車内環境整備 その1

天候が不安定なため、やむなくソロキャンプは中止しました。





で、この週末は以前から気になってたレガシーの車内環境整備を少々。
といってもまず片付けたいのは主にナビに使っている車載PC関連。

来週の信州行きに先駆けて、ナビの使用環境向上を間に合わせたいし。

現在、愛車レガシーにはSONY VAIO UX50を積んで、GPSレシーバを接続して地図ソフトとの連携でナビ代わりにしてます。
ナビだけではなく、ときにはワンセグでテレビ視聴、FOMAのCFカードやau携帯をUSB接続してWeb閲覧(主に道路交通情報など…)やメールチェック、などなど若干仕事もしたりとかなり活躍しているんですね。

この車載PCとしてのUX50、すごく不満があるわけではないですが、少々使い勝手を向上したいところも。

で、今回の課題は3点。

1.外部モニタを導入してデュアルモニタ化
これはナビ使用のときの表示を若干でも大きくできたら…ということがきっかけで、ついでに後部座席でもモニタリングできるようにというおまけのねらいもかなえようというわけ。かつ設置場所の見直しもかな。

2.インタフェースの問題解決
メインモニタの外部化にともない、ふだんの操作にタッチパネルが使えなくなるため(お金をかけてタッチパネルの外部モニタを買えばいいのですが…)、ナビ操作などに極力支障がないコントローラなどの導入が必須に。

3.PCの電源を車のメインバッテリーから切り離す
現在はシガーライターにインバータをつけて、そこから電源をとっているものの、いかんせん愛車レガシーはかなりのヴィンテージ(?)ものだから、車が走るためのメインバッテリーの負担を少しでも軽くしてあげたい。



1はすでに手配済みのブツが届くのを待っている状態。
どうやら明日には届くらしい。

で、順番が逆になってしまったが、2のインタフェースは本日手元に届きました。

それがこれ、スマートトラックプロ。
画像

いわゆるノートパソコンに付いてるトラックパッドのUSB接続版です。

といっても意外にこの手の製品は少ないんです。
大手量販店ではめったにお目にかかれないですし。

しかもパッド左のボタンに4つのアクションを登録できますので、地図ソフトの起動やブラウザの起動なんかは登録してしまえば操作もラク。

ちょっといじってみたけどあなどれない。
デスクトップPCにもつけてみると便利かもしれない。

小型のキーボードはもともと持っているので、文字入力が必要なときはそちらにまかせて普段の操作はこれでなんとか。

3のバッテリー問題。
これは意外なところでとりあえず暫定案が決定。

これまでもキャンプ中のランタンや扇風機用に使っていたMeltecのポータブル電源SG-1000。
ちなみにこれですが。
画像

近所でお安くなっているのを見つけまして…。

これまでも大活躍でしたので安いならば追加購入~なんて買っちゃったはいいけど、何に使おうってな具合で(^^;
なにしろ扇風機だったら1泊のキャンプ中平気でもってしまうほどなもので。

で、ここはひとつ、普段車載してPCのバッテリーとして活躍してもらおうかと。
ディープサイクルバッテリーはけっこうなお値段でなかなか手が出なかったもんで。
SG-1000への充電はシガーソケットからも可能でして、一応、保険的には充電もできるし。

ゆくゆくはディープサイクルバッテリーと組み合わせて使おうと思っていたサブバッテリーチャージャーからシガーソケット出して、そこへSG-1000をつないで、メインバッテリーが満充電時はレガシーのオルタネイターからSG-1000へ充電されるように改造しようかと。
それならシガーソケット直接よりメインバッテリーに負担をかけないでしょうから。

ま、暫定的とはいえ、バッテリー問題も一応の対策がとれそうで、これでエンジンをかけずに思う存分PCが使えます。
UX50にはもちろんバッテリーが装着されてますが、だいぶヘタってきたのと、そもそもフルパフォーマンスではたいした時間もちませんしね。
通信なんかのときにはみるみるバッテリー減りますもん。

とにかく、あとは明日到着のモニタを待って、近日中には環境整備をしたいな、と。

ちなみに、少し前からちまたでウワサの激安ファンレスPC、気になります(^-^;
デュアルモニタではなくなりますが、こいつを車載してもいいかもな~。
でも、これ以上投資するとキャンプの回数が減りそう(-_-)
UX50にもう少しがんばってもらわないと…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント