。 極寒の中、体が冷えてから入ってどの程度温まるかはわかりませんけど。 肌触りもいい感じで、首まわりを閉じるピンチロープも体温を逃がさずいい働きをします。 ただ、買い替えの対象となったタスマンX0なんかと比べればかなり細身なので、言ってみれば狭いです。 個人的には窮屈さは感じませんでしたが、外観のラインから考えても細身のシュラフといえるでしょう。 ま、そのおかげで収納サイズも小さくなるんですけどね。 寒さは我慢できませんが、狭さは我慢のしようもありますし これ家族分そろえたら、狙いどおり、かなり荷物の体積軽減にはなるんですが、ただ3つ分となるとお財布も軽減されそうで… 実は買う前にもう少しお金出してモンベルのストレッチバロウバックにしようかと迷ったんですが、値段を考えるとけっこうよかったかも。 この冬のキャンプでの活躍に期待です。
posted by Har at 22:05Comment(0)

う~む…ナチュラムはやっぱりダメ?(-_-;

本日いつものようにナチュラムのセールを覗いてみたのですが…セール品の中からはこんなものを購入しました。 サーモス(THERMOS) ステンレススリムボトルFDX-500
サーモス(THERMOS) ステンレススリムボトルFDX-500

実はセール品以外で買う予定のものがあったので、どうせならセール品を見てからいいものがあれば送料などをまとめて購入しようと待っていたのです。 で、セール品の中で、このサーモスのボトルが880円というので、ちょうどキャンプ中に沸かしたお湯を保温するのに欲しかったものですから、この値段ならちょうどいいな、と。 ホントはプリムスP-152の安売りが欲しかったんですけど、さすがにみなさん早いこと ワンタッチテントなんかは残ってたんですが、使いみちが見つかりませんし。 災害用?とも思ったのですが、ファッドX3やアメドSだってそれほど設営に時間かからないしなぁ。 で、いっしょに買った欲しかったものというのはシュラフです。 冬用に使っているコールマンのタスマンX0の代用品を。 いや、ダメになったわけではないのですが、家族で使っている他の2つ(ドイター・スターゲイザーとイスカ・スノートレック)に比べると寒さの対応力が劣ることと、そのわりにデカくて…。 ムーンライターも買ったので、荷物を数センチでも小さくしたいというのが本音です。 ですので、安くて何かいいものはないかなぁ~と、値段とスペック(数値上ですが)でロゴスのアリーバ-15なんてのはどう?ということになりまして。 ロゴス(LOGOS) アリーバ -15
ロゴス(LOGOS) アリーバ -15


実売6千円台で適正温度-15℃とスペック上は保温性が高いのに、タスマンよりひとまわり以上は小さいことになります。 ダウンの高級なシュラフを買えればサイズ的にもいいんですが、そこまでの出費はきびしいもので。 さて、果たして実物はどうでしょうかねぇ。 で、この買い物で問題がひとつ。 ほかにも細かいものをショッピングカートに入れたり出したりしつつ、結局はこの2つを購入したのですが、自分も確認が足りなかったかもしれませんが購入確定後、あらためて内訳をよく見たら、サーモスのボトルの値段が1350円に上がってます 数百円の差ではありますが、880円だからアリーバのついでに買おうと思ったわけで、約500円アップなら購入を決めたかどうか…。 すぐにWeb上の商品詳細画面などを見ましたがやはり880円と表示されています。 すぐにナチュラムにメールフォームから問合せ。 しばらくして返答がメールにて届きました。 その内容は「同じ商品を買ったお客の請求を調べたところ880円だったから差額を返金します」といった内容の文面。 ナチュラムの商品発送は迅速で即発送の手配がされてしまうため、代引きだったこともあり、請求金額の修正をするのは困難なのかもしれませんから、返金という形の対応は納得できなくはないのですが、メールの文面には商品説明画面と請求画面とで値段が変わっていることについて「申し訳ありません」のひと言も、その原因についてもまったく触れられず、他のお客が880円だったから880円なんだろうとしかとれない内容です。 最終的な購入確定で気づかなかった俺も悪いのですが、こちらは言いがかりをつけているわけでもなく、堂々とWebサイトには880円の表示がされているんですから、もう少し対応の仕方がありませんでしょうか。 文面ではナチュラム側に落ち度はないと言わんばかりで、正直、これまでの買い物も値段が違ってはいなかったどうろか心配になるくらいでしたから。 あとは返金の口座を知らせるよう書かれていましたので、そのとおり返信しましたが何時間たっても連絡はなし。 問合せ時間内に返信しているんですが…。 明日には商品は届きますので、数百円とはいえ先に高い値段を払わされる身としては、口座の情報を受信したこと、いつには返金がなされるかなどの返答くらい欲しいと思うのはおかしいでしょうか? この対応、果たしてどうなんでしょうかねぇ 今年、個人情報漏洩問題もありましたし、ちょっと対応などに不信感を抱きましたねぇ。 早速左側のナチュラム情報ははずしました。 商品の引用もやめようかと…。 今後利用するかどうかは、このあとの対応を見て考えたいと思います。 ものによりますが、実売価格はそこそこ安く、発送などの対応も早いネットショップだけに少し残念です。 やはり買い物は有店舗なのかなぁ… ★追記: 上の件、夕方、問合せ対応時間が終了する前に苦情のメールを入れておきました。 そしたら、対応時間が過ぎてから、だいぶきちんとした謝罪のメールが届きました。 文面からみても別の方が対応したものと思われます。 結局、「代引きなので返金ではなく、荷物到着時の支払金額を変更するよう手配します」といった内容の対処が書かれていました。 しかも差額よりも少し多い500円引きになりました。 結果、なんだか文句を言ったおかげで得をしてしまったようになりましたが、少なからずネットショッピングなんて、店と客の最低限の信頼関係で成り立っていると思うので、やはりお互いに最低限の礼儀や心遣いは必要かと。 最初の対処をした方がバイトなのか派遣なのか、社員なのかはわかりませんが、このメールが最初に来ていたら、きっと特に不満もなく「よかった…」で済んだだろうに 今後も引き続き利用してほしい旨書かれていましたが、しばらくようすを見ながら検討します。 どうでもいいかもしれませんが、昨日書いたカレンダー。 11~12月分もできましたので、一応貼っておきます。
画像
今回はひと晩雨に濡れたアメニティードームSのSPロゴです。 ちょっとピンが甘いのですが、なんか逆にそれが雨粒とあいまって自分では気に入った写真です 興味ない方はスルーしてください。
posted by Har at 18:46Comment(0)

とりあえず冬物へ

今週末、出撃予定なのはここ、我が家としては最北。
画像
昨年にも1度訪れたキャンプ場ですが、家族にはもっとも評判のよかったキャンプです。 いわゆる高規格キャンプ場だと思いますが、それでいて自然はそこそこで、作られた感がやんわりなところです。 炊事棟やトイレは高級ホテルのような雰囲気なのですが ただ、東京からみたらだいぶ冷え込むと予想できるところです。 とはいえ冬キャンとまではいかないこの時期、これからは寒さ対策にスクリーンタープの出番が増えると思われるため、今シーズン最後の1枚布タープをと。 というのも、赤倉の森で雨対策を兼ねて予定外の購入&デビューとなったウェザーマスタースクエアタープ。
画像
あれ1回ではあまりにも悲しいので、せめてもう1度、今度はテントの屋根ではなくきちんとリビングとして使ってあげたい…そんな気持ちから急遽登板となりそうです。 まして今回はフリーサイトなので、彼の寸法も受け入れてもらえるはずですから かわりに寒さ対策としては昨日書いたアイテムをばっちり揃えたほうが無難かと考えております。 中でも寒さで寝られないなんてのは最悪なので、まだ少し早いかなと思いつつも冬物シュラフをひっぱり出しました。 deuter(ドイター) スターゲイザー
deuter(ドイター) スターゲイザー

足部分を開くと服を着るように靴を履いたままチェアや車内で使える。収納バッグも使いやすいし、コストパフォーマンスが高いシュラフ。
イスカ(ISUKA) スノートレック1100
イスカ(ISUKA) スノートレック1100

こちらは今年モデルでグレードアップしております。うちのは昨年モデル。こちらも足部分を開いて靴を履いたままでも入れます。
Coleman(コールマン) タスマンX0
Coleman(コールマン) タスマンX0

値段のわりに温かく、かつゆったりしていて意外と気に入ってます。対応温度はこの中では一番高いのですが、使用した感じでは他2つとさほど大差なし。
あとは焚き火でなんとかなるかな…。 今回、アーリーチェックインで朝から利用できるようにしました。 ETC深夜割もありですが、さらに節約して金曜の深夜出発。 一般道使って朝までにのんびり行こうかと。 帰りはたぶんばっちり高速になるので… なにしろ、今回はサイト料よりなにより交通費のほうがはるかにかかるところなもので…。 でも、関東から脱出しますので、どうやら紅葉も楽しめそうです
posted by Har at 21:13Comment(0)

ホウリーの森キャンプ

12月15日(土)、朝ちょっと用事があったのだが、今日はキャンプなので早々に片付ける。 キャンプ道具は前の日に積んでおいたので(実は忘れものがあったのだが…)、クーラーバッグ他少量の荷物を放りこんで10時半ごろ出発。房総方面へはたいてい一般道で行くのだが、さっさとチェックインしてのんびりしたいので、珍しく高速を使って先を急ぐことにした。 高速に乗ってから気づいたのだが、ホワイトガソリンの残りが心もとない。キャンプ場でも入手できるだろうが、途中で買ったほうが安いかと。君津インターまで行って、君津市街にあるジョイフル本田へ。ここのオリジナルのホワイトガソリンは格安なのだ。ま、コールマンの純正品とのちがいは検証してないが今まで使った限りでは違いはわからない。 で、アウトドア売り場をなんとなく覗きながら4L缶を購入。 このとき、コールマンのマックスレトロランタン 20W (レッド)が目に入り「これ欲しいな~」などとぼやいてたりする(^^; 近頃ひょんなことからポータブルバッテリー(よく耳にするSG-1000ですよ)を手に入れたもんで、いい活用法はないかと。 バッテリーとしてはたいして大きなものでもないんで、ポータブルテレビとか照明関連くらいかなぁ~などと考えて、マックスレトロランタンならインバータもなくSG-1000に繋げるし、スクリーンタープ内の明るめの照明も欲しかったんで。 タープ内であんまり燃焼系を使うわけにもいかないしね。 で、我が家はノーススターは例外として、ランタンは“赤”みたいな理念があって(^^)、最近出たサンライトにもかなり惹かれるのだがやっぱ赤かなぁ、みたいな。 ま、そんな葛藤もありつつ、とにかく今はキャンプ場へ。 ホウリーウッズ久留里キャンプ村へは13時ごろ到着。
画像
管理棟でチェックインをして場内を見まわすと、この日はソロキャンパー10人ほど、他5~6組というところかな? 初対面ながら気さくなオーナーとひとしきりバカ話をしてなごんだあと、なんとなくいいところにはどなたかが設営しているので、思い切って一番奥へむかってみた。 場内一番奥のエリアに適当なスペースを見つけ、とりあえず6月以来のランドライトを設営。
画像
ここでお腹が減ったので、ヘキサライトを建てる前にお昼ご飯に。 といってもカップ麺とコンビニで買ったパンとかなんだけど…。 腹ごしらえも済んでヘキサライトも設営。 ランドライトにかぶせてこんな感じ。
画像
自分ではけっこういい感じかと。 ヘキサライトを張ってみて、カタログで見るよりグリーンはきつくないなと。 正直、ライドライトとの色のミスマッチも心配だったし、落ち葉の中どうなのよ?みたいな感じだったけど、これはこれでありかなって。 あんまり見ないカラーだし、天邪鬼な俺にはいいかも(^-^) これからソロ、デュエットくらいならこのセットに決定。 で設営も済んでお茶でも…なんてひと息。 夕飯の準備なんか考え始めて気がついた。 「あれ、ランタンは?」 我が家のキャンプのシンボル200Aはおろか、ノーススターも見当たらないよ。 我が家のキャンプは前日にリビングの片隅に積載物をまとめておいて、前日もしくは当日朝車載というのが慣例で、今回も前日に車に積んでおいて出発したのだが…。 で、家で留守番してる母に電話してみた。 で納得! まとめておいた荷物群から母が何かの拍子に邪魔になり、ランタン2つだけ奥の和室に移動していたらしい。 俺も車に積んだとき気づけばよかったんだが、ランタンやシュラフの類はトートバッグなんかにまとめて入れるもんだからうっかりしてた(-_-; さてさて困ったなぁ~さすがにホウリーウッズは外灯もほとんどないし、夜になればテント内用のレトロランタン7Wだけでは暗くて活動できないぞ…。 管理棟でレンタルを借りられないか相談しようかとも思いつつ、ちょっと悪魔が脳裏でささやく。 「ジョイフル本田で買えばいいじゃん!」 ん、マックスレトロランタンか。 幸いバッテリーは今日も車に積んである。 天使と悪魔が葛藤する間もなく、愛車レガシーを君津市街へ(^^; てなわけでしょうがなく(口実になる既成事実のもと?)マックスレトロランタン買っちゃいました。 しかたなかったんですよね(^_^) ホウリーウッズで蛍光灯ランタンのみってのは味気ないんだけどね、ガソリンランタン増やしてもしょうがないし、ガスランタンもねぇ。 ま、とりあえず灯りについてはこれで解決。
画像
夜になるとサイトはこんな。マックスランタンのおかげでなんとか助かった。 真っ暗な場内に、はるか遠くのソロキャンパー集団の灯りが幻想的に見えてた。
画像
この夜は思っていたよりは冷え込まず、焚き火のまわりでまったり。 温めるだけのおでんに、手羽元をアルミホイルで包んで焼いて、冷凍のピラフを炒めて、と手抜きの夕飯をゆっくりいただく。野菜不足防止のため、サラダはあらかじめ用意してタッパに詰めて持参。このあと11時近くまで焚き火にあたって就寝。 テントに入って温度計を見ると10℃弱。この時点で外気温は4℃くらいだったかな。 心配していたシュラフも、スノートレック、タスマンとも十分に暖かく、朝まで快適に眠れた。 さすがに少々結露はしたものの、シュラフが濡れるほどではなく、寒いながらも朝はすっきりお目覚め。朝日も木々の間からキレイにのぞいている。
画像
朝はこれまた手抜きでサトウのご飯とレトルトのシチューを温め、ソーセージを焼かずにボイルし、昨夜の残りのサラダもいただく。 まわりのサイトはみなさんのんびりしていたが、俺らはお昼までには出発しようと思っていたので、ボチボチと撤収を始めると、ヘキサとランドライトの間にお客さん発見。
画像
ナナフシさんですよね? どこかの木から落ちてきたのか、張り付いているんだが、つっついても鈍く動くだけ。 一応、動いてるんで死んではいらっしゃらないようすだが、いかんせん寒くて動けないらしい(^^; ヒーターで暖めてあげるわけにもいかず、拾った枝につかまらせて木の幹近くに立てかけてどいていただいた。 撤収の邪魔は困りますよ。
画像
キレイに片付けて撤収完了! 今日も楽しいキャンプをありがとうm(__)m 管理棟で「今度はオーナーおすすめの春先にでも来れたら…」なんて挨拶を交わして帰路へ。 ランタン忘れのトラブルもあって、ゆったりばかりはしていられなかったものの、ホウリーの森に癒され、落ち葉と腐葉土に包まれて眠ったいいキャンプだった~。 ネットでよく見るここの評判もわかるなぁ。 また行きたいキャンプ場が増えました。
posted by Har at 19:00Comment(0)

応急処置?!

明日からのキャンプ、ソロ予定がデュエット(?)になったもんでやっぱ寝袋が心配。 とはいえ昨日の今日ではネットでポチっもできないし、仕事しておりましたから買い物もそうそう遠くへは…(-_-; 手持ちの寝袋重ねたり、シュラフカバーとかフリースブランケットでなんとかするか~とも思ったのですが、昼休み時間に食料の調達など少々出て、ホームセンターで何気にアウトドア用品売り場を覗くと、いつもはそんなん置いてないはずなのになぜかコールマンのタスマンX0がゴロゴロと。
画像
すごく安いわけではなかったものの少々割り引かれていたのと、この際、0℃以上の適用温度なら多少はいいかとひとつ購入。 少なくとも今持ってるマミーは5度以上なんで、それよりはいいかと。 こいつはマミー型にしては余裕ある作りで、場合によっては他のシュラフに重ねて使えそうだし、けっこう温かいってうわさも聞いたことあるし…ちょっと苦しいかなぁ(^^; ま、この時期のキャンプなんて寒くないわけないから、あとは気合と根性で!というのは冗談だけど、なんとかなるでしょ。 しかし、ソロで金もかけずにのんきに行くつもりが予定がはずれてしまった…。 予定のキャンプ場はソロ料金があるとこだったんで、サイト料も上がってしまうし。 行き先変更して、せめて薪無料の某キャンプ場にしようかなぁ。 どうせそれほど混雑してないだろうから今夜電話で予約するつもりだったんで、ちょっと迷うとこだなぁ。
posted by Har at 17:06Comment(0)

悪だくみ

ここんとこご無沙汰! ※ごっつええ感じ、バリバリロックンロール参照 いやぁ書込みが滞っておりましたが、実は今週末にソロでもと企んでおりまして、また色々と細々仕入れてました。 まずイスカのスノートレック1000。
画像
ちなみに俺が買ったのは赤。 この前の房総キャンプはなかなか寒かったんで、安めなんでソロ用に買っちゃいました。 -10℃なんてスペックどおりに信じてるわけじゃないけど、靴履いたまま入って座ったりできるし、シュラフ兼防寒着感覚でちょうどいいかなって。車中泊にもよさそうだし…。 続いてsnow peakのパーソナルクッカーNo.3。
画像
もちろんチタン製のはいいけどお金ないから…(^^; ステンレス製なら、不思議とセット内容からしてスノーピークのが他よりお買い得感あるんだよなぁ。 あとは細々したもの。 薪割り用のなた、水場&ダッヂオーブン用寒さ対策の業務用ゴム手袋とか。 今回のターゲットは某キャンプ場。また房総半島です。 前から気になってて、ただ秋から冬の序盤に行ってみたいと思ってたとこ。 もうひとつの目的はコールマンのヘキサライトタープの初張り。 実は少し前に手出してたんだけど、前回は利くん一家もいっしょでうちにしては大人数だったのと、寒さでヘキサはちょっと…って感じだったもんで日の目を見ないでいた。 でも、ソロなら以前バースデーソロキャンプで使ったKERMA ランドライト KRT-305の出番なんで、KERMAにかぶせる形でいわゆる小川張り風ができるかと。
画像
こいつの上にヘキサライト。う~ん、色がいまいちマッチしないけどねぇ。ホントは本家ogawaのシステムタープヘキサDXをとも考えたんだけど…いかんせん予算が。 それに積荷として大きなものはもう増やせないしねぇ。 ヘキサライトの決め手は収納時のサイズ。レガシーの荷台にこれ以上長ものはきびしくて(>_<) ま、そんなこんなでソロの準備は着々。あとは土曜朝一の用を済ませて食料だけ積んでなんて思っていたら、予想外の展開。 これからの時期は寒いんで、家族もキャンプはお休みのはずだったんだが突然の参加希望者が。 どうも最近焚き火に目覚めてきたようなので、準備を進めている俺を見て、どうやら血が騒いだのでは?! ま、ランドライトは2人用。この時期は窮屈なくらいで寝たほうが温かいし、1名参加は許可しましょう。 ソロの気ままさはなくなるものの、設営や撤収、洗い物なんかは分担できるから助かるしね(^^) 今週末の関東は、気温は下がってくるみたいだけど天気は良さそう! 3週ぶりの野遊びか、ワクワクするなぁ~(^-^) あれ?イスカは1つしか買ってないや。シュラフもうひとつどうしよう。 こりゃ途中で冬用シュラフ手に入れなきゃかな~それとも手持ちを重ねたりすれば大丈夫かな? どっちにしても、なんとなくイスカはとられそう…寝心地は次回までわからんかも。
posted by Har at 23:23Comment(0)