ホウリーの森キャンプ

12月15日(土)、朝ちょっと用事があったのだが、今日はキャンプなので早々に片付ける。
キャンプ道具は前の日に積んでおいたので(実は忘れものがあったのだが…)、クーラーバッグ他少量の荷物を放りこんで10時半ごろ出発。房総方面へはたいてい一般道で行くのだが、さっさとチェックインしてのんびりしたいので、珍しく高速を使って先を急ぐことにした。

高速に乗ってから気づいたのだが、ホワイトガソリンの残りが心もとない。キャンプ場でも入手できるだろうが、途中で買ったほうが安いかと。君津インターまで行って、君津市街にあるジョイフル本田へ。ここのオリジナルのホワイトガソリンは格安なのだ。ま、コールマンの純正品とのちがいは検証してないが今まで使った限りでは違いはわからない。

で、アウトドア売り場をなんとなく覗きながら4L缶を購入。
このとき、コールマンのマックスレトロランタン 20W (レッド)が目に入り「これ欲しいな~」などとぼやいてたりする(^^;
近頃ひょんなことからポータブルバッテリー(よく耳にするSG-1000ですよ)を手に入れたもんで、いい活用法はないかと。
バッテリーとしてはたいして大きなものでもないんで、ポータブルテレビとか照明関連くらいかなぁ~などと考えて、マックスレトロランタンならインバータもなくSG-1000に繋げるし、スクリーンタープ内の明るめの照明も欲しかったんで。
タープ内であんまり燃焼系を使うわけにもいかないしね。
で、我が家はノーススターは例外として、ランタンは“赤”みたいな理念があって(^^)、最近出たサンライトにもかなり惹かれるのだがやっぱ赤かなぁ、みたいな。
ま、そんな葛藤もありつつ、とにかく今はキャンプ場へ。

ホウリーウッズ久留里キャンプ村へは13時ごろ到着。
画像

管理棟でチェックインをして場内を見まわすと、この日はソロキャンパー10人ほど、他5~6組というところかな?
初対面ながら気さくなオーナーとひとしきりバカ話をしてなごんだあと、なんとなくいいところにはどなたかが設営しているので、思い切って一番奥へむかってみた。

場内一番奥のエリアに適当なスペースを見つけ、とりあえず6月以来のランドライトを設営。
画像

ここでお腹が減ったので、ヘキサライトを建てる前にお昼ご飯に。
といってもカップ麺とコンビニで買ったパンとかなんだけど…。

腹ごしらえも済んでヘキサライトも設営。
ランドライトにかぶせてこんな感じ。
画像

自分ではけっこういい感じかと。

ヘキサライトを張ってみて、カタログで見るよりグリーンはきつくないなと。
正直、ライドライトとの色のミスマッチも心配だったし、落ち葉の中どうなのよ?みたいな感じだったけど、これはこれでありかなって。
あんまり見ないカラーだし、天邪鬼な俺にはいいかも(^-^)
これからソロ、デュエットくらいならこのセットに決定。

で設営も済んでお茶でも…なんてひと息。
夕飯の準備なんか考え始めて気がついた。
「あれ、ランタンは?」
我が家のキャンプのシンボル200Aはおろか、ノーススターも見当たらないよ。

我が家のキャンプは前日にリビングの片隅に積載物をまとめておいて、前日もしくは当日朝車載というのが慣例で、今回も前日に車に積んでおいて出発したのだが…。
で、家で留守番してる母に電話してみた。

で納得!
まとめておいた荷物群から母が何かの拍子に邪魔になり、ランタン2つだけ奥の和室に移動していたらしい。
俺も車に積んだとき気づけばよかったんだが、ランタンやシュラフの類はトートバッグなんかにまとめて入れるもんだからうっかりしてた(-_-;

さてさて困ったなぁ~さすがにホウリーウッズは外灯もほとんどないし、夜になればテント内用のレトロランタン7Wだけでは暗くて活動できないぞ…。
管理棟でレンタルを借りられないか相談しようかとも思いつつ、ちょっと悪魔が脳裏でささやく。
「ジョイフル本田で買えばいいじゃん!」
ん、マックスレトロランタンか。
幸いバッテリーは今日も車に積んである。
天使と悪魔が葛藤する間もなく、愛車レガシーを君津市街へ(^^;

てなわけでしょうがなく(口実になる既成事実のもと?)マックスレトロランタン買っちゃいました。
しかたなかったんですよね(^_^)
ホウリーウッズで蛍光灯ランタンのみってのは味気ないんだけどね、ガソリンランタン増やしてもしょうがないし、ガスランタンもねぇ。
ま、とりあえず灯りについてはこれで解決。
画像

夜になるとサイトはこんな。マックスランタンのおかげでなんとか助かった。
真っ暗な場内に、はるか遠くのソロキャンパー集団の灯りが幻想的に見えてた。
画像


この夜は思っていたよりは冷え込まず、焚き火のまわりでまったり。
温めるだけのおでんに、手羽元をアルミホイルで包んで焼いて、冷凍のピラフを炒めて、と手抜きの夕飯をゆっくりいただく。野菜不足防止のため、サラダはあらかじめ用意してタッパに詰めて持参。このあと11時近くまで焚き火にあたって就寝。

テントに入って温度計を見ると10℃弱。この時点で外気温は4℃くらいだったかな。
心配していたシュラフも、スノートレック、タスマンとも十分に暖かく、朝まで快適に眠れた。

さすがに少々結露はしたものの、シュラフが濡れるほどではなく、寒いながらも朝はすっきりお目覚め。朝日も木々の間からキレイにのぞいている。
画像


朝はこれまた手抜きでサトウのご飯とレトルトのシチューを温め、ソーセージを焼かずにボイルし、昨夜の残りのサラダもいただく。
まわりのサイトはみなさんのんびりしていたが、俺らはお昼までには出発しようと思っていたので、ボチボチと撤収を始めると、ヘキサとランドライトの間にお客さん発見。
画像

ナナフシさんですよね?
どこかの木から落ちてきたのか、張り付いているんだが、つっついても鈍く動くだけ。
一応、動いてるんで死んではいらっしゃらないようすだが、いかんせん寒くて動けないらしい(^^;
ヒーターで暖めてあげるわけにもいかず、拾った枝につかまらせて木の幹近くに立てかけてどいていただいた。
撤収の邪魔は困りますよ。

画像

キレイに片付けて撤収完了!
今日も楽しいキャンプをありがとうm(__)m
管理棟で「今度はオーナーおすすめの春先にでも来れたら…」なんて挨拶を交わして帰路へ。
ランタン忘れのトラブルもあって、ゆったりばかりはしていられなかったものの、ホウリーの森に癒され、落ち葉と腐葉土に包まれて眠ったいいキャンプだった~。
ネットでよく見るここの評判もわかるなぁ。
また行きたいキャンプ場が増えました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント