地獄をのぞいてキャンプへ行こう!

この週末、またまた急な予定で1泊キャンプへ。
とはいえ、前回は東北までだいぶ遠出したので、今回は近場へ。
きっかけはある山。
千葉県、房総の鋸山(のこぎりやま)。
ここはロープウェーで山頂まで上がれ、山自体に寺が一体化され、いたるところに見所のある観光名所だ。

計画の第一歩は、早朝に出発して海の上で朝食!
アクアラインのサービスエリア、海ほたるで朝食をとろうかと。
もちろん朝早くには営業している施設は限られているのだが、フードコートで無事朝食をいただく。
さて次は我が家の旅の常識、道の駅巡りだ。
といっても今回はキャンプ用に海の幸の食材調達という使命がある。
ガイドで物産の盛んそうなところを物色して、鋸山の先になる道の駅「富楽里(ふらり)とみやま」へ。
ここで野菜や干物、サザエなどなど色々仕入れた。

仕入れも済んで今回の計画その2、鋸山へ。
おふくろもいっしょなので歩きでの登頂はあきらめてロープウェーへ。
途中歩きでは見られない絶景を眺めながらの片道4分ほどのあっけない登山だ。
画像

と思いきや、ロープウェーは鋸山山頂駅まで。
ガイドや旅番組で紹介されている見所はここから徒歩で数十分以上行かなくてはならない。
おふくろの体力と相談しつつ、今回は無理をせず、有名な地獄のぞきを見て、そのすぐ下にある百尺観音を見て下山することにした。
といっても山頂駅から階段や坂道を歩くこと数十分、あれが地獄のぞきだ。
画像


で、実際に地獄のぞきで下を覗くとこんな感じ。
画像

写真では臨場感がイマイチ。
ぜひ実際に行ってみてね。

少し引き返して拝見したのが百尺観音。
画像

これも写真以上にでかい。

そんなこんなで鋸山を楽しんで、いざキャンプ場へ。
道の駅でお昼もすでに買ってあったので、それならキャンプ場へ入って、本格的な設営前にお昼にしようかと。

今回のキャンプ場は、柿山田オートキャンプガーデン。
ここは子供連れの家族向けに定評のあるキャンプ場。
自分たちで薪をくべて沸かす体験露天風呂や、うさぎとのふれあい、無料のバドミントンコートなど、場内で子供と楽しむには最適なところらしい。
管理人さんもいい人との評判だったし、料金や位置もちょうどよかったので子連れではないけど今回チョイスしてみた。

房総スカイライン入り口の近くから小糸川へ降りると、通行量もそれなり道路から一気にのどかな里山風景へ。
このギャップはちょっと驚かされる。
チェックインの際、手持ちのキャンプ場ガイドのクーポンを提示したところ、他のキャンプ場が料金10%offなのに対して、こちらは新米3合プレゼントとのこと。
これはむしろうれしい。
じつは丸鶏粥を作ろうと思っていたのだ。

場内はのどかな雰囲気で、区画サイトのエリアが段々に並んでいる。
画像

我が家のサイトはC11。
画像


タープを張ってテーブル、椅子だけを出して、まずは昼食。
道の駅で買った太巻きや惣菜をいただく。
ひといきつきながらまったりしたところで、本格設営へ。
ま、すでに慣れた幕体ばかりなので、とどこおりなく設営して、夕飯の丸鶏粥には時間がかかるので早々に焚き火を起こす。
ピラミッドグリルにクアトロポッドをセットして、丸鶏、米、水、しょうがなんかをセットしたダッチオーブンをつるして弱火でコトコト。
画像

火が絶えないようにだけ気をつければあとは数時間ほっておくだけ。
しばしまった~り、簡単でしょ(^^)

まったりといえば最近のキャンプでのまったりグッズ、
画像

ヒマラヤスポーツで衝動的に買った安物コット。
コールマンのGIコットやスノーピークのコットとはちがい安い分だけ組立が少々力仕事なんだが、横になったときの気分やら撤収時の荷物置きとしての実力が勝って活躍中なのだ。

活躍中といえば、キッチンテーブルみたいなものをまったく用意しなくなった最近、キッチンまわりで活躍中なのがこのルミナスのスチールラック。
じつはこれ、レガシーの荷台で荷物棚として活躍中のものなんだが、金属製ということもあり、キャンプ場では他の荷物といっしょに降ろして荷物置きだったり、シングルバーナーの台だったりキッチンテーブルだったりと我が家では人気急上昇中の一品。

せっかくなので、他の活躍中グッズを少し。

これまでもさんざん登場の赤ランタン200A。
画像

実はついにジェネレータやポンプを新しいものに交換してますますガンガンに燃えているのだ。

次は新人の照明係。
画像

SOTOのGシリーズのひとつ、Gランプ。
といってもスポーツオーソリティバージョンですが。
これもつい買ってしまったもの。
左下の窓がフラッシュなしの画像。
けっこう明るいでしょ。
メッシュホヤに交換してあります。

ま、活躍中の面々の紹介はそんなところで、今回も夜はピラミッドグリルでまったり焚き火。
画像

この季節はこれがあるからキャンプはやめられない。
写真とるのを忘れたけど、丸鶏粥をいただきながら、焚き火の上で仕入れたサザエやイカの一夜干しなんかをあぶっていただきました。
うまかった。
房総最高~!

そんなこんなで満腹になり、いつものごとく早々に就寝。
近隣の子連れサイトの子供たちはまだにぎやかだったような…(^^;

朝。
いつもは、撤収の手間から朝はシングルバーナーくらいで火起こしはしないんだけど、今回は昨夜の消し炭を使って小さな焚き火。
これまた初紹介(実は数回使ってたんだけど)のピラミッドグリルコンパクト。
画像

見てのとおり、朝から火をつけさせた犯人は、えぼ鯛の干物です(^^)
そのほかは手抜きで暖めるご飯にレトルトハヤシやもろもろ。
画像


朝食後、のんきに撤収して、早めの家路に着きました。
途中、幕張のカルフールで買い物中、安売りのテントなんかを見つけてしまって危なかったのですが、今回は無事、何も買わずに到着。
房総あたりの近場は時間に余裕もってキャンプできるので、こういうのもいいかも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント