明けて氷点下?

今回、寒さ対策としてシュラフにフリースのブランケットをインナー状態で入れ、シュラフカバーをしたのだが、夜間の冷え込みはかなりのものでテント内もだいぶ冷えた。
しかしシュラフの中は暖かく、寝るには問題なかったのだが、その温度差が問題。
明け方ごろシュラフカバーの中に結露が…。
シュラフが濡れて冷えるなんてほどではなかったが、手で触るとしっかり水分を感じられるほどだった。

朝起きてテントの外へ。
やはりフライの表面は凍っていた。
というかあたり一面、芝も白くなっていた。
あとで知ったのだが、あのあたりで-1℃ほどだったとか。

しかし、この2日目、朝日が昇るとともに暖かくなり、なかなかの陽気。
画像

シュラフもシュラフカバーも干してすっかり乾いた。
リビングのユニエアーフィールドもだいぶ結露していたが、窓を開けて風を通したらじきに乾いた。

朝食は昨夜の残りに、干物少々焼いてご飯をいただく。
洗い物したりお茶飲んだりでまったりしていると利くんから電話。
これから家を出るという。
数日前には夜霧をはらってやってくる勢いだったが、やはりそうは思い通りにいかない。
まして小さな子供がいっしょでは…(^^)

ちょっとした買い物もお願いして、利くん一家が到着したのが11時前ごろ。
さて昨日に引き続き、設営しなくては!
今回はうちが以前に1回貼っただけのユニエアフィールド旧型を提供。
ドームテントの基本や注意事項を教授しつつ、いざ設営。
あれこれやってなんとかテントがたち、コールマンのピクニックシェードを子供部屋にして設営完了(失敗!写真撮ってなかった)。
このピクニックシェード、長らくたたんだままだったので、フレームに癖がついてしまって、自ら勝手にたたまれたがる。
前回のたたみ方が悪かったのか?
とはいえ、次回使うのはいつになるかわからないので、またそのとき考えよう(^^;

お昼には手抜きのパスタ。
レトルトのソースをからめたスパゲティと、これまたレトルトのミートソースをかけてピザ用チーズをのせてダッヂオーブンで焼いたマカロニグラタン(?)。
昼食後には、大人はコーヒーを入れてまったり、子供たちはとにかくはしゃぎまくり。
日ごろ忙しい利くんも子供の相手で忙しそう(^^)
子連れのキャンプもにぎやかで楽しいもんだ。
明るい(暖かい)うちにシャワーも浴びてすっきり。
久しぶりの2泊なんで、1日のんびり過ごせてよかった。

2日目の夕飯は手羽元のコーラ煮と干物たち、それに体暖めるために豚汁を。
ほかにも、利くんたちが持ってきたとうもろこし焼いたり、焼き芋したり。
ちびちゃんたちには、マシュマロを焼いてあげたり。
利くん一家は焼きマシュマロ初体験。
我が家では珍しいキャンプの定番でおもてなし(^-^)
焚き火のまわりであれこれ食べながらお話するのがキャンプの醍醐味。
画像


かずさオートキャンプ場の周囲にはこんな風に川が流れている。
画像

夏場なんかはここで子供たちが水遊びできていいのだが、実は夕方、川を見に行ってちびちゃんが川に足を落として靴とズボンを濡らしちゃった。このあと、色々あってズボンの替えが足りなく…夕飯後、利くんは近所まで買い物に。
子供連れだと、大人だけでは思いもよらないハプニングがあるもんだ。
でも、そんなハプニングもきっとあとで楽しい思い出話になるにちがいない。
利くん一家は、初キャンプ楽しんでくれたかな?

この日は初日の夜ほどの冷え込みはなく、そこそこに就寝。
夜中、利くん一家は少し忙しそう(?)だったけど、3日目はパンケーキやベーコンエッグの朝食を済ませて撤収作業。
お昼にはキャンプ場をあとにした。
我が家は、途中道の駅、あずの里市原に寄り道したりで夕方には東京着。
思いも寄らない極寒キャンプになったけど、これもあとで楽しい思い出話になるにちがいない。
posted by Har at 21:30気持玉(0) Comment(0)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント