ムドゥスというテント

みなさんの購入されるキャンプ道具の価格ってどれくらいなんでしょう。





自分としては、実売価格が1万円以下なら比較的必要性だけで購入を決意、1万円代ならそこそこ必要性を検討して品質や機能を吟味して購入の可否を決定。
それ以上なら、ネットやまわりの評判、セールなどの一時的な値引きかどうかなども参考にして、時間をかけて検討って感じでしょうか。

とはいえ、キャンプ道具については1アイテムで実売3万円代くらいまでにおさえようとしています。
ある意味、自分の中の戒めというか歯止めとして1点につぎ込む金額の上限をなんとなく決めているわけです。

そういうわけで、このサイトの名称もPxxx Camp、込められた意味のひとつはPoor Campなのです

事実、我が家のキャンプ道具の実売価格で一番高かったのは39,800円(ポイント割引あり)で購入したコールマン・ウェザーマスターブリーズドームテント。
次いでスノーピーク・アメニティドームSの29,800円(ポイント割引あり)です。
たぶん世間のキャンパーさんはもっとお高いテントをいくつも持っていることでしょう。
先日購入のファッドX3などは本来2万円半ば~後半のはずが1万円代前半という破格だったので即決したわけです

なので、基本これ以上高価なものは検討の範囲に入れないよう努力(我慢?目を背ける?)しています。

ですからここでもこれまで触れたことはないのですが、実は一応、カタログやネットではいろんなものを見ています。
で、兼ねてから欲しいな~と思っているのが、ヒルバーグ・ムドゥスというテントです。

画像

世間のキャンパーにはそれほど高価なものではないんでしょうが、だいたい実売65,000円くらいの2人用テントです。
実売でいえば、これより小川のアルバーゴ34とかスノーピークのランドブリーズ4LXなんかのほうがお安いくらいです。

ムドゥスのサイズからいってテントとしての使いみちはソロだと思いますが、今どき珍しいAラインのテントで、しかもポール2本でフライを立て、インナーを付けずにシェルターとしても使えるという優れモノです。

画像

複数を横並びにドッキングしたり、斜面になるフライを跳ね上げたりもできるので、小さいながら色々なバリエーションが楽しめて地味~におもしろそうなテントなのです

ファミリーキャンプのときだって、インナーはずして荷物置きとして設営したり、使いみちはあるんだろうけど、いかんせん我が家には高価すぎます



で、なんで今さらこんなこと書いてるのかというと、A&Fでこのムドゥスにあれこれ付けて防災セットとして販売しているのを偶然見つけて、こんなに欲しいテントが防災用品か~となんだかわからない憤りを感じたりしたもので…

いや、災害時のテントとしてもきっといいんでしょうが…

ヒルバーグのテントにはおもしろいものが多くて、あれこれ興味はあるんですが、さすがスウェーデン製。
どれもお高いですね。
でも、やっぱ欲しいな~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント